只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フジロック09レポ 24日後半

レッドマーキーにて右側4列目あたりでpeachesを観ました。
c0004181_3503117.jpg

仮面をかぶりピンクカボチャみたいな格好で堂々と登場したメリルさん、
数曲ごとに一枚一枚はぎ取って衣装替えし、
迫力のパフォーマンスを展開していきます。
そうとうエロヤバい事?を歌っているらしいのですが、
この興奮で(いや彼女の命令で)前方男子はみんな上半身裸だったよう(笑)。
私のいたところは比較的安全地帯でしたが。

セクシーだのエロいだのと耳にしていたわりには、
彼女の過激パフォーマンスは逆に男性っぽい!
そう言う意味ではマドンナに近いのかな。
あと声が太くていいですね。音圧もすごい。
エレクトロだけど凄くロックしてる音でした。
写真はこちら。

残念だけど家族がそろそろ到着か?という時間になったので、
後方に下がって、スペースある位置で踊りながら見ました。
前方密度すごかったので、快適に踊れてそれも好し。

そうこうしてると家族が到着。
おいっ、君たちカッパ着てないじゃないか!
ちょうど小降りだったし、遅くなったのでとにかく走ってきたそうです。
やっとついたーってな娘の嬉しそうな顔!よっぽど楽しみにしてたのね〜。
すぐにカッパを着せながら話を聞くと、
どうやらみつまた駐車場にバスが全然こなかった(ってか通過)らしく、40分くらい待ったそう。
もうヒッチハイクしようかと思ったそう(笑)

皆お腹もすいてるし、とにかく晩ご飯を食べる事に。
しかし実はもう間もなくpaul wellerが始まる時間!
手早く食べなきゃっと、グリーンカレーとオムソバをささっと食します。
この時ダンナがジャスミンタイに並んだのですが、
マーキーのステージ脇が見えたらしく、
「すっぽんぽんのお姉ちゃんが踊っててびっくりした」とかなんとか言ってる!?
どうやらpeaches、ラストあたりで肌色レオタードになってたそうなので、
勘違いしたらしい。アハハ;疲れてたのね。
いや、私も彼女脱ぎかねんと思ってしまったが(大汗)。

急いでグリーンに向かい、左側の中あたりでイスの置けそうな場所を確保。
c0004181_4204751.jpg

残念ながらオープニング22Dream→changingman 間に合わずでしたが(涙)、
念願のポールウェラーは少しでも前で見たかったので、
子供達をダンナに託し前方へダッシュしました。

おおっ生ウェラーだあ、感激〜〜〜。
声といい、顔といい、音といい、もうかっこいいという形容しかでてこない。
お腹とイメージのギャップも凄かったが(笑)。
写真はこちら

ウェラーのライブは初めてだったので、どういう曲構成で来るかなあと思ったけど、名曲ぞろいのアグレッシブな展開。フェス仕様なのか?
スタカン&ジャムの曲やってくれましたね。
shout to the top→the eton riflesで会場の盛り上がりも最高潮。
もう雨なんかへっちゃらだーい!な気分♪
、、、とはいっても雨はどんどん強くなりなかり過酷な状況。
後ろの子供達大丈夫かなあ、、、と気にかかって正直100%楽しめないところもありました。ああ、ライブは素晴らしいのに。

後半はタバコ吹かしながらじっくり聴かせる曲多し、
煙と灰が常にモニターの中で舞う舞う。
wild woodのシブいアレンジが素敵でした♪
ラストにジャムのナンバーtown called maliceもってきて、
雨のポールウェラーは終了。

子供達のところに戻ると、もうすでにびっしょりで、椅子に座って少々寒がってる様子。
大丈夫?ときくとオアシスまであと何分?って;我が子ながらすごい気迫だ。
オアシスは一緒に観て歌う事にしていたのです。
しかし大変だったのは雨だけじゃなく、
開始前になって凄い人が押し寄せてきた事。
完全に場所とりが失敗でした。
一気に周りは埋まり、もう子供達の目線は暗闇状態。
私でさえモニター観るのに必死な状態に。
でもなんとかモニターだけでも見せてあげたいなと、携帯いすに立たせて見せる事に。
やっぱすごいわ、オアシスの集客は。

お約束のFuckin in the bushesでoasis開演。
いきなりRock'n' roll starであがるあがる。
というわけでこの日のセットリスト最強でした。
live forever、 wonderwall、 super sonic、 roll with it、、、、
the masterplanにhalf the world awayまで!
ドンルクは皆に歌わせたし、最後はchanpange supernpvaからI am the walrusという流れも感涙もの。
オアシスはずっと応援しているし、今の試みも好きだけど、
やっぱりファーストとセカンドの曲ってキラキラしてて圧倒的です。
彼らのライブはいつも同じだけど(笑)、
今日は何をやってくれたか?が毎度のお楽しみになるバンドもある意味すごいね。
リアムのもみあげは無くなってて、こざっぱりした感じ。
ルパンなリアム笑えたもんなあ。
写真はこちら

ちょっと残念だったのが、音が小さめに感じた事。場所のせいか?
リアムの声も聴きにくかった。
あとまわりがギュウギュウなわりには皆の歌声が響いてなかったなあ。
でもあの雨だったし。みんな体力消耗していっぱいいっぱいだったと思う。
息子はさすがに後半目がしょぼしょぼしてたみたいだけど、
娘は最後まで椅子に立って楽しんでいた模様。あうあう歌ってました(笑)
考えたら携帯椅子に90分立ってるってしんどいよね。
ほんとよくがんばった〜。

さあて、そのあと終わってバス乗り場までいくのが過酷でした。
oasis組の人の多さと、悪天候でオールナイトフジが中止になったので帰る人と、
とにかく人が多すぎて前に進まな〜い。
地盤はぬかるんでて歩きにくいし、あまりの渋滞に柵ごえするしかない状況もあって;すみません;

なんとかシャトルバスに乗れ、宿についたのはもう2時。
子供達を急いであったかいお風呂へ放り込みます。
でも宿に足洗い場や乾燥室まであったのがほんと助かった〜。
何もかもが泥まみれで次の日着れたもんじゃなかったから。
片付けして、お風呂にはいって就寝するころにはすでに4時近くでした。

子供達の為にも、明日は無理して早くいかず、
ゆっくり寝かせてからいこうと決めた明け方なのでした。
25日のレポに続く。
[PR]
by la-panda | 2009-08-03 04:38 | Fujirock