只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ダークナイト

c0004181_11111492.jpgなかなかちゃんと映画感想を書く時間がとれないのですが、
ちょっとでも書き留めておかねばと思った映画です。
ノーラン監督のリアル路線バットマン、ダークナイト
152分の長さながら、もう最初から最後まで釘付けでした。
これ劇場でみたかったあ
(レンタル鑑賞で御免)

正義とは?と問いかけた前作ビギンズから、
さらに深く人間の心の中にある光と闇を描き出す今作は、
ヒーローものの悲哀をこえて、
観てる私たちにもテーマを突きつけてくる。
そしてラストのバットマンの選択、、、
それでいいのか?ってな所もありますが、
こんな無慈悲で爽快感のないヒーローもの(良い意味でね/笑)
を演じられるのはバットマンだけかも。
彼ほど闇に消えていく姿がピッタリなヒーローは他にないでしょう。

そしてなんといってもジョーカーが強烈です!
ジャック・ニコルソン演じたバートン版のジョーカーを越えるのはc0004181_1123813.jpg難しいだろうと想像してましたが、
これがこれがヒース・レジャーが素晴らしいっ!
遺作だと知っていて観るからなのか、
乗移ってるかのような演技は見ていて辛かったほど。
崩れたようなメイクも、ジョーカーは人間のなかに潜む狂気なんだって思えるから、
なお怖かったですねえ。
ナース姿、ああ、忘れられない名珍場面(笑)。

c0004181_1121429.jpg
重いテーマというだけでなく、アクションもたっぷりたのしませてくれて、
バッドポッドが飛び出してくるとことか、思わず拍手しちゃいそうでした。
しかしハイテク技術駆使してるわ〜
スーツ来てても一応生身の人間なんですから、
あまり無茶しちゃいけませんぜ(笑)。


さてダークナイトではトゥーフェイスも重要なキャラでしたが、
c0004181_11391757.jpg彼のコインの裏表の選択場面。

これ見てコーエン兄弟監督ノーカントリーを思い出さずに入られませんでした。

殺し屋アントン・シガー、彼もコイン使ってましたからね〜
←おかっぱな見た目も相当インパクト大なキャラでしたが、
不気味でクレイジーなのはジョーカー以上だったかも(笑)。

(そういやCSI:@タランティーノでもコインでニックが、、、ってこの話はまた別の機会に〜)


話はそれましたが、個人的趣味としては
完璧な映像美でファンタジックに見せてくれた
バートン版のバットマンがやっぱり好きなんですね。
(PRINCEの音楽で踊るジョーカーが素敵)
だけど、これだけ重厚な人間ドラマを描いたノーラン監督のバッドマンは、
映画としてお見事だったと思います。
また続編の話があるようですが、期待して待ちたいと思います。

監督・脚本:クリストファー・ノーラン
キャスト:クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、
マイケル・ケイン、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン
製作年:2008年(米)
[PR]
by la-panda | 2008-12-21 12:48 | 映画