只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

名古屋 「SUMMER SONIC EVE」ライブレポ!

行ってきましたー!名古屋。
もうお盆だ、地球博だと名古屋は人人人、、、田舎モンの私はびっくりたまげました;
(って昔住んでたのになあ、、、)  いや~活気ありますわ名古屋。

と、そんなことはおいといて、EVEのステージ最高に楽しんで参りました~。
名古屋港周辺にあるポートメッセ名古屋の特設野外会場で行われたんですが、
今回が初めてのイベントだったようです。
ブリッジの見えるロケーションのいい場所で、地面が緑なのが涼しげで良かったですねえ。
あと住宅地も無いところなので、かなり大音量が可能だったのではないでしょうか。

ブロック指定だったのですが、ブロック内の人数設定は無理していなかったようで、結構余裕ありました。(このブロック区切りがなんだか檻の中にいるみたいなフェンスで、笑えた)
何万人もが集まれる場所ではなかったと思います。どれくらい入ったんでしょうか?
私がゲットした場所は真ん中あたりの前から3ブロック目。結構前の方でしたが、
なんとか前の人の頭の隙間から、ステージを観ることが出来たくらいの場所です。
(チビだからもう必死・笑)
ステージ装飾はシンプルで、看板とかもなく、
だからってわけではないんですが、カメラも禁止でしたし、今回写真撮ってないののが残念。


開演5時になり、まずオープニングアクトのアジアン・カンフー・ジェネレーション登場。
今回Roosterの突然のキャンセルにより、アジカンが出演することとなったのです。
ステージ始まったときには、まだ会場が埋まってなくて、しかも突然の変更で、アジカンファンも多くないためか、一部を除いていまいちの盛り上がりでした。演奏はよかったんですけどね。
アジカンなのにこんな盛り上がりでいいの?とか思ったけど、今回は仕方ないかな。
「皆さん早く後が観たいだろうから、さっと終わりますから」なんて言う、謙虚なアジカン(笑)。
でもMCで「10年前、オアシスのファーストを聴いてから、音楽の道に入った。オープニングアクトやれてうれしい」ってな事も言ってて、拍手おこってましたね。

さてさて次は初体験のkasabian登場。
いや、これがもう、ちょーかっこいいーーーーーっ!!!
CDで聴くより絶対ライブですね!彼らは。
なんで昨年聴いてなかったんだろう、私のバカバカ、、、って思うくらい、今回惚れました。
ドラムが鳴り出すと、体が操られるかのように、動き出してしまいます。あのグルーブ感は最高ですね。
盛り上げもうまいというか、観客もかなりノリノリで、Vo.「ありがとぅお~」を連発(笑)。
まだアルバム一枚しか出してない新人とは思えないスケールの大きいステージでした。
予習はばっちりでも曲名までは覚えてなかったので、曲順までは書けませんが、新曲もよかったですよ~。
単独ライブも是非観てみたいものです。

そして、あたりも暗くなり、ステージ上もちょっとにぎやかな装飾になったところで、いよいよオアシスの登場!
えっ?いつのまに?ってくらい、会場はすごい人になってて、皆オアシス目当てなのがよくわかります(笑)。もう熱気ムンムン。

今回雑誌「クロスビート」にセットリストが載っていたんですが、その中の3曲以外は皆やってくれて、曲順もそのとおりでした。
(明日のサマソニ観にいく人で、曲順知りたくなかったら以下読まないでくださいね)

まずは「Fuckin`in the bushes」でわくわくさせて、「Turn up the sun」へ。
相変わらずリアム、校長先生スタイルだわ、タンバリン頭に載せるわ、ペットボトル投げるわで、でも何故だかその地味なアクションがうれしい(笑)。
そして、待ってました「Lyla」!ニューアルバムのこのナンバーで会場早くも大合唱です。
リアムの声の調子もよく、すごく伸びやかでなんて気持ちいい!

次に「Bring it on doum」、「Morning glory」、「Cigarettes & Alcohol」と続いたところで、ノエル兄ちゃんの番に。
自信作「The importance of being ldle」を披露。この曲、イントロでどうノッていけばいいか、皆さんちょっと戸惑った模様(笑)。
高音きつかったかな?って印象のノエルのボーカルでしたが、うーん、でもかっこいいぞ~。

次にリアム、アンディが誕生日と紹介。すると前の方の女子からバースデーソングが聞こえてきました。(そいえば、KASABIANも誕生日っていってたのはアンディのことなのか?ああ、英語力無さすぎの私、、、)
「A Bell Will Ring」のギターイントロに入ります。ここかっこいいんだよなあ。
結構ライブの定番になりそうですね~この曲。

「Live forever」の大合唱が終わり、「The meaning of soul」、「Mucky fingers」と続いて、以下はさらに感動の大合唱曲のオンパレード。
「Champagne Supernova」
「Rock 'n' roll star」
「Wonderwall」
「Don‘t Look back in anger」

もう会場一体化してました。ここら辺、マジ泣きそうになりましたっす。
オアシス愛されてるんだなあ、、、あたしゃーうれしいよ。(感涙)
そしてなんとラストは The Whoの「My generation」!
ウワサには聞いていたんで、実はすっごくこれ聴きたかったんです。もう期待通り、最高にロックしてくれました。
それと今回のドラムはザック・スターキーだったようですが、やっぱ印象つよかったですね。

もう一曲を期待して、皆さんコールがんばったけど、それはやっぱ無理でした、残念。
明日サマソニ本番にいかれる皆様、楽しんできてくださいね。そしてレポお待ちしています!

私には久々のライブ体験でしたが、もうかなりはじけまくっちゃいました。
特に野外フェスってあの開放感がたまらないんですよね。
想像以上にkasabianがかっこよく、踊りすぎたので、オアシス終わった時には体がボロボロに(笑)。こっ腰が、、、やばいって;;;(大汗)
でも日常を忘れて、最高の時間がすごせて幸せでした~。

子供の面倒見てくれた家族に感謝、
いい子にしてくれてた子供に感謝、
一緒にライブいってくれて、泊めてもくれた友人に感謝、
盆なのに仕事がんばってる旦那に感謝、
そして音楽に感謝です。

そうだ、長いだけの中身のないレポをここまで読んでくれた方々にも感謝!(笑)
[PR]
by la-panda | 2005-08-13 02:25 | 音楽