只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

MAD探偵 7人の容疑者

ジョニー・トー×ワイ・カーフェイの2007年の作品。
結局こちらでの劇場公開は無かったためレンタル待ちでやっとの鑑賞。
c0004181_0255652.jpg

この二人のコンビというと『冷たい雨に〜』よりも、『マッスルモンク』のような、
ちょっと変わった人間ドラマというか、
いわゆるとんでも映画がインパクト大なのですが(笑)、
あれをサイコサスペンス風にしたらこうなるのかな。
とんでも作品には違いないけど、
『MAD探偵』は人間の内面を斬新な形で映像化した、
期待を裏切らない傑作でした!
まあ、人にお勧めするかというと微妙だけど(笑)。

事件の状況と同じ体験をする事により犯人がわかってしまうという特殊な能力を持ったバン(ラウ・チンワン)は、数々の難事件を解決するも、同時に数々の奇行が原因で警察をくびになる。
5年後、彼の元に当時新人で二日間だけ相棒になった事のあるホー刑事が訪れる。
ある刑事疾走事件を解決を助けてもらう為に。


c0004181_0261799.jpg

完全に狂ってるMADな探偵さん!
もう冒頭からいきなり強烈なシーンをくらったけど(笑)、
キツいのはそこくらいで、
あとはラウ・チンワンの狂気を含みつつも人間味のある演技が素晴らしくって、
奥さんの話云々もすごく切なくて、
なんだか彼にすごく感情移入しちゃったなあ。

今回のビックリ演出といえば7人の人格を持つ男(コウ刑事)の心の内を、
ほんとに7人で演じさせたこと!
もちろん彼らが見えるのはバンだけなので、
このバンの目線とホー刑事の普通目線が交差していくところが面白かった。

一人の口笛が次第に7人の口笛になって全員が振り返るところは絶品でしょう!
これ観ただけでもこの映画は傑作だと信じた私です(笑)。
c0004181_0263196.jpg

7人の人格を持つ男を演じたラム・カートンはとことんポーカーフェイスであるだけに、
その心である7人とバンのやりとりは、笑ったしゾクゾクしました!
ラムシューは彼のなかの唯一の良心だったのかなあ。
これがもし7つの欲望にわけられていたとしたら、
食欲担当はラム・シューにピッタリだ(笑)。
そして計算高く欲深いのはやっぱり女なんだなあ。

こんな感じで推理で事件を解決するというわけでもないので、
サスペンスとしては大した事無いのだけど、
途中バンのことを???と思い始める所も含めて、
映像で徐々にいろんな事を解明して行くから、目が離せない90分でした。

なによりラストシーンでこの映画の真意がわかる所がすごい!
ラストシーンのホー刑事の選択、リアルだけにいろいろと考えさせられちゃって。。。
きっとこの結末は一つではないはず!と思いたい。

今回の銃撃戦は少しだったけど、
ラストの銃撃戦の構図と美しさったらもうっ!!!
散らばった鏡、映し出される様々な人格、
もうなんでこんな斬新な演出できるんだろう〜。
このシーン観ただけでもこの映画傑作です(もう2回言ってるよ)
c0004181_0271934.jpg

しかしこういうのをジョニー・トーマジックにかかってるっていうのかな。
これだけこの映画を褒めても、異色作には違いないので、
自信を持ってこの映画を人にお勧めできない私なのでした〜(笑)

さてハリウッドリメイクも決定しているという事で、
うまくいけば一級サスペンスになる可能性もありますが、
多分突っ込み入れるだろうことを予想しつつ、
そちらも楽しみに待ちたいと思います。
[PR]
by la-panda | 2011-09-04 00:42 | 映画