只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「ブロークン・フラワーズ」(劇場レビュー)

なんとかバイト先も見つかり仕事を始めた所なのですが、とたんに子供達風邪をひいて幼稚園を休んだりして、あぁ働くって大変だ〜と実感している今日この頃であります。。。
というわけで、やっとこさ更新〜。
GWは久しぶりに一人で劇場にて映画鑑賞することができました♪
2005年カンヌでグランプリ受賞したジム・ジャームッシュ監督作品です。

若い頃はモテ男であったが、いまだ独身生活を送っている中年男ドン・ジョンストン(ビル・マーレー)。
コンピューターで一財産稼ぐも、気まま暮らしで家庭を築くことも考えない彼に、現在の恋人シェリーも愛想を尽かし家を出て行ってしまう。
そこへ差出人のわからない一通のピンクの封筒が届く。
  あなたと分かれて20年が経ちました。
  息子はもうすぐ19歳になります。
  あなたの子です。別れた後妊娠に気づいたの。
  彼は二日前、急に旅にでました。
  きっと父親を捜すつもりでしょう、、、、。

詮索好きなお隣のウィンストンのお膳立てで、ドンは過去の恋人達を巡り、
ピンクの手紙の差出人を探す旅にでるのだが、、、。


謎解きのように進むストーリー、登場人物の女性の多さ、ピンクのキーカラーと、
そのどれもが今までジャームッシュの映画にはないものだったので、とても新鮮でした。
でもほんとに色男だったの?ってなビル・マーレー扮する中年男の、
絵になるくたびれぶりは、さすがジャームッシュのセンスです。
似合いすぎのフレッドペリーのジャージ、似合わなさすぎのピンクの花束(笑)、
特にバックに流れるちょっとバタ臭い感じのエチオピアミュージックは、
見事にはまっていましたね。(すでに脳内音楽決定・笑)


その音楽を使いたかったために設定したという、エチオピアの隣人ウィンストンもいいキャラクター。
子だくさんでお節介なこの男はドンとは対照的な性格で、二人の会話のかみ合わなさと、なんでか最後はウインストンに乗せられてるドンに笑わせて貰いました。

そして次々に登場する元カノ達の存在感があっぱれ!
予告も観ずに挑んだので、濃い〜熟女達の登場シーンには、私までドキドキものでした(笑)。




美人という共通点はあれど、それぞれが全く違う個性を持つ昔の恋人達。
20年という月日が生む二人のぎこちない会話は、滑稽でいてなんともスリリングでした。
どこか満たされていない感じを漂わせつつも、
前を向いて自分の力で生きている彼女達にとって、
過去の世界と向き合っているドンが、魅力的に映ることはなかったのでしょうね。
でも情けなさ哀愁感を伴いながら、最後まで過去と向き合おうとした男に、
私はエールを送りたくなりました。

ラスト、必死に息子の陰を追いかけ走る姿が、とても印象にのこります。
何事にも覇気が感じられず、ただ老いていた男の何かが変わったことを感じて、
なんだか熱くなりました。
結局手紙が誰からか、息子は存在するのか解らないままなんだけど、
"過去にすがるより、今どう生きるのか"を気づかせてくれた、誰かからの贈り物ととると、
ミステリーというよりファンタジックな風にもとれますね。
もう一度、オープニングの手紙が送られてくるシーン観たくなりました。

こんな風に一人の男の人生を、滑稽にも暖かい視線で描くジャームッシュの映画って、やっぱり好きだなあ。
同じ息子捜しのテーマで、ウェンダースも撮っているので、そちらともぜひ見比べてみたいです。
しかし、どちらの監督も好きじゃない人にとっては、さぞかしねむ〜い映画でしょうね(笑)。

脚本・監督:ジム・ジャームッシュ
キャスト:ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、ジュリー・デルピー、
シャロン・ストーン、フランセス・コンロイ、ジェシカ・ラング、ティルダ・スウィントン
製作年:2005年(米・仏)
[PR]
Commented by coffee_tv at 2006-05-11 09:57
GWに観に行った映画ってこれだったんですね。
実は私もこれ今一番観たい映画なんですよねぇ~。
と、言うのもブロークバックマウンテンを観に行った時、この映画の予告編が流れ、内容云々よりビル・マーレイのフレッドペリーのジャージと出演女優陣にドキューンとしちゃって(笑)
la-pandaさんのレビュー読んで早く観に行きたくなっちゃいました。
しかし本当にla-pandaとは映画の趣味が合いますよね。
なんだかとっても嬉しいです♪♪
PS.働くお母さんって素敵です。
大変な事も多々あるかと思いますが無理せず頑張って下さいね。
Commented by samurai-kyousuke at 2006-05-11 23:02
この映画ちょっと気になっていました。見たいですねぇ〜。
共演女優さん達がそそります。
元彼女を巡る旅というとジョン・キューザックの「ハイ・フィデリティ」もありましたね。
Commented by shindouxxx at 2006-05-12 00:13
見たい映画で〜〜〜す!
お仕事されるんですねぇ。
お体にお気を付けてくださ〜〜〜い!
Commented by la-panda at 2006-05-12 03:02
>KAKOさん、「かもめ食堂」も観たかったんですが、やってなかったんですよ。こちらで上映することあればぜひとも観に行きたいです。

