只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

フジロック一日目から無事帰って参りました〜。
記念すべき初年度のフジロック二日目のチケットを手にしながら、
当日になって台風で中止と聞かされ無念の涙をながしてから10年。
やっと子供と一緒にいける日が来た〜と夢にまで見たこの日をほんと待ちかねてました(涙涙)。
28日は降水確率100%という予報だったのでとにかく天候が心配だったのですが、
少し降った程度で暑くもなくほぼ快適に過ごせ、最高の一日が過ごせました。
レポらしいことはかけませんが、記録ということで以下行動順にかいていきたいと思います。
実は私が持っていたデジカメ(オンボロだったけど)をおとしてしまったので、写真があまりないのですが;

c0004181_13321785.jpg朝5時車で富山を出発。会場近くのみつまた駐車場からシャトルバス利用で、10時すぎには会場につきました。
会場に近づくと色とりどりのテントの数々が圧巻でもうそれだけでウキウキ気分。
ああ、やっと着いたんだ!!!
リストバンドをゲットしいよいよ入場。
入口にいたMTV ROCKSのbooさんに手をふってもらいましたよ(笑)。
     ⇩
【まずはドラゴンドラへGO!】
早かったので、並ぶこともなくすんなり乗車できてラッキー♪
頂上まで20分近くありましたが、まずは景色の素晴らしさと会場の大きさに感動!
そして意外にも遊園地の乗り物よりもスリル満点で楽しめました。
息子とキャーキャー騒ぎながらのってる横で、高所恐怖症の娘と旦那はかなりびびってましたね(笑)。
すれ違うゴンドラに手を振ふると、振りかえしてくれる人の確率90%、みんなフレンドリーです。
      ⇩
DAY DREANING到着】c0004181_13325797.jpg
ドラゴンドラを降りると動物着ぐるみが握手でお出迎えです。
ここは天空の楽園といわれるだけあって、緑が綺麗で霧がかってたりしてなんとも幻想的な空間。
着ぐるみやお兄さんお姉さん達と花いちもんめしたり紙芝居観たり買い物したりして、しばらくのんびりすごしました。
紙芝居をみている私たちの写真がFUJI EXPRESS BLOGにのってます。左から4人が私たち家族です(旦那隠れてるけど)。
子供達に駄菓子と光るペンダントを購入しましたが、この光り物が後の夜のステージで大活躍でした。
     ⇩
THE SPINTO BAND ライブ観賞】c0004181_13333024.jpg
ドラゴンドラで戻ってくると、ちょうど12時半。そのままRED MARQUEEになだれ込み、THE SPINTO BANDをフルで観ました。
子供いるので後ろの方で、、、と思いつつ、結構余裕があったので右端中くらいまで進み(大胆;)、メンバーの顔もよく見えるところで踊りまくりました。
さえないおじさま風のメンバー(笑)はコミカルに良く動いてて、頭振り振り、紙風船とばしたりして楽しませてくれ、とってもハッピーハッピー♪なライブでしたね。
なんといっても曲がいいっすよ〜。OH MANDYはラスト近くでやってくれましたが、感動したなあ。
子供達は交互に旦那が肩車。予習はばっちりだったので、彼らもノリノリでした。
そういえば誕生日だったメンバーに会場のみんなでハッピバースデーを歌う場面もあり、雰囲気暖かかったなあ。ライブ画像はこちら(あれ?前に写ってるの、もしかしてshindouxxxさん!?)
      ⇩
【昼食&休憩タ〜イム】
