只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を

映画秘宝の2010年ベスト10にランクインしていたこの映画。
久々に香港ノワールでも堪能しようかな〜ってなノリで借りてきたのですが、
もう男の美学だけで魅せます!といわんばかりの徹底した漢っぷりに感動!
これがジョニー・トーの映像美学というものなら、
ええ、間違いなく、私この監督さん好みです〜〜。
c0004181_343455.jpg

今までジョニー・トー監督の映画を観てなかった自分に喝を入れるとともに、
彼の過去作品を追っかける事をココに誓います(笑)

マカオで娘家族を惨殺されたフランス人のコステロ(ジョニーアリディ)は
偶然出会った3人の殺し屋クワイ(アンソニーウォン)、チュウ(ラム・ガートン)、フェイロク(ラム・シュ)に、全財産をかけて復讐を依頼する。
しかしコステロに残された記憶の時間はあとわずかだった。。。


復讐劇であるのに、主人公がその復讐心を忘れてしまうという
なんとも空しくなるような展開。
しかし復讐という目的を失っても、果たされて行く男の約束。
これが物語をぐいぐい引っ張ってくれます。

言葉はいらない。次第に男達の絆が深まって行く所を
食事のシーンや銃撃のシーンで徐々に観せていくところがニクイっ!
雨の中男達が奇跡的に落ち合えたシーンでの安堵の表情にジーンとさせられたり。
c0004181_2593297.jpg


多少強引なストーリーであったって(笑)いいのですよ、
一本のスジさえ通ってれば!
そう思わせてくれるほど、
復讐、約束、友情、義理人情、、、
フィルムノワールに活きる男のダンディズムみたいなのを
これでもかと格好つけまくりの映像美で描いてくれるので、
もうただただうっとりさせられるのです。

それだけに銃撃戦のこだわりは凄かった。
森の中月夜の銃撃戦
雨のアパート階段での銃撃戦
ゴミ処理場での銃撃戦
4人の立ち位置がいちいち画になるし、
光の使い方は美しいし、
小道具の使い方はユニークだし。
そうこの小道具ってのが実は爆笑ものだったりするんだけど、その緩さもいいんだよな。
(や、もちろん大真面目だったとは思うが/笑)。

c0004181_331129.jpgc0004181_325615.jpg
役者ではアンソニー・ウォンのいぶし銀な魅力が圧倒的でした。
インファナル・アフェアシリーズでもしびれる演技でしたが、
このシリーズの顔でらっしゃるのですね。これは益々他のも観なくてはっ!

もうただただカッコいいしか書いてませんが(いつもの事ですが;)
賛否両論ある終盤の展開、、、私はアリだと思ってます。
コステロを動かしたのは、記憶から蘇った恨みではなく、
心のどこかに残っていた
やるべき事をやり通すという男の信念みたいなものだったのかなと。



ちなみに、脚本が書かれた当初、
コステロはアラン・ドロンの予定だったらしいのだけど、
気に入らなかったのか断ったらしい(笑)
わからなくもないけど、これアラン・ドロンで観てみたかったなあ。
枯れてもなお持ち続ける圧倒的なオーラと色気
きっとラストも納得のキレのある殺し屋を魅せてくれたのではないかなあ。
う〜んちょっと残念。
公式サイトはこちら


[PR]
Commented by sumi2211 at 2011-02-01 13:06
la-pandaさん、こんにちは。
私も詳しくはないですが ジョニー・トー監督作品は、好きなんです。
映像美学といえば、マカオを舞台にした「エグザイル/絆」や
おしゃれな香港の「スリ/文雀」もおすすめです!
「黒社会」シリーズは、かなり怖いですよ〜。つい観てしまいますが。
今月は日本でまた新作が公開されるので、観に行く予定です^^
Commented by la-panda at 2011-02-01 23:27
>sumiさん、さすがですね〜この監督お好きだったんですね。
この一作しか観てないのでまだわかりませんが、かなりはまりそうな予感。
で早速探したんですが、観たかったミッションとスリが無くて残念。
でも「エグザイル/絆」と「エレクション」を借りてきました♪
感想かけたらいいな。sumiさんと語り合えたら嬉しいです〜。
「黒社会」シリーズは怖いんですね。ドキドキ(笑)

>今月は日本でまた新作が公開
そうなんだあ!でも多分こちらでは公開しないんだろうな〜
とりあえず作品置いてるレンタルさん探さなきゃ。
またいろいろ教えてくださいませ!
Commented by kiyotayoki at 2011-02-03 13:01
ジョニー・トー監督の作品はハマる確率高いですね。
「エグザイル/絆」「エレクション」、いかがだったでしょうか。
この作品はまだ観ていないんですが、そうそう、公開時アラン・ドロンの目もあったと聞いて、僕もちょっと残念に思ったものでした(^^ゞ
Commented by la-panda at 2011-02-06 03:27
>kiyotayokiさんが、記事にしてらっしゃったのは覚えてたのですが、今頃目覚めちゃいました。でもこの世界を知れて良かったです。
で「エグザイル/絆」観ましたよ〜ロードムービーだったんですね。
案外ユルくて(笑)、でもやっぱり格好つけまくってて、しびれました。そしてアンソニー・ウォンの魅力にさらにさらにはまってしまいました。もう人肉饅頭の人だとは思えない(って観てないんだけど/笑)
この手の映画って、クサイね〜キザだね〜男ってバカだよね〜と突っ込みながら観るのが楽しいんですよね。
まだまだジョニートー作品を観て行きたいので、お相手してくださいね〜。
Commented by orangetaiyo at 2011-02-08 23:45
ごみ置き場の銃撃戦。
コロコロの後ろに隠れての戦いは、
美しさと笑いの要素があってステキでしたよね~。

色使いが好きです。

大阪で監督の舞台挨拶付きの上映会に参りました。
ジョニー・トーはあんなオサレ映画を撮るようなそぶりを見せない気のいいおっちゃんでした。
ギャップが素敵ング。

次回作にも期待ですね。
Commented by la-panda at 2011-02-10 02:55
>orangetaiyoさん、なんと監督の舞台挨拶付きの上映会をご覧になってたとはさすが!ああ、そのころの自分は全く触れてなかったなんて。

監督さんは気のいいおっちゃんでしたか(笑)黒澤やフランス映画の影響が大きいとインタビューで観ましたが、ほんと納得ですね。
私も色使いが好きなんですよ〜それもワンパターンじゃなくて、映画それぞれに特徴的カラーがありますよね。

>コロコロの後ろに隠れて
あれ最高の防弾ですよねw笑っちゃう図だけど、ゴミ置き場でもやっぱりスタイリッシュ!もうあれは天才的センスですね。
by la-panda | 2011-02-01 03:18 | 映画 | Comments(6)