只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「ディナーラッシュ」


「王様のレストラン」という三谷幸喜脚本のドラマにハマったことがあります。
かつては一流のだったのに、すっかり落ちぶれてしまったフレンチレストランを、伝説のギャルソンが立て直していくというシチュエーションコメディ。
経営者も従業員もダメダメな人間が大集合というキャラ設定がとても可笑しかったのですが、このドラマが好きな点はもう一つ、
レストランには支配人がいて、オーナーがいて、ギャルソンが、シェフが、ソムリエがと、、、と多くのプロフェッショナルがいて成り立つという仕組みをしっかり描いていた所でした。
そして毎度起こる厨房のドタバタと、それを何もしらずに美味しそうに食べる客達という図の対比が面白かったなあと、この映画をみてふと思い出しました。

この「ディナーラッシュ」という映画は、オープニングからしてマフィア映画風なのですが、その中身はNYの超人気イタリアンレストランで起こる一晩の出来事を描いた群像劇です。

c0004181_152843.jpgオーナー2人の息子シェフの関係から、店の内情もいろいろ見えてくるのですが、
それでも一晩に200人以上が訪れる店とあって、その客達をもてなすスタッフ達の仕事ぶりはお見事。
喧騒な厨房のキリキリしたコック達
その厨房と客席を行ったり来たりするウェイトレス
雑学&賭け事で客を楽しませるバーテンダー等、
それぞれのポジションの描き方にも色があり、活気ある店内が描かれていました。
(勤務態度が最悪なのも数名おりましたが、才能あれば良しなのね;笑)

c0004181_151284.jpgさらに同時進行で描かれる客席の様子や会話が面白い。
いたって普通の風景ではありますが、
口うるさい親父に、料理批評家、人間ウォッチングの好きなサラリーマン、そして刑事マフィア達、、、と登場する面々のキャラが立っています。

これら店側と客側の対比がテンポよく描かれていくのですが、正直終盤近くまで、一体どう収集がつくのかな?と少し不安に思いつつ観ていました(笑)。
しかしやがて徐々に関係性が見えてきて、全く予想できないラストへ向かいます。

そうか!そういうことだったのかあああ!
、、、っと、期待せずに観たから、ちょっとしたやられた感を味わえてニンマリ。
こりゃみっけもんの映画でしたね〜。さすが、オーナー役がマフィア映画常連のダニー・アイエロなわけだ。

あっ、でもまだ未見の方は、どうか期待せずにご覧くださいませ。期待しすぎると肩すかしかもしれないので(笑)。

このレストランは実在するらしく、監督はここの経営者でもあるそうです。
映像はさすがMTV出身の人というだけあって、とてもスタイリッシュだし、音楽もいい
ただ、残念ながら料理は美味しそうには見えなかったという;
これどうやって食べるの?ってな料理も出てきますし(笑)。
多分、レストランの店内の映像とメリハリをつけるためか、厨房が蛍光灯下のような青みがかった映像になっていたからかも知れません。
(よく食卓はブルー色にしない方がいいっていいますもんね。美味しく見えないから)

勝手な思い込みですが、イタリア料理はやっぱ赤色なのが美味しそう。
そしてお上品に食べるでなく、ガツガツと食べるものではないかと。
「グラン・ブルー」ジャン・レノみたいに、ガツガツとね。
ああ、スパゲッティ食べたくなってきた〜。

監督:ボブ・ジラルディ
キャスト:ダニー・アイエロ、エドアルド・バレリーニ、カーク・アセヴェド
製作年:2001年(米)
[PR]
Commented by bigblue909 at 2005-10-28 08:45
あたしはこの映画、かなり期待して観たんだけど、マフィアの話に力を入れるあまり、
肝心の料理はおざなりになってるとこがイマイチでした。
というか、いかにも料理がまずいアメリカだなと思って(笑)
あくまで想像だけど、もし料理が美味しいイタリア・フランス・中国あたりが、
レストランを舞台にした犯罪ものを作るとしても、やっぱり料理シーンだけは
手を抜かずきちんと見せるんじゃないかと思うんですよね。
Commented by keko_m at 2005-10-28 18:38
わぁ〜♪ この映画、とっても観たくなってしまいました。
「王様のレストラン」おもしろかったですよね。
私も、すっかりハマって見ていました。

