只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

大地の芸術祭 越後妻有トリエンナーレ

毎度楽しみにしている3年に一度のアートの祭典です!
夏になかなか行く時間がとれなかったので、仕事の旦那をおきざりに、
最終日ギリギリに滑り込みで行ってきました!
約762平方キロメートルに点在する、360点もある作品を選んで観てまわるのが、
この祭典の一番の醍醐味!
(過去の日記はこちらこちらにて)
今回は一日で12カ所、約30作品を観る事ができました。
以下撮影可能だった写真をぺたぺたーっと貼っていきます(写真はクリックすると少し拡大します)
[十日町エリア]
No Mans Land クリスチャン・ボルタンスキー
c0004181_1511647.jpg

↑今回の顔的作品。夏期間しか観られないので、観れてラッキーだった。
「最後の教室」と同じ方の作品で、同じように心臓音が響き渡るのが印象的。

カールステン・へラー Rolling Cylinder, 2012
c0004181_151282.jpg

他キナーレ内、まだまだ沢山ありましたが、一部だけ。
c0004181_1503714.jpg

キナーレは美術館なので、展示室に置かれたアートは
里山とコラボした作品に比べると迫力はないけど、
この中で一番面白かったのはLOST#6 クワクボリョウタという作品でした。
影が写す世界の美しさにやられ、おもわず終了後拍手したら皆さんもつられて拍手してた(笑)

この後、松之山エリアを通過。農舞台周辺の作品は以前見てたので通過したけど、
すっごい車の数だったな〜。
このエリアでは黎の家→三省ハウスと駆け足で観て、
ランチも省き津南町エリアへと移動。以下津南町中心でまわりました。

[津南エリア]
津南のためのインスタレーション—つながり—
瀧澤潔

c0004181_1501217.jpg
c0004181_1495879.jpg
c0004181_149494.jpg
c0004181_1493740.jpg
c0004181_1491546.jpg

↑ズタボロの旧繊維工場を地下から二階まで丸ごと作品に。これぞ妻有で観られるアート!

建具ノモリ 山本想太郎
c0004181_1473174.jpg

↑地元の方々がこの周りで踊りを踊ってて癒された〜。

「記憶−記録」足滝の人々 霜鳥健二
c0004181_155245.jpg

↑移動途中で見つけた。普通に景色に溶け込んでた。大好きこういうの。

金属職人の家 アン・ハミルトン
c0004181_148493.jpg

c0004181_148412.jpg

↑アコーディオンの音を楽しめる民家丸ごと作品。外側は薄い布で覆われまた怪しくて良い感じ(笑)

時を越える旅 管懐賓(グァン・ファイビン)
c0004181_1475546.jpg

↑ここで売りのカツサンド食べようと向かった時は結局みつからずだったのに、
他の作品を観てまわる途中、車ですれ違えないとんでもない山道を走ってたら、ここに出てきた(笑)

見えない村を目印にして 本間純
c0004181_1483132.jpg

c0004181_1481519.jpg

↑そろそろ薄暗くなってきて怪しい雰囲気に。いいね!

その他いろいろ〜 
c0004181_1464210.jpg


まだまだ沢山写真ありますが、このへんで。
今回はさすが最終日とあって車も多く、止める場所を見つけるのや山道をすれ違うのも大変で、
運転も難関!
あやうく高台から落ちそうになった場面も(大汗)
トータル何キロ走ったんだろう。とにかく作品から作品へと走り回りましたが、
まあ無事に帰れて良かった〜。

秋の部は10月6日からまた開催だそうです。
詳細はこちらにて
かなり見られる作品は減りますが、秋は里山が美しく気候もよいのでオススメです。
あ〜また秋にいけたらいいな〜。
[PR]
Commented by kiyotayoki at 2012-09-20 09:44
今回も見どころ満載だったみたいですね♪
僕も一度行ってみたいと思っているんですが、なかなか腰が上がりません(;^^。
ひとりだとグズグスしちゃうので誰かを誘ってとも思いましたが、
そうか、la-pandaさんもご主人を「おきざりに」してやっと行ってこられたんですものね(^_^;)。
やっぱり思い切りが必要だってことですね。
Commented by la-panda at 2012-09-21 11:57
> kiyotayokiさん、そちらからだとなかなか遠いから、ふらっと〜というわけにもいかないですよね。
とにかく箱の中で観るのと全然ちがうんですよ。そしてそれを運営している地元の方が受け入れがいいんですよね〜。
秋にぜひいかがですか?

しかし二ヶ月ぶりの更新、見捨てず観ていただきありがとうございます。
フジもサマソニも行ったし、映画もいっぱい見たし、ちゃんと書きたかったんですが、もう今さらって感じになってしまいました(笑)
by la-panda | 2012-09-20 03:36 | アート | Comments(2)