只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バンク・ジョブ


奪ったブツは
キャッシュとダイヤと
王室スキャンダル


我らがハゲカッコいい男!
ジェイソン・ステイサムが、
今度は素人の銀行強盗犯を演じる
クライムサスペンス。
舞台となった1971年のヒット曲
T-rexget it on での幕開けからしてもうニヤリ♪
ストーリーの面白さはもちろん!
ファッションや車など、
70年代のイギリスを堪能できて大満足の映画でした。


ロンドンで中古車店を営むテリーは、
昔の知り合いであるマルティーヌに、銀行強盗の話を持ちかけられる。
狙うは一週間だけセキュリティーが解除されるという銀行にある貸金庫。
資金繰りに悩んでいたテリーは早速仲間を集め、計画を実行にうつしたが、
貸金庫には驚くべき秘密がたくさん隠されていたのだった。。。


この映画なんと実話なんだそうです。そのモデルとなったのが、
ウォーキートーキー(携帯用無線電話機)強盗事件
事件の経緯は以下のとおり。

アマチュア無線家が偶然傍受した強盗犯のやりとりにより犯罪が発覚、
すぐに警察が動いたが、銀行の特定が間に合わず、
結局貸金庫268個分が盗まれる。
犯人達は地下にトンネルを掘り、金庫の床から侵入したらしい。
当初は大きく報道されたこの事件だったが、
その後国防機密報道禁止令が発令され、いっさいの報道がなくなる。
この事件の真相は2054年まで機密にされるとの事。


製作者側は9割は事実といってるのですが、
王室スキャンダルが絡むネタだけに、
こんな映画良く製作できたもんだなあと感心。
こういうことが事実だとすると、ダイアナの事故も上の力が働いて報道規制が、、、な〜んて勘ぐっちゃったりしますよね;

事件の真相がどうかはおいといて、
これがフィクションだとしても、良く出来た脚本でした。
開けたら怪しいブツが満載だった貸金庫。
その中身をばらされたら困る人々それぞれの思惑が絡んで、、、
素人強盗団vsMI5or政府高官vsマフィアvs汚職警官vs真面目な警官
それぞれの立場を守る為の駆け引きが見物でした。
大集合するラストが痛快。


それでも前半の展開は結構ゆるくって、
地下トンネルがあっけなく通じちゃうところとか、
金庫に侵入してシャンパン飲んだりと、はしゃぐ強盗団が微笑ましかったなあ。
今のハイテク捜査を持ってすれば、彼らなんてあっという間に御用なんだろうけど、
適度にゆるい犯罪手口が成り立つところがまた見ていて楽しい〜。
もちろん無線が傍受されてから見つかるかどうかのシーンには、
かなりハラハラドキドキさせられましたけどね。

ジェイソン・ステイサム以外は、あまり知らない俳優さんばかりなんですが、
な〜んかどこかで見た事あるなあってな顔立ちばかりなんですよねえ。
皆それぞれ特徴的な風貌だったおかげで、
登場人物が多いお話のわりに、把握しやすかったのがよかった(笑)。

そういやミック・ジャガー出てたんです!
出演を後で知って、もう一度みてみたら、おお〜いましたいました!ちょい役で。
あまりに地味すぎてわかんね〜よ(笑)。

公式ホームページはこちら

監督:ロジャー・ドナルドソン
脚本:ディック・クレメント、イアン・ラ・フレネ
キャスト:ジェイソン・ステイサム、サフロン・バロウズ、リチャード・リンターン
製作年:2008年(英)
[PR]
Commented by kiyotayoki at 2009-04-18 13:16
MI-5&6、ブラックパワー、小悪人、ギャング、入り乱れてのお話をまとめあげる手腕はなかなかのものと思ったら、この監督、「世界最速のインディアン」とか、いろいろ面白い映画を撮った人だったんですね。
脚本の2人も、調べてみたら「スティル・クレイジー」とか「ザ・コミットメンツ」とか、最近じゃ「アクロス・ザ・ユニバース」とか好みの作品を共同で書いてる人たちで、ああ、だから面白い作品だったんだな、と今ごろになって納得してしまいました(^^ゞ
Commented by la-panda at 2009-04-19 17:24
> kiyotayokiさん、只今T-rex聴きながらかいておりやす。
「世界最速のインディアン」は未見なのですが。面白そうですね。チェックしておきます。
「スティル・クレイジー」「ザ・コミットメンツ」に関してはもう大好きな映画なので、こりゃはずさないはずですね。
それにしても貸金庫って怪しい〜CSIでもSルナンバーだけ爆破させて、、、ってネタありましたね。


by la-panda | 2009-04-17 13:48 | 映画 | Comments(2)