只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

「トランスポーター2」


どんな依頼品も正確に運び届けるという、
ジェイソン・ステイサム主演の運び屋シリーズ第二弾。
カーアクション目当てに観た前作がなかなか面白く、楽しみだった続編です。
今作は車はBMWからアウディへ、舞台はフランスからマイアミへとかわり、
しかも運んでいるのは物ではなくて、なぜか男の子という設定へ。
ストーリー展開はもうおばか映画の領域で大いに笑ってしまったのですが(笑)、
とにかくスマートなかっこよさにこだわったアクションシーンが痛快!
ジェイソン・ステイサムの暑苦しくないヒーロー像にほれぼれ〜な90分でした。

マイアミでジャックという大富豪の7才の息子を送り迎えする仕事をしているフランク。ある日ジャックの検診のため、病院へ連れて行ったのだがそこには罠が仕掛けられていた、、、。

フランクが自分で決めた運び屋としてのルールは

1,契約厳守
2.名前は聞かない
3.依頼品は開けない
そして
4.守れない約束はしない 

ジャックを守ると約束したフランクは、この4番目のルールを守るために、
それはそれは無謀なことをやってジャックを救います。
これが007ダイハードか、はたまたターミネーター2か!?(←この場合、シュワちゃんじゃなくて敵役の動きに似てた・笑)
いろんなアクションヒーロー達の美味しいところをいただいたようなアクションの連続を魅せてくれるんです。
でもどんなにぶつけても弾丸打ち込まれても、傷一つ無くピカピカだった劇中のアウディのごとく(笑)、
フランクはいつでもクールで硬派で強くあり続け、
スーツ姿も乱さない(もちろん着替えも用意)。
ここまでいくとありえないをとおりこして、逆に潔いというか、なんだか新鮮なヒーロー像でした。
あと子供が出てくるあたり、ちょっとベタなドラマがあるのかなあと思いきや、そんなでもなかったし。
1を観たとき以上に、改めてジェイソン・ステイサムってこんなに華があったんだなあと魅力を再確認しましたよ。

映像は切り替わりが激しく観づらいところもありましたが、
まるでMTVの映像をみているような感覚で、
こういうドライな演出も暑苦しくならない所だったのかもしれません。
特にオープニングクレジットはセンスよかったです。

そういえばTAXI2でプジョーが飛んだときも爆笑したけど、
今作のアウディとランボルギーニはそれを上回るありえなさを見せてくれて笑いました〜。
おそらくシリーズ化すると思われますが、オバカ度アップ大歓迎ですので(笑)、ぜひともまたかっこよさにこだわった作品を期待したいですね♪

監督   :ルイ・レテリエ
原作・脚本:リュック・ベンソン、ロバート・マーク・ケイメン
キャスト :ジェイソン・ステイサム、アレッサンドロ・ガスマン、マシュー・モディーン、ジェイソン・フレミング
製作年  :2005年(仏・米)
[PR]
by la-panda | 2006-11-23 02:17 | 映画