只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

(500)日のサマー

“これはボーイミーツガールの物語であるが、ラブストーリーではない、あのくそ女め!”
c0004181_18291483.jpgという笑えるナレーションから始まる
トム×サマー(草食男子×不思議ちゃん)の500日のおはなし。

恋愛ものは苦手ながら、選曲に惹かれ観た映画でしたが、
これがなかなか期待以上!
中身はなんでもないストーリーなのに、500日間を行ったり来たりと、
時間軸をバラバラにしてみせることで、
恋愛ものによく感じるじれったさ(すまん/笑)が全く無いという。
それだけでなく、男目線のおもしろさ、
最後まで惹き付けるニクイ小細工が新鮮で、
ハッピーエンドでなくとも爽快感の残る、
小粋な(やっぱり)ラブストーリーでした。
公式サイトはこちら

もうサマーを演じたズーイー・デシャネルがキュートでかわいい〜
そりゃ男子諸君メロメロになるよなあ。
ファッションとかインテリアとか、ちょっと変わったセンス含めて、
女子から観ても魅力的!
いや、現実的には男を手玉にとって的な、女子からは嫌われるタイプなのかしらん。
でも計算じゃなく天然だし。
一緒にいて楽しいんだから友達でいいじゃんって気持ちも本心だから、攻めようがない。

サマーはきっと意思表示を最初からはっきりしてたんだろうけど、
終始トム目線で描かれてるから、
ハッピーからアンハッピーへの過程がなんで〜???的に進む。
そんなトムの混乱した頭の中を行ったり来たりしながら
すれ違いの理由になんとなくたどり着いていくところが上手いなあと。
描かれるシーンがまた特別な事は何もなくて、やけにリアルだったりするもんだから、
観ていて妙に納得しちゃうし、なんとも切ないのだ。
c0004181_18293326.jpg


私は運命とかってあまり信じない方ですが、
トムが自分の生き方を変え、自分で偶然を運命にかえようと一歩出ようとする、
前向きなラストがさわやかでよかったなあ。

2画面分割でトムの理想と現実が描かれるシーンがおもしろかった。
微妙に時間の進み方に差があったりするとことか、なんかすごく気持ち表してるよなあ。
トムがハッピーな時はカラフルな映像、
アンハッピーな時は灰色世界(笑)な描き方もすっごくポップで楽しい。
でもなんといってもやっぱり選曲!
The smithはもちろん、DovesThe temper trapが素敵に流れて、
嬉しかったなあ。
さすがMTV出身の監督さんです。サントラほしい〜。

そうそうサマーがカラオケで歌ってるシーンで,
彼女がイエスマンに出てたことを思いだした!
ズーイーちゃん、イエスマンではかなりエキセントリックなバンドのボーカリスト演じてたけど、やっぱ歌うまいよなあ(もちろん歌姫系じゃない/笑)
カラオケなんて何年も言ってないけど、こんなカラオケならいってみたい(笑)。

余談ですが、ズーイちゃんはなんとデスキャブのベンの奥さんらしい。
あとバンドもやってるらしい(she&him)。なかなか魅力的な声なのでチェックチェック。

しかしこの手の胸キュンな恋愛もの、
完全なるおばちゃんと化した今の生活からは、
かけ離れた世界よのお、、、と遠い目(笑)。

↓最初のエレベーターのシーン、こんな出会い、惚れてまうよね〜。

[PR]
by la-panda | 2010-07-09 20:42 | 映画