>ビル・マーレイのフレッドペリーのジャージと出演女優陣
ええ、それが見所ですよ〜。ジャームッシュの映画はストーリー以外のところで楽しめる要素が多いんですよね。
エールありがとうございます。がんばります。
で、こんな時間にコメントしてる私って、、、(笑)。
Commented by la-panda at 2006-05-12 03:04
> samurai-kyousukeさん、ハイフィディリディ私も思い浮かべましたよ。でもこの映画とは主人公の年齢が全然違うんですよね。そこがポイントです。
ジャロン・ストーンがなかなかいいですよ。やっぱお綺麗ですわ。
Commented by la-panda at 2006-05-12 03:09
> shindouxxxさん、ジャームッシュ好きには受け入れられると思いますよ〜。女性より男性のほうがまた思うこともいろいろあると思うので、是非観ていただきたいです。
仕事はまだ研修期間中なんです。新職場ってなんかどきどきですね。
Commented by myums at 2006-05-13 00:56
観ました、この映画。
大人のお洒落な映画でしたね~。
私も元カノたちのがサイコーってのに同感です♪みんなそれぞれ個性的で、魅力的でした。
山場的なものがないので、ちょっと物足りなさを感じましたが、多分もう1度みたら、また違った印象を受けそう。
Commented by 033_MFS at 2006-05-13 09:59
キーカラーのピンクと女性がたくさん出てくるのが意外でも、主人公の男性像の描き方はジャームッシュらしく仕上げていて、新たな良作を生み出してくれましたよね。
ヴェンダースのほうは同じテーマでも醸し出す雰囲気が違うので(笑いの要素はない)、また別の面白さがあると思います。
ところで、重要ではない謎解きについては、どのような解釈だったのでしょうか?
Commented by la-panda at 2006-05-14 00:54
> myumsさん、そうですね、もう一回観たくなる映画ですよね。
年齢を重ねて観ると、さらにまた違った見方ができるかもしれません。
盛り上がらないし、すっきりしないオチなのに(笑)、それでも楽しめるというのは、ジム・ジャームッシュの技ならではですね。まあ人は選ぶと思われますが。
また感想聞かせてくださいね。
Commented by la-panda at 2006-05-14 01:09
>033さん、えへへ、謎解き解釈についてはちょっとお茶を濁した書き方でしたね(笑)。
最初は息子なんていないと思ったんですよ。もしかしてウィンストンの仕業かもと。
でもラストの実息子の出演は、ジャームッシュの洒落みたいなもんだったのかなあと思ったんで、まあそれには乗っかって、彼が息子だと観ようかな(笑)。
で、手紙はドンが思いもよらない人からだったということで(罪な奴だ)。
サンドイッチをおごった子のほうはちょっといかにもみたいな、思い描いた息子像みたいな感じでしたよね。でもそのあとのむさい(失礼)実息子の登場というのが可笑しい〜、現実はそんなもんですよね(笑)。
でもほんと謎解きはただの遊びということで、それを抜きにして良い映画でした〜。
Commented by Ken at 2006-05-16 23:00 x
la-pandaさん、こんばんは!
あのエチオピアン・ミュージック、僕も脳内サウンドトラックになっておりますよ。ジャームッシュの、好きな音楽にあわせて登場人物を設定する、という方法ってカッチョイイですよね。
ヴェンダースの『アメリカ、家族のいる風景』も良かったです。
同じテーマを扱っているだけに、二人の資質の違いがくっきりと分かったように思います。

Commented by la-panda at 2006-05-17 12:28
>kenさん、父親探しはよくあるネタですが、息子さがし(しかもいるかいないかわからない)ネタというのが、偶然重なるというのも面白いですよね。
しかしジム・ジャームッシュって年取ってきたんだろうけど、見た目はすごく若く見えますね。きっとずっとあのまんまなんだろうなあ。
「コーヒー&シガレッツ」の最終話は特に好きなエピソードです。
あんなにきれいに老人を撮れるなんて素敵です〜。
Commented by fonda127 at 2007-02-16 00:41
『ブロークン・フラワーズ』…よかったです。ら・ぱんださんの映画館でのご鑑賞、とてもうらやましいです。
ひょっとしたらアノおせっかいなお隣さんが全部仕組んだんじゃないか!?と思ったり、
実は出ていったばかりの元カノ(ジュリー・デルピー!!)が書いたレターかも!?って思ったり…。頭が膨らみまくりました。
ああ、いい映画に巡りあうと、ほんわかしますね。
Commented by la-panda at 2007-02-19 01:24
>fondaさん、そうそう結局どうなんだ?って結末の映画なんだけど、そういうのがもやもやしつつ、今となってはビル・マーレイのじんわりとせつない演技が印象深くのこっているいい映画です。
そういえば話は全然違うけど、ライフアクアティックでもビル・マーレイは息子だと名乗る男が突然現れるという役所だったりして、なぜだかこういう孤独の役も似合う人だなあと思ったのでした。
by la-panda | 2006-05-11 02:59 | 映画 | Comments(14)