RED MARQUEEの前の木陰で椅子とシートを敷いて、ワールドレストラン&OASISにていろいろ調達。このときもあまり混んでなく、すぐに買えました。
メニューはパエリア、キッチュ、プリンスホテルのカレーライス等々、、、みんなでつつきましたが、子供達は結局ウインナーとかポテトとか、どこでも食べられるものばかり食べてましたね(笑)。
カレーとパエリア美味かったです♪
ここでトイレ行ったり、シャボン玉とばしたりして、結構長いこといたかな。
ちなみにRED MARQUEEからは次のMARTHA WAINWRIGHTのアコースティックライブの演奏がきこえてきて、良い気分でした。ヴォーカルの声素敵でした。
      ⇩
KID LANDで遊ぶ】
メリーゴーランド、遊具等々おいてあり、一通り遊んだ後、世界の変わった楽器をお兄さんお姉さん達と一緒に楽しみました。
みんなで不思議な音をならしながら、ぞうさんになったりして。
そこはまるでUAのドレミのテレビの世界のよう。
ちなみにバックではアジカンのライブの演奏が。観ることは出来なかったけど、しっかり一緒に歌いました(笑)。
      ⇩
GYPSYまで移動&探索】c0004181_13335752.jpg
こんなの→がいっぱいいて楽しい〜道のりでした。この時間になるとすれ違う人だけでもすっごい人!
道中のところ天国ではジュース&フジロックパッケージのミネラルウオーター購入。これいっぱいかっておみやげにしても良かったかな。
ホワイトステージ横をとおると、TOMMY GUERREROのライブが。よく観られなかったけど、かっこいい音ならしてて、すっごい人で盛り上がってました。
      ⇩
TARASHCAN SINATRASライブ観賞】
GYPSY AVALONは太陽光やバイオディーゼルなどのエネルギーを使ってるというステージだけあって、ちいさいスペース。
なので、すでに人いっぱい埋まってました。後ろの方でやっと腰をおろして観賞。
シンプルなアコースティックライブにうっとり。着いたのが遅かったので演奏も後半だったのが残念〜トラキャンは昔の曲しかなじみがなかったので知ってる曲も少なかったけど、メロディの美しさと声に心癒されるます。あっ、寝たくなるのも解ります(後方は寝てくつろいでいる人多数・笑)
この会場は手作り系のフリマやワークショップがいっぱい並んでいて、フジの目指す環境に優しくという、のんびりして自然な空間でしたね。ライブ画像はこちら
      ⇩
BOAD WARK歩く】c0004181_13351752.jpg
FIELD OF HEAVENORANGE COURTまで足を伸ばすことはできませんでしたが、ホワイトからグリーンへ抜ける道として利用、
ここ一度歩いてみたかったんですよ〜ちょっとした森探索気分を味わえ楽しかったです。
道には落書きいっぱいしてあったけど、好意的なものばかりで逆に微笑ましかったですね。フジロック愛してます!みたいな。
c0004181_13353910.jpg
黄色いピカチューの落書き発見で娘が興奮!(笑)。
      ⇩
GREEN STAGEへ移動し陣取り】
前半はとにかく子供にあわせたスケジュールにしましたが、いろいろ探索できて満足。
さあ!残すはDPT&JET&フランツのライブです。
ステージ向かって右手中程を陣取り少し休憩しました。(この時点ですでにREDで行われていたCRIBSライブには間に合わず・残念!)
このときよろず日記のukmaniaさんとなんとか連絡がとれお会いすることが♪
ブログで想像するとおり、気さくでチャーミングな方でした。ukさんタワレコタオル降っていただき(笑)ありがとう。

