只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「スクール・オブ・ロック」

昨年度公開作品、勝手にベスト5の続きです。今日は1位「スクール・オブ・ロック」c0004181_1724492.jpg
これはもう主人公演じるジャック・ブラックの怪演なしにはありえない作品でしょう。
ロック命の暑苦しい男お利口なお子様達が作る音。
ロックとは?とか、教育とは?とか考える事はなく、ただ何か無性に熱くなる、笑えるそんな映画です。

いつまでたっても売れないバンドのギタリストデューイは、自分のバンドさえ首になり、家賃を払う金もない。なんとか金をつくろうと、こっそり小学校の代用教員をやってる友人ネッドになりすまし、教員に。(なんと名門学校)そこで生徒達の音楽的才能をみこんだデューイは、バンドバトルで優勝して賞金を手にしようと、彼等を自分のバンドメンバーとして仕込んでいくのですが、、、。

ストーリーはいらんところはぶち抜いてて(笑)ラストまで一気に走っていきます。でも一つ一つのシーンはしっかりみせてくれて、子供達とのセッションのシーンなんかも、長回しのドキュメンタリーを観てるようで、楽曲ができるワクワク感が味わえます。デューイが作った「家賃伝説」という全く自己満足な曲(笑)さえ、丸々一曲歌わせてますが、彼の自己中さと大人げない可愛さ?を表していて、何故か妙に笑えるんですよねえ。

c0004181_17292658.jpg好きなシーンはラモーンズの曲にのせた、ロック史やパフォーマンスの授業風景。あの板書を私もノートに写したい!(笑)。
自分が聴いてきた80年代(MTV世代)から今にいたるロックがデューイに否定されているのが寂しい所ですが、ロックへの愛が詰ってる映画なので、その辺あまり気にならないです。
そしてラストのはじけたライブシーンは最高。これが子供達の実際の演奏というから凄い。本番前のミーティングシーンにもグっときます。

印象にのこったキャストは友人ネッド。脚本書いた人らしいですが、この人のせつな〜い表情がよかった。ただ吹き替えはだめ。イメージが違うよ〜。

ちょっと横にそれますが、最近「シュレック1、2」と観ました。これはディズニーのお伽話を皮肉った、ブラック風なところがおもしろいのですが、何かすっきりしないものが残る映画でした。
このレビューを書いてて思ったんですが、シュレックとフィオナ姫は、容姿は重要でないとしながら、結局コンプレックスをぬぐいきれてない感じがしたんですね。美と醜、あなたはどっち?なんて、そんな極論だあっ。

デューイは怪物と比較するものでもないのですが(笑)、ルックスがなんぼものんじゃー!ロックがあればそれでいい!といった生き方。(自称セクシーなデブ)
自分のルックスを気にしていた生徒も彼の言葉で自信をつけていきます。
そして最後のライブでは、あんなに暑苦しい男が何故かかっこよく見えてくる不思議(笑)。こっちの方が、容姿は重要でないことが伝わるんですねえ。いやこの映画にそんな意図はないでしょうけど(笑)。

DVDの特典にはLED ZEPPELINの「移民の歌」の使用許可を願う映像があるんですが、笑えます。ジミーペイジはこれみて本当に許可したらしいです。
なんでもやってみるもんですなあ(笑)。
個人的にはストーンズの曲を使ってほしかったなあ。

