只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

レミーのおいしいレストラン (劇場観賞)


夏休み最終日に子供と観に行ってまいりました。
次の日は始業式というのにまだ読書感想文を書いていなかった息子に、「書き上げないと観に行かないよ!」っと脅してなんとか書かせて(笑)。
まだ一年生だし正直字を埋めておけばオーライなんですが、あまりにのらくらやってるのでほんとに観に行けないかと思いましたよ;あ〜でも観に行けてよかった。

天才的な味覚と臭覚をもったドブネズミのレミーは、「誰にでも料理はできる」という一流シェフのグストーに憧れ、いつかシェフになることを夢見ていた。
そんな中人間のネズミ駆除にあい、命からがら逃げ出したどり着いた先はなんとパリの
グストーのレストラン!
そこで働く料理が苦手な見習いシェフリングイニと出会うのだが、、、


毎度本編前の短編映画のクオリイティが高いピクサーですが、今回のも最高!
未知との遭遇のようなスケールのSFものかとおもいきや、オバカで単純な内容に会場爆笑。オチもブラックで素敵でした〜もうだあーい好き♪

さてレミーの方ですが、なんといっても設定がぶっ飛んでますよね。
シェフを夢見るドブネズミ!?
しかもネズミの世界だけのお話しでなく、人間の世界とも交わってるという。
というか、人間世界のほうをメインに描いてる。c0004181_4285229.jpg
料理の美しさ&パリの夜景の美しさ(これが素晴らしい→)に、
ドブネズミ集団の妙にリアルな映像が共存してるように、
えっ!?そんなシーンありなの!?
そんな展開ありなの!?
ってな所もあって、ある意味驚かせてくれる映画です。


楽しめたシーンはなんといってもレミーがはじめて厨房に入っちゃうシーン。
c0004181_4284173.jpg
見つかったら駆除されるというドキドキ感と、ネズミ目線からみたスピード感ある料理風景がエキサイティング!そしていかにしてレミーがリングイニを操作して料理をつくるのか?このシーンのリングイニの動きにはおおいに笑わせてもらいました。


このお話単純にレミーとリングイニの成長&友情物語でないところもあって、
大人じゃなきゃ〜わかんないだろうなというヒネリがきいたものでした。
正直ラストは個人的に好みの展開ではなかったし、過去ピクサーの中で一番よかったというわけでもないのですが、実は一番号泣してしまったという、、、ってかこの映画はそんな泣けるお話しでは無いんですけど;;;。




誰に泣かされたって、辛口料理評論家アントン・イーゴ様ですよ。c0004181_4344584.jpg
彼がラタトゥユを食べて母を思い出すシーン。
忘れかけていた料理の楽しみ方を思い出すシーン。
悪役である立場の彼が最後に言った台詞はほんとうに感動しました。
この吹き替えをやった家弓家正さん(世界不思議発見の人)も味があって素晴らしかったです。

私もイーゴと同じく料理って選ばれた才能のある人がつくるモノだと思っています。プロの料理人は然り。

でも私もそんな才能はないが毎日つくって人に食べさせてるわけで、
この映画を観て母として私がつくる料理が、いかに子供に影響しているのかを考えさせられてしまいました。
私の料理を食べてくれる子供達の顔とダブってしまって、わけわからず涙が止まらなくなってしまって、、、。
私はなんでも食べる好き嫌いの無い子に育てたいという願望が人一倍強いので、
好き嫌いの多い子供達に食事中「残すな」等口うるさく言ってしまって、いつも楽しくない食事風景になってしまってるんです。
だけど自分の努力はどうなんだ?ってとこなんですよね。
私の味覚は鈍感だからきっとおいしいとは言えないだろうし(笑)、料理はちゃんとやってはいるけど、日々作業化しててレパートリーは増えないまんまだし。
うまくいえないけど、とにかく完璧な味付けじゃなくても、レパートリーが少なくても(笑)、
辛い食事風景が記憶の奥に残らないように、食事の楽しさを教えてあげれるよう私も楽しんで料理したいなと思ったわけです。

そう、誰にでも料理はできる!なのですね、がんばります!グストー様(笑)。

監督・脚本:ブラッド・バード
制作総指揮:ジョン・ラセター
製作年:2007年(米)V
[PR]
by la-panda | 2007-09-09 04:47 | 映画