只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アヒルと鴨のコインロッカー


「一緒に本屋を襲わないか?」
この台詞に妙に惹かれて観た映画です。
あえて万引きじゃなくて、襲うなんて(笑)。

ご存じ人気ミステリー作家、伊坂幸太朗
『アヒルと鴨のコインロッカー』の同名映画化作品なんですが、
これが期待通りの面白さ!
この映画にはあるトリックが隠されているのですが、
このトリックが原作ではどのように表現されていたのかを味わいたくて、
文庫本まで買ってしまいました。

大学進学で仙台のアパートに引っ越してきた椎名
ボブ・ディランを口ずさみながら片付けをしていると、隣に住む長身の男河崎が声をかけてきた。
「一緒に本屋を襲わないか?」
断りつつも結局モデルガン片手に本屋の裏口に立つことになる椎名だったが、、、。


本屋を襲ってまで手に入れたいのはなんと広辞苑
最近彼女がいなくなって寂しい思いをしているという留学生のブータン人に広辞苑を贈るためだという。
断片的に河崎から語られるブータン人と彼女のストーリー
それと椎名が体験していく奇妙な出来事
どちらもどこか非現実的で滑稽で笑えるのですが、
だんだんと全体像が見えてくるとこれが思いもよらない方向へ、、、くぅ〜やられました。


原作の方はというと、椎名が語る現在と、
ブータン人の彼女琴美が語る二年前とが、
同時進行で描かれる形となっていて、
映画では描ききれてなかった登場人物たちの背景や心情を、
より深く味わうことが出来ました。
やっぱ原作の力は大きいなあと思ったのですが、
それでも映画はそれぞれのキャラクターの雰囲気をよく出していたなあと。
特に瑛太はナイス配役だったし、
個人的には原作知らずに映画を観れたのはラッキーだったと思います。

なによりボブ・ディラン「風に吹かれて」が実際に流れるのがいいんですよねえ。
これお話の中で非常に重要なアイテムなので何度も流れるのですが、
前半と後半では全然違うトーンで聞こえてくるというマジック!
10回歌いながら本屋を襲うシーン、特に終盤はグッと来ましたね〜。
おかしくもちょっと残酷で、全体的に切ないストーリー。
なるべく前情報無しに観ることをオススメします。

