只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フィッシュストーリー

僕の孤独が〜魚だったら〜
巨大さと獰猛さに、クジラでさえ逃げ出す〜

c0004181_16214097.jpg

2012年、彗星が地球に衝突する5時間前。
中古レコード屋でフィッシュストーリーという曲を流す店員。
それはセックスピストルズ誕生の一年前に録音された、
売れないパンクバンド
逆鱗(ゲキリン)のラストアルバムだった。
1975年、1982年、1999年、2009年、そして2012年
5つの時代が紡いたこの曲の奇跡とは。。。


伊坂幸太郎原作×中村義洋監督の2009年のこの作品がまだ未見だったので借りてきました。
「アヒルと鴨のコインロッカー」「ゴールデン・スランバー」の間に撮った作品になるんですね。
出来としても アヒル>フィッシュ>ゴルスラって感じかな。
でも伊坂作品はやっぱり中村さんが撮るのが一番いいのかも。
音楽が地球を救う!なんて大げさな話ではなく、
実際はかなりくだらないのに(笑)、
なぜか観たあと背中を押されたような前向き気持ちになれるという、
不思議な現代のおとぎ話に仕上がってました。

この声は誰かに届くのだろうか?
正義のヒーローっているのだろうか?

そんな青臭い話に、何でも無い日常の出来事で
スカッと爽快に答えてくれてるところが気持ちいい。

キャストがまた最近気になりだした役者さんがたくさん登場♪

森山未來のキレの良いアクションにみとれ、
大森南朋のバンドとの絆に涙し、
高良健吾の繊細でかつ情熱的なボーカリストの姿に惚れ、
濱田岳の弱さを必至で応援したくなり、、、
どの役も皆ピッタリはまってて魅力的でした。
特にこの4人は益々好きになっちゃいましたね〜。
c0004181_16222846.jpg


それにしても80年代のエピソードの
レコードから聞こえる女性の悲鳴とか
1999年ノストラダムスの大予言とか、
私的にはリアルタイムに盛り上がったネタなので懐かしかったなあ。
岩崎宏美の万華鏡とか、何度聴いた事か(笑)

c0004181_16271748.jpg
でもなんといっても1975年の逆鱗というバンドのストーリーが大好き♪
間奏の無音部分に隠された本当の秘密を知ったときに
切なくも熱くなった気持ち。
パンクだねえパンク!(笑)
まあ実際この楽曲が人々の心に響いて地球が救われたわけでは無いのだけど、
このエピの行く末を彼らに教えてあげたいな。

さてその原作では聞こえないその音の部分。
「アヒル〜」ではボブディラン、「ゴルスラ」ではビートルズ、と
実際の楽曲がストーリーと関係して盛り上がったわけだけど、
架空の逆鱗というバンドの音がつまらなかったらそれこそ安っぽくなるわけで。
でもそれに関しては担当した斉藤和義さんお見事!
フィッシュストーリーはカッコいい曲だし、
エンディング曲も素敵で、映画観たあと何回も聴いて浸っちゃいました。



映画において音楽は大事!
だから映画を作る皆さん、無理矢理のタイアップ曲とかはもうやめようではないか(笑)

余談ですが、20世紀少年でキーとなる曲のす〜だらら〜♪はただの歌謡曲だったというか、何も心響くものなかったよなあ。
しかも唐沢君からはロックの匂いが全くしなかったし(爆)
いや私好きですよ、唐沢君。ダイワマンのCMとか好きだし(笑)
[PR]
Commented by shindouxxx at 2011-01-16 22:06
おっ!観てみよかな〜〜〜!
Commented by la-panda at 2011-01-18 21:55
>おっ、shindouxxxさんじゃないですかあ、ありがとうございます!
斉藤和義さんはゴールデンスランバーでも曲を担当していたのですが、このコンビの映画と雰囲気よくあってるよなあって。
そういえばスマスマに出るって言うので観てみたけど、2曲だけだった(笑)またいろいろ聴いてみようかな〜。
Commented at 2011-02-01 01:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by la-panda at 2011-02-01 03:37
>鍵コメさん、ありがとうございます!では早速〜
by la-panda | 2011-01-16 18:59 | 映画 | Comments(4)