監督  :リチャード・リンクレイター
脚本  :マイク・ホワイト
キャスト:ジャック・ブラック、ジョーン・キューザック、マイク・ホワイト
[PR]
Commented by nemchan at 2005-01-14 18:09
こんにちは〜!お邪魔しま〜す♪(笑) 本日は、弊ブログにトラックバックをありがとうございました。(お辞儀・笑)いやぁ、面白いですよね〜!>『スクール・オブ・ロック』 もう、ジャック・ブラック最高!(笑)
実は、今日は同じくジャック・ブラックの出てる映画、『ハイ・フィディリティ』を見てたんですよ♪ la-pandaさんはご覧になりましたか? 実は、『スクール・オブ・ロック』をススメてくれた人に、これもジャックがサイコーだからっていうので教えてもらったんです。音楽好きにはたまらん作品かも。もし未鑑賞でしたら是非☆ すでにご覧になってたらごめんなさい。・・・で、もし見てらしたら、la-pandaさんの感想も、是非、聞かせて下さいね〜♪では、これから他の日の日記も色々拝見させていただきま〜す♪(楽しそう♪・楽しみ☆・笑)
Commented by nemchan at 2005-01-14 21:06
すいません、追伸です。(;^_^A アセアセ『Mr.インクレディブル』の所に、(私も子ども達と見て面白かったものですから♪)TBさせて頂きました〜♪よろしくお願いしま〜す☆
Commented by la-panda at 2005-01-15 00:02
> nemchanさん、コメントと「インクレ〜」にTBありがとうございました。こちらからもTBさせてもらいますね。
「ハイフィディリティ」観てますよー。なかなかみっけもんの映画でしたね。ジャックブラック繋がりで、次この感想書こうかなあ(また横にそれるけど)。
nemchanさんのブログは繋がりが多そうなので楽しみです。これからもいろんな情報おまちしていますね。
Commented by samurai-kyousuke at 2005-01-15 19:13
「スクール・オブ・ロック」良かったですね。"移民の歌"いいですねー。余談ですが、この曲聴くと故ブルーザー・ブロディーを思い出します。ジャック・ブラックの主演でルックスネタで「愛しのローズ・マリー」もありました。
Commented by kiyotayoki at 2005-01-15 22:10
日本にもデブキャラで売ってるタレントはいますけど、ブラック・ジャックみたいな自己陶酔型デブキャラは見かけませんね。日本人には向かないのかしらん。あ、パパイヤ鈴木ってその線でしたっけ?
Commented by la-panda at 2005-01-16 05:47
> samurai-kyousukeさん、「移民の歌」があるとないとでは随分違ったと思うくらい、いいスパイス効かせてましたよね。あのときのまるで「シャイニング」のニコルソンのような顔が強烈で、夢にでてきそうです(笑)。「愛しのローズマリー」は未見ですが、ルックスネタなんですか?また観てみますね。次「ハイフィデリティ」いきまーす。あとでTBさせてもらいます〜。
Commented by la-panda at 2005-01-16 05:53
> kiyotayokiさん、パパイヤ路線は近いですが、やっぱまだ腰低系ですよね。日本で売れてるデブキャラって結構腰低いから、いろいろ使われやすいのかも。でも彼等、結構長く芸能界生きていけそうですよね(笑)。あとミュージシャンはきっと皆自己陶酔型でしょう。
Commented by nemchan at 2005-01-16 13:41
la-pandaさん、TBありがとうございました☆
やはり『ハイ・フィディリティ』もご覧になってましたか☆あの映画も面白いですよね♪・・・で、特典映像を娘たちと一緒に見てたんですけど、女3人が口を揃えて曰く、「この人、パパに似てる、、、」(大笑)
いや、ジャック・ブラックじゃないですよ〜(爆)いやいや、ジャックだったら、もっと面白かったんですけど(大爆)残念、ジョン・キューザックの方です。(笑)あンな男前に似てて、イイぢゃないか、もっと喜べ!と思うんですけど、本人はジョンが男前とは思えないらしく、フクザツらしいです...ゼータク者めっ!(爆)...うちの父ちゃん、一応趣味でギター弾きますし、その自己陶酔で「自分はもっとカッコイイ」と思ってるのかも。やれやれ...┐( ´(エ)`)┌
Commented by nemchan at 2005-01-16 13:43
あ、別にノロケに来たワケじゃないです〜↑(激汗)
念のため〜〜〜〜(脂汗)
Commented by mori2fm at 2005-01-16 22:11
ども、古い記事ですがTB返しさせていただきました。
そうですか、1位ですか…la-pandaさん、ドップリはまってしまわれましたね(笑)。私の知人の中にもこの映画を、もう『ダントツの1位!』って言ってる人がいました。熱狂的なファンがいるってことは…「パート2」が出来るかもしれませんね!
Commented by la-panda at 2005-01-17 01:46
> nemchanさん、ジョン・キューザックは適役だったですよね。華があるようでない俳優(笑)。で、旦那さんジョン・キューザック似なんてイイぢゃないですか!。ってことはミュージカル俳優の石川禅さんにも似てるってことですかね(笑)。しかもギター弾き、うらやましいぞー!うちの旦那は、、、バク、、かな(爆)。
※説明しよう〜 バク…夢を食うとかいわれる動物
Commented by la-panda at 2005-01-17 01:51
> mori2fmさん、TBありがとうございました。お恥ずかしながら、一位といっても、観賞本数が少ないもので;;。今はDVDしか観賞できないため、上半期に限っての順位ですし。 mori2fmさんの2004ベスト、また参考にさせていただきますね。
「パート2」なんて考えもしませんでしたわ。もし出来ても例によってつまらなくなりそうですけどね(笑)。
Commented by denkihanabi at 2005-01-19 03:06
トラバどうもー!DVD特典映像サイコーですよね。あの場にいたかったです。la-pandaさんのライフログに「OKコンピューター」があるのもサイコー。INXSもね。
Commented by la-panda at 2005-01-19 21:29
>denkihanabiさん、コメントありがとうございます。音楽趣味に反応してくださってうれしい。INXS大好きでした。マイケル・ハッチェンスの死はほんと悔やまれますね。
Commented by keita-ken at 2005-02-12 08:57
はじめまして、la-pandaさん。TBありがとうございます。
この映画、私も昨年の映画ベスト5に入ります。好きです。
この映画でロックは死んだかどうかは私には分からないけど、
確かに毒がって、反骨しているものはこの映画には感じません。
万人が楽しむものなってしまうのはその人たちにとってが悲しい
ことなのかもしれません。でもいいんです、面白いんです!
笑いと感動をくれたこの映画に感謝です。
Commented by la-panda at 2005-02-13 00:28
>keita-kenさん、こちらこそTB&コメントありがとうございました。音楽に対する熱い思いは人それぞれですよね。ロック映画とは呼べないと思いますが、ダメ男の成長を描いたいいエンターティメント映画だったと思います。私も感謝です〜。
by la-panda | 2005-01-14 01:23 | 映画 | Comments(16)