只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

「ギャラクシー★クエスト」

c0004181_22271593.jpg
今年度観た映画、勝手にベスト5(過去の作品)から、
今日は3位の「ギャラクシー・クエスト」を。
(思いつきで書いているので、順位はグチャグチャです。ネタバレなしのつもりですが、微妙かも。お許しを〜)

ただのパロディものB級コメディと思って観たら、なんと最後には溢れんばかりの涙が、、、これ反則ですよ。感動と笑いすぎが入り混じった涙というか、オチわかってるのに何回観ても泣けるんです。ラストは拍手喝采なのです。

「ギャラクシー・クエスト」とはパロディの元でもある「スター・トレック」のようなSFテレビシリーズの番組名のこと。
20年も前のTV番組なのに、今でも熱狂的ファンの集いが行われ(コスプレ全開/笑)、すでに過去の人となってしまった役者達はそんな集いで、ファンサービスを行う日々に嫌気がさしています。
そこへこの番組を観ていたという宇宙人(サーミアン星人)が、自分たちの戦争の危機に、彼等に助けを求めに来ます。ウソという概念をもたないサーミアン星人は、ドラマが本当の話だと信じていたため、彼等を真の指導者と崇拝していたのです。
こうして役者達は本物の宇宙戦争に巻き込まれれていくのですが、、、。

はじめはみっけもんのB級映画と思ってましたが、何回か観ると、やや、
これは計算された物なのだと思えてきます。
そもそもTVドラマ「スター・トレック」の世界に忠実に作ってあるのだから、
当然チープな雰囲気なわけで、そこら辺が徹底しています。
制作者、「スター・トレック」が本当に好きなんじゃないかな。
笑いのツボが絶妙です。サーミアン星人の変な動き、悪玉のいかにもな風貌、アランリックマンの終盤のずれたズラ、、、もうツボつきまくり!
過去の脚本を頼りにピンチを切り抜ける役者達や、宇宙戦争と日常世界のリンクの仕方とか、うまいなあ。
ただこのツボに関してはあわないと言う人もいるかもしれません。
それでも痛快なラストが待っているので頑張って観てみてください(笑)。
役者たちが自らのプライドや誇りを取り戻していく姿は、
少しでも必要としてくれている人がいる限り、それは大事な仕事
なのだと、思わせてくれます。

役者陣も豪華で、この時51歳のシガニー・ウイーバーの艶っぽさにはマジで驚かされます。(胸にも注目!)
彼女の代表作がエイリアンですからねえ。そりゃーびっくりもしますわ。

B級っぽく作ったとはいえ、扱いもB級のようで、あまりに知られていない映画
であることが、もったいないです。
まあ、たしかにこの絵では、観にいくの躊躇しますよねえ(笑)
c0004181_22272863.jpg
監督  :ディーン・パリソット
キャスト:ティム・アレン
     シガニー・ウィーバー
     アラン・リックマン
製作年 :1999年 アメリカ
[PR]
by la-panda | 2004-12-06 22:39 | 映画