NYのリトルイタリーに行ったとき
アメリカなのに、イタリアそのものの雰囲気に
かなり酔ったことを思い出しました。
これ、機会があったら絶対観てみます。
素敵な記事、ありがとうございました。*・゜☆
Commented by Kurt. at 2005-10-28 22:48
この映画、クールでよかったですよね。映像もかっこよかった気がします。
Commented by 100_shiki at 2005-10-29 01:30
サスペンス映画と聞いて借りたんですが、誰も死なないんかーってずっと見ていて、いつのまにかサスペンス映画の存在を忘れて人間模様に没頭してました。スタイリッシュでいい映画ですね
Commented by denkihanabi at 2005-10-29 03:11
監督CM屋でレストラン経営者のわりには、料理がおいしくなさそうなんですよねー。なんでだろ。
「バペットの晩餐会」って映画見ましたか?なんかあれをまた見たくなっちゃったな。
Commented by ruiner888 at 2005-10-29 10:45
こんにちは。僕もこの映画大好きです。もちろん「王様のレストラン」も大というより超好きでw。この映画はどんな映画というのがとても説明しにくい映画かもしれないですね。ダニー・アイエロというと個人的に「ドゥ・ザ・ライト・シング」「ジェイコブス・ラダー」などを思い出します。※「レオン」だとゲイリー・オールドマンが頭にw。ポスターに出ている個人的に一番目立ってたと思う息子さん役の人、この映画を観た後にドラマ「24」でジャック・バウアーの娘さんをプチ窮地に巻き込む凄く脇役のチンピラあんちゃん役で出ていたのを観てビックリしましたw。
Commented by la-panda at 2005-10-29 17:41
>BBさん、この映画での料理の意味あいって結構大きいと思うんで、もったいないですよね〜。
ハンバーグパクついてるってのがアメリカのイメージなんで、しょうがないでしょうか(笑)。
確かにイタリア、中国、フランスあたりは、こだわりそうですね。
というか、なにげに出てくる料理とか、食べ方とかも美味しそうな気がします。
Commented by la-panda at 2005-10-29 17:55
>kekoさん、NYへ行かれた事あるんですね。あそこは世界各国の料理はなんでも食べられそうですね。(まあ今は日本の田舎でも大抵のものは食べられますが)。
このレストランはNYのトライベッカという所に実在するそうです。

「王様のレストラン」三谷のドラマでは一番好きなんですよ。
皆はまり役でしたよね〜。びっくりプリンができるエピソードとか好きだったなあ。
Commented by la-panda at 2005-10-29 17:57
> Kurt.さん、クールでしたね〜。終わり方もクール。
クールすぎて食べ物が美味しく映らなかったのだろうか(笑)。
Commented by la-panda at 2005-10-29 18:03
> 100_shikiさん、これほんとサスペンスを期待して観た方は途中から???ですよね(笑)。私もすっかり忘れてましたもん。
でもしっかり冒頭とラストが繋がっていて、うまいなあと思いました。ありそうでない映画でしたね。
Commented by la-panda at 2005-10-29 18:10
>denkihanabiさん、実在のレストランを使った、空間の映し方とかは良かったと思うんですよ。
あと料理評論家に思いついた料理を作るシーンとか、音楽の使い方も含めてうまいなあって。それでも何故か料理だけはおいしそうに見えなかったという;。
「バペットの晩餐会」はよく覚えていますよ〜。見た目だけでなく、美味しいと口にしなくても美味しそうに食べる人の表情があって。
BBさんも仰ってましたが、なんというか、食に対する美意識の違いなのかもしれないですね。
Commented by la-panda at 2005-10-29 18:37
> ruiner888さん、そうなんですよ。この映画、観てない方にはどう良さを伝えていいのか困りました。ネタばれってほどの事でもないし、期待させるとがっかりかもしれないですしね(笑)。

「レオン」といえば、私もゲイリー・オールドマンが真っ先に浮かびますね。裏主役ですから(笑)。
「24」ってシーズン1ですか?あのチンピラあんちゃんかしらん?おおっ、そうかも。あまり記憶に無いもんでちょっと曖昧だけど(笑)。
Commented by CaeRu_noix at 2005-11-03 01:07
こんばんは。
これは私のかなりお気に入り作品です♪
2002年のベスト3入りだったかなぁ。
ラストの展開だけでなく、NYに生きる人々の鼓動がきこえてくる愛おしさが気に入ってます。
映像もカッコよかったし、音楽が最高だった。
レストランものにはずれなし。

ちなみに、「王様のレストラン」も好きですー。
Commented by la-panda at 2005-11-03 01:23
> CaeRu_noixさん、これはサスペンスでありながら、群像劇としても堪能できますよね。

>NYに生きる人々というの鼓動がきこえてくる
確かに。時間も短い中で、そのあたりを何気なく描いている所が、魅力なのかもしれないですね。
レストランものってそんなに知らないんですが、はずれなしですか。「星降る夜の〜」とかも面白いのかしら。
「王様のレストラン」、さすが皆さんお好きですね〜うれしい♪
by la-panda | 2005-10-28 01:49 | 映画 | Comments(14)