只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ONCE ダブリンの街角で


沈みそうな船で家をめざそう、まだ時間はあるから
アカデミーオリジナル歌曲賞を受賞した曲「Falling Slowly」
は見終わった後も何度も頭に流れてくる印象的なバラード♪

他にも曲が沢山流れてきますが、
淡々としたドキュメンタリータッチな映像とあわせて流れてくる歌は、
どれもエモーショナルで熱く、なぜか心を揺さぶられてしまうものばかり。
見たこと無いような不思議な感覚でしたが、素敵な映画でした〜。
これは音楽好きにはたまらない映画ではないでしょうか。

舞台はアイルランドダブリン。昼間は他人のヒット曲を歌うが、夜になると自作の曲を歌うという、穴の開いたギターで弾き語りする男の前に、一人の女性が足を止める。
チェコの移民である彼女は楽器店で少しだけピアノを弾かせてもらっていた。
二人は楽器店で一緒に演奏をはじめて。。。


そういえばこの映画登場人物の名前はでてこなくて主演の二人もGUY GIRLなんです。

冒頭のひったくりに遭うシーンが笑えます。追っかけてつかまえたのに、結局あげちゃうところ、男のキャラをよくあらわしてるなあって。
この男の歌う歌詞って、別れた彼女のことに未練たれたれで、結構辛気くさいんだけど(笑)、
メロディはなぜかポジティブに感じられるものがおおくて、なんといってもちょいハスキーな声が魅力的!

結構強引でちょっとシツコイ性格?な女子の方は前向きキャラ。
でも歌詞からはやっぱり辛い過去が見えてきたりして。

彼女が夜中にCDプレーヤーの電池を買いに行くシーンがすきです。
男の作った曲に乗せて、即興でつくった歌詞をうたいながら夜道を帰る。
ココだけ見るとなんでもないPVのようですが、凄く引き込まれました。
他の歌のシーンもそうだけど、どの曲もしっかりフルコーラスで流すんですよね。
普通の映画じゃあり得ないかも。
でもそれがメインなので、曲にのれないひとには退屈な映画かもしれません。
c0004181_19282738.jpg
二人が楽器店で音と声を重ねていく「Falling Slowly」は本当に美しかったし、「WHEN YOUR MINDS MADE UP」のスタジオでバンドがセッションしていくところなんてすごい高揚感でワクワクさせられました。


音楽の力の源は恋愛感情から来たものだとおもうけど、
この映画は恋愛映画としても、サクセスストーリーとしても結果を出さないところが憎い。
ONCE、音楽を通じた特別な出会いは奇跡のようでなんとも愛おしいなあと思わせてくれます。
ああ私にもこんな音楽の才能があったらなあ(関係ない・笑)

ちなみに主演の二人も監督もミュージシャン。
なるほど音楽を大事にした映画なわけです。

033さんところで知ったのですが、c0004181_1931598.jpgこのGUY役のグレン・ハンサードって「ザ・コミットメンツ」にでてたんですねえ。
ええ、もちろん大好きな映画でしたとも!
コミットメンツのラスト、その後のメンバーの姿のところで、バンドのギタリストだった彼はその後ストリートで歌うところが映し出されていたそうです(←ここあまりよく覚えてないのですが)、なんか今に繋がってて嬉しいですね。

公式ホームページで少し音が聴けます。
サントラ欲しいぞ。

最後にクルマの話なんですが、カーステチェックとかで古いワゴンのベンツに何人も乗り込んで海に行くシーンにじんわり。。。
あれみて、ズタボロパンダもう少しがんばって乗り続けようと決心いたしました。
実は今年車検で悩んでいたもので、、、こういうきっかけで決まるもんですね。
めでたしめでたし♪

