只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『イリュージョニスト』『英国王のスピーチ』『ブラック・スワン』感想ちょい書き

イリュージョニスト(劇場鑑賞)

c0004181_15412984.jpg
『ベルヴィル・ランデブー』
シルバン・ショメ監督が、
ジャック・タチの映像化されなかった遺作を、アニメーション化したという作品。
題名そのままに魔法がかかった美しきアニメの世界に
ただただうっとり!
ユニークでありどこか物悲しい雰囲気の手品師達が、
時代の移り変わりを優しく映し出す。c0004181_16184886.jpg
主人公の手品師がタチにそっくり!
アップがない所や風刺の効いた描写等、
タチへのものすごいリスペクトを感じます。

無償の愛という言葉でこの映画を表現するなら、
『おおきな木』という絵本にも通ずるものがあるよなあと。
だからどこまでも切なさは残るが、どこまでも優しい。

凄く好きなアニメには違いないけど、
個人的にはショメ監督には、もっと毒のある、
ベルヴィル〜のようなデフォルメの激しいキテレツアニメを希望したいな♪

c0004181_16211719.jpg

ちなみにタチの映画で私がすきなのは『トラフィック』
このポスターのアートセンスにしびれるわ〜。







英国王のスピーチ(レンタル鑑賞)
c0004181_15473487.jpg
国王においてスピーチは最も重要な任務であるだけに、
これは吃音を克服するストーリーという以上に、
逆らえない運命に真っ直ぐに向き合った男の
重圧と覚悟を描いた映画であったんだろうな。

そのジョージ6世の心を徐々に開いた言語聴覚士との関係が素敵。
はじめから身分関係無しに接する態度や、度々の衝突、そして芽生える友情。
でも常に心では敬意をもって接しているのだ。

見せ場であるラストのスピーチの内容がなんともやるせないのだけど、
だからこそ余計に、必至でマイクに向かう国王の姿に、
国民へ示した力強い覚悟を観たのでした。
地味な映画と言われているけど、それだけに良質な映画だったと思う。
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナムカーター
皆大好きな役者さんだあ!


ブラック・スワン(レンタル鑑賞)
c0004181_1550151.jpg
観るではなく体感する映画とはまさにこれか!
鏡と刃物が出てくるたびにドキドキな(笑)ホラー演出で魅せる、
不安、焦り、恐怖の色に塗りつぶされた世界。
それがダークサイドに落ちた瞬間の快感といったら!
そして常に辛気臭かったニナの表情が一転した、
ラストでの一言とあの表情!
ナタリー・ポートマンの気迫の演技に、
ぞぞぞぞぞ〜っと鳥肌がああああっ!
あらためて「白鳥の湖」という曲のものすごいエネルギーも感じたり。

中身は全然違うけど、芸術性や感情表現、
ハッピーエンドな悲劇!?という意味で
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を思い出します。
観たあとしばらく立ち上がれないほどの余韻という点も同じだし(笑)
うん、まあでもビョークにはかなわないけどね〜。


コーエン兄弟のリメイク西部劇『トゥルー・グリット』
ベン・アフレックの『ザ・タウン』も男臭さが私好みで面白かったので、
このまま一気に感想書きたかったけど、
力つきたのでまたの機会に(ないかな;)
[PR]
Commented by YOUU++ at 2011-09-17 09:32 x
アニメーション映画はどんなものがあるかわからなかったので、参考になります!お恥ずかしいのですが、「コープスブライド」しか見に行ったことないですw
「イリュージョニスト」見てみたいです~。
「ブラックスワン」は「ダンサー・イン・ザ・ダーク」っぽいんですか?暗いイメージだったので、なんとなく見るのを避けてましたが・・・。
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」は、見た後、私もしばらく立ち上がれませんでした。
ただ、友人曰く、「あの映画は、救いようがないんだけど希望がある映画だよ」と、、、
Commented by kiyotayoki at 2011-09-17 23:22
「イリュージョニスト」、良かったですよね♪
だけど僕も次回作は「ベルヴィル~」を超えるようなキテレツ映画を観てみたいです(^^
『トラフィック』、車のワイパーが持ち主の心を映すようにぎこちなく動くシーンが印象に残ってます♪
他の作品も、今年のアカデミー賞を賑わした作品ばかりですし、
見応えありましたよね(^_^)v
Commented by la-panda at 2011-09-20 19:10
>YOUU++さん、お返事遅れてすみません。
「イリュージョニスト」是非観てくださいね。
「コープスブライド」とはまた素敵!私も好きです。死体の花嫁がえぐいのに可愛いんですよね〜。
アニメそんなに詳しくもないのですが、劇場へはどうしても子供と行く事が多いので、アニメの方が多くなります。

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」はほんとに賛否両論で、嫌いな人はものすごく嫌いですよね(笑)
でも私も希望のある映画だと思ってます。
ブラックスワンは暗いには違いなく、これも嫌いな人は嫌いかと思うのですが、意外に評判いいみたいです。
小さい頃から皆が知ってるナタリーポートマンのがんばりだからかもしれないですね。
Commented by la-panda at 2011-09-20 19:18
>kiyotayokiさん、このタチの遺作が映画化されなかったのは諸説あるようですね。タチがリアルにやるよりはアニメの方が名作になった気がします。いずれにせよ私も絵コンテとかどの程度まで残ってたかに興味がありますよね。
『トラフィック』の話ができてうれしい〜。
そうそう車の描写が乗ってる人を表してるんですよね。そして今も昔も変わらないよなあなんて思います。
出てくる車がまた当時のかわいいのばっかりなんで萌えなんですよ〜。
Commented by Nao at 2011-09-20 22:19 x
『イリュージョニスト』はうちの近くでも上映していたのに、観なかった〜。残念。DVDになるのを待ちます。しゅん。
『ブラックスワン』は何が怖いってお母さんが一番怖かったです(苦笑)。ラストは本当に鳥肌が立ちまくり。賛否両論あるようですが、ネット上の友人たちは◎、リアルの友人たちは×、と感想がまっ二つに...(笑)
Commented by la-panda at 2011-09-23 19:01
>Naoさん、『イリュージョニスト』はこちらでの公開あきらめていたのですが、なんとか観る事が出来ました。もうレンタルも開始しているので、ぜひ観てみてくださいね。

『ブラックスワン』のかあちゃん怖かったですね〜ケーキのシーンからしてもうぞぞぞっ!でした。歪んではいましたが、
ラストはなんだかんだいっても母の深い愛を観ましたよ。
あの親子関係って人によって捉え方が違うよなあって。
私はまだ子供や親をライバル視したことないので、よくわからないのですが、親子愛とライバル心の描き方面白かったですよね。怖かったけど(笑)
>ネット上の友人たちは◎、リアルの友人たちは×
これあるある!(笑)
というかネットは趣味を共有できる人に自ら寄って行くからなんでしょうね。
ここで傑作!と書いても、身近な人にはオススメできないもの多数ありますよね;

by la-panda | 2011-09-16 20:15 | 映画 | Comments(6)