只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ダークナイト

c0004181_11111492.jpgなかなかちゃんと映画感想を書く時間がとれないのですが、
ちょっとでも書き留めておかねばと思った映画です。
ノーラン監督のリアル路線バットマン、ダークナイト
152分の長さながら、もう最初から最後まで釘付けでした。
これ劇場でみたかったあ
(レンタル鑑賞で御免)

正義とは?と問いかけた前作ビギンズから、
さらに深く人間の心の中にある光と闇を描き出す今作は、
ヒーローものの悲哀をこえて、
観てる私たちにもテーマを突きつけてくる。
そしてラストのバットマンの選択、、、
それでいいのか?ってな所もありますが、
こんな無慈悲で爽快感のないヒーローもの(良い意味でね/笑)
を演じられるのはバットマンだけかも。
彼ほど闇に消えていく姿がピッタリなヒーローは他にないでしょう。

そしてなんといってもジョーカーが強烈です!
ジャック・ニコルソン演じたバートン版のジョーカーを越えるのはc0004181_1123813.jpg難しいだろうと想像してましたが、
これがこれがヒース・レジャーが素晴らしいっ!
遺作だと知っていて観るからなのか、
乗移ってるかのような演技は見ていて辛かったほど。
崩れたようなメイクも、ジョーカーは人間のなかに潜む狂気なんだって思えるから、
なお怖かったですねえ。
ナース姿、ああ、忘れられない名珍場面(笑)。

c0004181_1121429.jpg
重いテーマというだけでなく、アクションもたっぷりたのしませてくれて、
バッドポッドが飛び出してくるとことか、思わず拍手しちゃいそうでした。
しかしハイテク技術駆使してるわ〜
スーツ来てても一応生身の人間なんですから、
あまり無茶しちゃいけませんぜ(笑)。


さてダークナイトではトゥーフェイスも重要なキャラでしたが、
c0004181_11391757.jpg彼のコインの裏表の選択場面。

これ見てコーエン兄弟監督ノーカントリーを思い出さずに入られませんでした。

殺し屋アントン・シガー、彼もコイン使ってましたからね〜
←おかっぱな見た目も相当インパクト大なキャラでしたが、
不気味でクレイジーなのはジョーカー以上だったかも(笑)。

(そういやCSI:@タランティーノでもコインでニックが、、、ってこの話はまた別の機会に〜)


話はそれましたが、個人的趣味としては
完璧な映像美でファンタジックに見せてくれた
バートン版のバットマンがやっぱり好きなんですね。
(PRINCEの音楽で踊るジョーカーが素敵)
だけど、これだけ重厚な人間ドラマを描いたノーラン監督のバッドマンは、
映画としてお見事だったと思います。
また続編の話があるようですが、期待して待ちたいと思います。

監督・脚本:クリストファー・ノーラン
キャスト:クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、
マイケル・ケイン、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン
製作年:2008年(米)
[PR]
Commented by ruiji3 at 2008-12-21 16:55
劇場で観た時は、ハンカチ握り締めて心の中で「ヒースぅぅぅぅ」って泣き叫んでしまいました。
今年のアメリカの映画賞でもノミネートされるでしょうが、
亡くなってからなんてねぇぇぇぇ、複雑です。
『ノー・カントリー』のハビエルも怖かったですが、二人とも痛みがわからなず、容赦してくれない所が怖いです。
CSI、今頃ですがようやくシーズン5を観ています。
このドラマ見ちゃうと他の刑事モノが胡散臭くみえてしまって、
みなくなってしまったドラマもありますの。
さすが、アメリカ№1ヒットだけありまするな。
Commented by bigblue909 at 2008-12-22 09:07
「ダークナイト」も「ノーカントリー」も、私は感想は書かなかったんだけど、今のところ今年の映画では「ダークナイト」が一番です。すっごくすっごく面白かった。公開初日に観に行ったんだけど、今までの中で一番外国人率が高かったです。
それはそうと、私はいまだ評価の高いバートン版バットマンが苦手です。それだったらジョエル・シュマッカーの方が好きかも・・・。なんと言っても今はノーラン版バットマンがダントツに良いです。
Commented by la-panda at 2008-12-22 23:48
> ruiji3さん、ヒースがもうこの世にいないなんて、本当にもったいないと思います。だけど最後に凄いものを残して逝きました。本当に自分を追いつめちゃったのかと思うような演技でしたね。
ノーカントリー面白かったけど、怖かったですよね〜ハビエルは普通にしていてもこの人ヤバイ感があふれてるっていうか、自分で傷を治す所とか、ターミネーターかいっ!って突っ込んじゃいましたよ(笑)。