監督:ジョン・カーニー
主演:グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ
製作年:2006(アイルランド)
[PR]
Commented by shindouxxx at 2008-06-08 21:25
いい映画ですよね。下高井戸まで行ってみたかいがありました(笑
オレにも、わかってくれるステキな女性が現れないかな〜〜〜(爆笑)
Commented by la-panda at 2008-06-09 01:35
>shindouxxxさん、話題になったせいか、映画館では大盛況だったようですね。これ製作費は1800万なんだとか!俳優ではあの歌の魂までは表現しきれないかもしれないですね。
あと書ききれませんでしたが、お父さんとのシーンは私も泣けました。
人生いつでも出会いとチャンスは訪れる〜!!!(笑)
Commented by kiyotayoki at 2008-06-09 10:02
アカデミー賞の授賞式で歌ってるの聴きましたが、あの二人の醸し出す雰囲気がそのまま映画になってる感じでしょうか。。。
『ザ・コミットメンツ』、サントラあるので、久しぶりに聴いてみよっかな(^~^ゞ
Commented by thin-p at 2008-06-10 00:11
サントラ、見終わったあと、劇場で即買いでした。ぜひ!(笑)
そうそう、グレンのバンド、The Frames バージョンのFalling Slowlyがここで聴けますよ。
http://www.myspace.com/theframesofficial

この映画には、僕の永遠のヒーローもカメオ出演(?)してます(笑)
Commented by la-panda at 2008-06-10 21:52
>kiyotayokiさん、授賞式のイメージが残っていると言うことは好感触ですね♪見てないのですが、なんとなく想像つく気がします。二人は結構歳の差あるみたいですけどね。ハモると綺麗なんだなあ。
コミットメンツのサントラをお持ちなんですか!いいなあ、聴きたくなってきました。ってかまた観たいな、ラストシーンも。

Commented by la-panda at 2008-06-10 21:56
>thin-pさん!おひさしぶりです〜、最近更新良くされているので覗いてますよ〜。
The Frames 早速聴きに行きました、他のも聴いてみたし、毎度いろいろ情報ありがとうございます。
バンド演奏もいいけど、映画バージョンのほうがいいですね。

永遠のヒーローって!?カメオ出演?教えて〜(笑)
Commented by thin-p at 2008-06-14 01:38
お待たせしました。
永遠のヒーロー、それは、Thin Lizzy の Philip Lynott であります。

劇中、バンドのメンバーを捜しにダブリンのストリートで演奏してる連中に声を掛けるシーンに、Statueになった彼が出演(?・笑)してます。

あのStatueは、彼のお母さんが発起人になって世界中のファンが募金したり署名運動なんかを手伝って、死後19年と半年経った2005年にあの場所に立てられました。
僕もすご〜くささやかながら、それに協力させてもらいました。

それがこの映画に登場するなんて知らずに見てたから、映った瞬間、思わず声を上げちゃって、ここだけの話しだけど、そのあとちょびっと泣きました(笑)

あ、申し送れました。僕のハンドルは、そういう意味です(笑)
Commented by la-panda at 2008-06-14 18:39
>thin-pさん、おおっ、そうだったのですね!そういえば、、、と過去記事を読みに行って納得。像の事も記事にしてらっしゃったんだあ、ちょうどブログで交流が始まるあたりにありましたありました。

シン・リジーしかコピーしないバンドとの交渉のシーンはよく覚えてるんですが、像の事まで気がつきませんでしたよ、もう一回観てみたいわ。撮影がちょうど建てて間もない頃なのかな?きっとかなり意識して出演?させてるんでしょう。知らずに観てたら登場!なんてほんとに感動ですよね。
深イ〜イお話(笑)をありがとうございまーす。
Commented by 033_MFS at 2008-06-17 01:05
クルマに乗り込んで海に行くシーンいいですよね~。あのスタジオ・エンジニアが実にいい男だなぁと(笑
la-pandaさんの継続車検を決意させるなんて!
コミットメンツのラストはうろ覚えだったのでチェックしちゃいました。
Onceの冒頭と同じストリートで歌ってましたよ~嬉しい繋がりでした!
Commented at 2008-06-17 01:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by la-panda at 2008-06-17 20:21
>033さん、あのスタジオエンジニア、「変な奴らの録音に付き合ってる」っていってたくせにに途中からニヤリとするシーンにニヤリですよね。海のシーンほんとよかったんですよ〜。ああいう空気を出せるくるまってそうないなと思ったんです。でもいろいろ不安はありますけどね;
コミットメンツDVDお持ちなのですね。同じストリートなんて、きっと狙っていたに違いないですね。

それにしてもR.E.M.観に行くのですね!毎度ながらその行動力かっこいいっす〜とにかく気をつけていってきてくださいね。そしてレポを心待ちにしておりますよ。いいなあ。

by la-panda | 2008-06-08 19:52 | 映画 | Comments(11)