只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

写真集「地球家族」

c0004181_1221427.jpgよく遊びに行く本屋ヴィレッジヴァンガードで、ふらふらしてたら、旦那が面白いものを見つけてきました。
「申し訳ありませんが、家の中のものを全部、家の前に出して写真をとらせてください」と帯に書かれた写真集。なんとそこには世界30ヶ国の、ほんとに家の前に家財道具全てを並べて撮った家族写真の数々が。
モデルは一応中流家庭らしく、カメラマンがその家族と一週間生活を共にしたときのレポートやスナップもあります。出版は1994年で、写真は10年以上前のものなのですが、この面白い企画と比較的リーズナブルな価格、迷わずゲットいたしました。
c0004181_1494132.jpg
はじめは所有物の内容に興味がいくのですが、建物や風景、ファッション、家族構成、生活様式や宗教の違い等、、、ほんとに様々で、見ていて面白い!
またこうして各国が横に並べられると、その貧富の差にあらためてびっくりします。
先進国の家庭内の物の多さは想像できるものの、クウェートには新車が4台並べられてるのに対し、アルバニアではロバが一頭しかいないという差とか。
(しつこいですが中流家庭)
日本では小さな家のなかに溢れんばかりの物がありましたが、それに文化的な統一感が見られないという、日本の特徴がよく表れている写真でした。平均所得はトップレベルなのに、何故か豊かさが見えてこないんですよねえ。

衝撃だったのが、ボスニアの写真。ちょうど内戦が続く時期で、銃を持った護衛兵ははいるわ、アパートや車は弾丸が打ち込まれてボロボロになってるわの前で、写真が撮られているのです。ボスニアやイラクの写真を見ると、この家族が今も生きているのだろうか?と思ったり。
そんな心を傷めたり、考えさせられたりもするのですが、やはりこれらの写真が魅力的なのはそこに住む人間を写し出しているからなんでしょう。
この本を見て、読んだ後は、何故か「明日からもがんばろう!」って思えるから素晴らしい。

知らなかったのですが、これ有名な写真集なんですね。ちなみにヴィレッジヴァンガードが書いたPOPは「ずっと売り続けます」でした。

そういえば本屋ヴィレッジヴァンガードですが、名古屋の1号店のときから通い続けてて、もう15年になります。(この本屋についてはまた別に語るかも)今や全国チェーン店なので知ってる方も多いのでは?北陸にもちゃんとあるのがうれしい。
どうか潰れないよう頼みますよ!ヴィレヴァンさん(笑)。

写真:表紙はマリ、裏表紙はロシア
[PR]
by la-panda | 2005-01-25 02:10 |