CSI のことruiji3さんともお話しできてうれしいわ〜ちなみに3つの中でどれがお好きですか?
シーズン5ほとんど見終わった所ですが、チームにいろんなことがおこるシーズンでもあり、ハラハラどきどき。
他の刑事物、ついつい突っ込んじゃうんですよね〜胡散臭いかあ、例えば?(笑)

Commented by la-panda at 2008-12-22 23:56
>BBさん、ティムバートンのって結構悪趣味なところあるし(笑)好きな人が評価あげてるだけなのかも。だけどノーラン版バットマンはほんとに見応えあったし、これで間違いなくファンを増やした事でしょうね。BBさんのレビュー読みたいな。

話はそれますが、コープレのProspekts March聴きました?
私はLife In Technicolorが大好きな曲だったんで(アルバムで一番かも)フルバージョン入っててうれしかったです〜。
Commented by kiyotayoki at 2008-12-24 10:00
上の映画ポスター、初めて見た気がしますが、おお、燃えさかる炎がコウモリの形をしてるんですね♪
ダークナイト、もうレンタルしてるんですね。la-pandaさんの感想を読んでたらもう一度観てみたくなっちゃいました。
あっ、「ノーカントリー」、見逃したので、その時は一緒にレンタルしなくっちゃ(^^ゞ。
Commented by la-panda at 2008-12-24 23:18
>kiyotayokiさん、これ劇場で観れなかったことを後悔、でもビギンズも好きだったし、こんな続編ができて嬉しいです。
あと他の方の感想呼んでみたらこれほんとに絶賛されてるんですね。
それはそれで意外な気も。
あっそうそう私ヒロインが変わってるのに最初気がつきませんでした(笑)。さてあんなことになって新ヒロイン出てくるのでしょうか。

ノーカントリーはもうすっごい緊張感をもって観ました。
やっぱコーエン兄弟は上手いですねえ、絵が凄く頭にのこるんです。
Commented by ruiji3 at 2008-12-25 18:42
CSIですが、マイアムとニューヨークはじっくりとは観ていないのですが(最近、このドラマにハマッたばかりなので3つ同時に見る時間がありませぬ)、ラスベガス>ニューヨーク>マイアミの順で好きです。
ニューヨークはロケをするだけでも大変だと思うですよねぇ。
胡散臭いぞと感じたのは『BONES』。
シーズン1ではスミソニアン博物館の人達がオタッキーな感覚でなかなか面白いなって思ったんですけど、CSIをみちゃうと、いくら骨に詳しいからといって、何故に学者がFBIの捜査まで一緒にやっちゃうのか?ウソだろ?って感じになってしまいました。
キャラクター的には出番が少ないですが、ラスベガスのアーチーが好きで~~~す(笑)。
Commented by a24opp at 2008-12-26 00:47 x
メリークリスマス!、ってもう終わりですね(笑)
ダークナイト、ノーカントリー、どちらもとても面白かったです!ジョーカーが本当に溜まりませんな~、ニコルソン版とはまた違う個性が。最初の銀行で手下が順番に撃たれてゆく演出、あれが鳥肌だったのです。ジョーカーの残虐で少しポップなイメージを瞬時に確立させた気がします。それと、彼のナース姿はにやけましたね(笑)

ノーカントリーのハビエルも、キャラで言ったら負けてませんよね!こちらも素晴らしかったー。映画の雰囲気を担う個性的な俳優を持った作品って強いよなぁぁ、2008年はあらためてそう感じました。
Commented by la-panda at 2008-12-26 03:09
>ruiji3さん、お答えいただきありがとうございます〜。やっぱべガスですよね〜♪でもそれぞれ特徴があっておもしろい。NYは事件やラボとか見てもちょっと近未来的な雰囲気がありますよね。
でも3つ同時に見る時間は私もない;

『BONES』なんてまさにCSI人気から生まれたパターンですよね。一度見た事あるだけで詳しい仕組みは知らなかったのですが、なるほどかなり無理な設定ですな(笑)。ドラマとしてもいまいちだった記憶が。

イケメン&スタトレおたくのアーチー!私も好きですよ〜5ではグレッグと一緒の場面があってうれしかったわ〜。そしてそしてタランティーノのお話ではじめて歩いてるアーチー見られて新鮮でした(笑)。
Commented by la-panda at 2008-12-26 03:21
>a24oppさん、そうそうあの銀行強盗のシーン、これ犯罪映画みたいって思うくらいシリアスでぞくぞくさせられました。クレイジーだけどその後の彼が仕組んだおおがかりな仕掛けとか、綿密でしたよね。
目的もはっきりしてるし。
一方「ノーカントリー」のアントンシガーは、ほんとに容赦なくて、結構行き当たりばったりで大胆な犯行が逆に怖かったなあ。

a24oppさん映画の2008ベストも是非発表してくださいね。
by la-panda | 2008-12-21 12:48 | 映画 | Comments(10)