そうだ、見終わった後ボブ・ディランを何度も口ずさむ注意報出しておきますね(笑)。

監督・脚本:中村義洋
脚本:鈴木謙一
原作:伊坂幸太朗
キャスト:瑛太、濱田岳、関めぐみ、松田龍平、大塚寧々、眞島秀和
製作年:2006年
[PR]
Commented by shindouxxx at 2008-02-26 23:39
うひゃ!  ボブ・ディランの文字が〜〜〜(笑
気になってたんです。
さっそく観たいと思います。  ありがとうございま〜〜〜っす!
Commented by la-panda at 2008-02-28 03:11
ディラン信者のshindouxxxさんには是非是非♪とコメントしようと思ったら、なんと早速ご覧になったんですね!しかも原作まで(早っ!)
うれしいです〜ネタバレ厳禁映画なんで感想が書きにくかったですが(笑)観た後人にはできるだけ優しくしてあげたいななんて思いました。
映画って原作ファンにはあまり評判良くないものですが、これはうけがよかったみたいです。
Commented by yu_bo_ at 2008-02-28 20:23 x
こんばんは。旧姓いもすけ山です。諸事情あって名前変わりました。今後ともよろしくお願いします。
これはまた面白そうな映画で。本屋襲って狙うは広辞苑というのがすごい設定ですね。機会を見つけて見てみたいと思います。
Commented by 033_MFS at 2008-02-29 00:59
ネタバレしないように気を遣ってる感想が好奇心をそそります(笑
本屋を襲うなんて、お勤めされてる立場からするとどうなんでしょうか?
それにしてもトリックはさっぱり読めないわー。
瑛太は大河ドラマでちょっと情けない役を見て好感を持ちましたよ。
Commented by la-panda at 2008-03-02 00:07
>yu_bo_さん、誰かと思いましたよ、またよろしくお願いします。
好奇心そそられる設定ですよね。広辞苑は万引きするにしても大きくて大変ですからねえ、ってそういうことではないんですが。
そしてなんのことなのかこのタイトル?
ぜひご覧になってくださいませ〜。
Commented by la-panda at 2008-03-02 00:18
>033さん、えへへ、興味を持ってくださいました?深夜の閉店間際を狙うんですが、へっぽこ本屋に店員一人だから、まあ万引きで楽勝なんですけど。一体なにが起こるのか、、、観てのお楽しみですよ〜。
瑛太いろんな役観ましたが今回はほんとうまいなあって思いました。
あと濱田岳の、のせられちゃう純朴な青年目線がいいですよ。
Commented by 小夏 at 2008-03-02 12:39 x
私は原作しか読んでないのですが、あの原作の複雑なプロット(いや、別の意味ではものすごく単純だけど・・・笑)を“映像で”どのように表現しているのか非常に興味があります。
原作でも終盤の展開には思わずグッと胸がつまってしまいました。河崎~!
冷静になって考えてみれば全然悲しいシーンじゃないのに、これって氏の筆力の賜物ですかねぇ・・・伊坂氏作品では必ずラストで涙腺が緩んでしまう私です。
今度、ちゃんと映画版も見てみますね~
Commented by la-panda at 2008-03-02 23:04
>小夏さん、さすが伊坂作品は押さえてらっしゃいますね〜、そうそう実はものすごく単純なしかけなんですよね、映像は案外潔くてなるほどそう来たかと感心するかもしれません。
もうわかってらっしゃると原作で味わったときほどの思いは薄れるかもしれませんね。大塚寧々の無表情さは麗子像にピッタリだったけど、小説の方が彼女の気持ちが伝わりやすいかもしれないし。
でもきっと河崎と椎名の出会いのシーンにはニヤリとしますよ〜。
Commented by samurai-kyousuke at 2008-03-08 08:59
ディラン好きなので気になってました。
瑛太くんは「アンフェア」が印象的でしたね。
さっそくレンタルDVDで観賞します。
Commented by la-panda at 2008-03-08 19:25
>samurai-kyousukeさん、ディラン好きがココにも!
「アンフェア」お好きでしたよね?私は1/3見たか見ないか位なのですが、瑛太くんの正体はビックリでしたよね。(まあ皆怪しかったんですけどね)あれってきっと最初は結末知らされずに撮影するんですよね。
私は「サマータイムマシンブルース」が観たいなと思ってます。
Commented by borderline-kanu at 2008-04-21 23:22
お久しぶりです!
瑛太も良かったんですけど、濱田岳が椎名のイメージにぴったりでした(^^)
「神様を閉じ込める」とか「欲しい本があったら本屋襲ってでも・・・」とかドルジが琴美に影響受けてるというのが分る台詞がさりげなくあって、何度も観たくなるタイプの映画でした。 カヌ
Commented by la-panda at 2008-04-22 22:01
>カヌさん、確かに構成は違っても、台詞がそのままなのが大きく雰囲気が異ならなかった点で、伊坂ワールドそのままなんでしょうね。
前半はもうおもいっきり濱田岳の椎名目線で観てました。
一度しか見てませんが、もう一回見たらまたいろんな発見があっておもしろいだろうなあ。
Commented by meme33chev at 2008-06-12 22:27
lapanda様のブログステキですね!勉強になります!楽しく参考にさせてもらってます(*´з`*)ノ゙!!!!伊坂さんの小説が好きでアヒルと鴨のコインロッカー原作読みました!映画は見てなくて、ぜひ映画も見ようと思います。ディランの声は神様の声なんですね(´ω`*)
これからも楽しみにしてます( ,,^ω^人^ω^,, )また遊びに来ます!
Commented by la-panda at 2008-06-14 18:26
>meme33chevさん(もっと短い読み方でいいのかしら)、レスが遅れて失礼いたしました〜コメントありがとうございます。
そしてここにも伊坂ファンが!さすがに人気ありますね〜。私は皆さんほどは知らないんですよ、でも片っ端から読んでみたいです。
しかしこういうお話にディランってよく似合いますな〜リアル世代ではないのでえらそうに言えませんが、彼の声には確かに心揺さぶられますね。
私は感想も大したこと書かないし、たいしてオリジナリティもないブログだと思っていて、私こそ皆さんに勉強させてもらってるという感じなんですが、それでもこうやってコメントいただけるのは嬉しいです、ありがとうございます♪
Commented by samurai-kyousuke at 2009-06-12 21:24
ずいぶん時間がたってしまいましたが、やっと観ました。
瑛太くんの「ディラン?」(2度目の)には涙腺が・・・。(笑)
Commented by la-panda at 2009-06-14 11:19
>samurai-kyousukeさん、同じシーンがまったく違ってみえるというマジックでしたね。こういうどんでん返し大好きです。
by la-panda | 2008-02-26 22:36 | 映画 | Comments(16)