すでにあまりに長くなったので、興奮の夜のライブレポは後半へと続く。
続くったら続く。。。




[PR]
by la-panda | 2006-07-30 13:51 | Fujirock
今日の息子の合宿なんとか晴れそうでホッとしています。
この調子で苗場の方も晴れてくれると良いんだけどなあ。
今日は仕事はお休みなので、ついつい夜更かしをして過去のフジのライブ映像なんかを観ておりました。朝弁当つくらにゃいかんのに大丈夫か!?

さて私のフジは28日(金)一日参加、しかも子連れ参戦ということで一体どうなるかわかりませんが、可能であればお会いしたい方々もいらっしゃるので、一応見る予定のアクトを書いておこうと思います。

12:40〜THE SPINTO BAND(RED)
先ず最初はこのバンドでGO!
それまでは時間に余裕をもっておこうと思います。
美味しいもん食べるぞー!

14:00〜フジ探検&キッズパークで遊ぶ等々。子供達をドラゴンドラにも乗せてやりたいな。

16:00〜TRASHCAN SINATRAS (GYPSY)
いよいよライブ三昧の時間帯です。
この時間はアジカンCRIBSが重なってるのでどうしようかと思いましたが、アジカンは一度観てるし、トラキャンゆるゆるモード?ですごした方が無難かなあと。
終わったらすぐにCRIBSに向かいたいけどちょっと子供連れは無謀かしら;(笑)
う〜ん、この時間帯忙しすぎだわ。でもどれも観たいよ〜。

17:30〜DIRTY PRETTY THINGSJETFRANZ FERDINAND(GREEN)
最後はこのGUREENの流れで。CRIBS観たならDPTには間に合わないでしょうけど。
JETとフランツの間にZUTONZ入るんだけど、フランツしっかり観たいから無理はしないでおきます。
ってかZUTONZのCDどこ行ったんだ!?しっかり予習できなかったじゃないか〜。
c0004181_3512147.jpg

以上。残念ですが日帰り組はここでさよならです(涙)。
まあ一応こんな風に考えておりますが、あくまで予定。無理せずゆるゆるでいく予定でーす。
果たしてフランツまで子供達起きていられるのかしら、、、(笑)。

[PR]
by la-panda | 2006-07-26 03:54 | Fujirock

あちらこちらでCOLD PLAYのライブレポがあがっていますがもう読むだけでおなかいっぱい。いや〜堪能させて貰いました〜。
それぞれにコメントできなくてすみません。皆様詳細レポありがとうございました!
bbさんa24oppさんcarrionさんkurtさんnishi9ra033さんukmaniaさん
皆さんの読んでるとコープレはやっぱりライブバンドなんだなあということが解りますね。
く〜っ、何故その場に私がいないの〜て感じですよ(涙)。いつか私もYellow涙で歌いたい!
そしてクリスの怪しい動きを、、、いやいや(笑)神々しい曲達を、生で体験できる日が来ますように!

でもコープレは我慢できてもU2は我慢できない!
ってことで、話を強引にもっていきますが(笑)、
やっとU2の振替公演の日程が決まったんです!パチパチパチパチ〜
ああ、よかった、ちゃんと来てくれるのね。安心しましたよ。
とりあえず時期的に子供のお遊戯会とぶつからなきゃいいなと思っているのですが、3日あるので、どれかには調整できるでしょう。
う〜ん、待った分だけ弾けそうだわ。良い席とれますよーに。


さあ!その前に来週はいよいよFUJI ROCK FESだあ!
といってもまだ何にも準備していないのでええ加減準備しないと;
(その前に息子の合宿の準備もしないと;;;)
来週も毎日雨のようで、とにかく天候が心配ですよね。
晴れたとしてもかなり地盤悪そうだし。
私の行動予定は子供次第ということでとにかく無理はしないつもりでいます。
なので細かい行動予定表は書けませんが、
きっとGREEN&RED(予習もこの辺までにしました・笑)&キッズパークあたりをうろうろししている事でしょう。
参加される皆さん、忘れられない夏にしましょうね。
おっと、明日こそてるてる坊主作ろ。
[PR]
by la-panda | 2006-07-23 01:38 | 音楽

ラーメンズの第15回公演「ALICE」がDVD化されていたので、レンタルしてきました♪
お笑いブームの中、あまりゴールデンタイムのテレビを観ない私は、その手の話題に全然ついて行けないのですが、
(オリエンタルラジオも最近知りましたし;でもなかなか面白いね彼ら・笑)
こんな私が唯一、長年愛し続けているお笑いコンビがラーメンズなんです。
いや、お笑いコンビなんて言葉似合わないなあ、
お笑いパフォーマーとでも言うべきかしら(笑)。
出会いは古く「たけしの誰でもピカソ」という番組でしたが
明和電気との衝撃の出会いもこの番組でした・笑)、
なにせテレビではなかなかお目にかかれない二人。
この年一回ペースで定期的に行われる舞台公演もなかなか全国は回ってくれないので、
いつか、いつか!生で体験するのが私の夢となっているのです(←また大げさな・笑)。
ラーメンズの全仕事が知りたい方はこちらへ〜

毎度前置きがながいんですが、とにかく楽しみにして観たこのDVD、
それぞれ違うカラーの7つのコントは全て爆笑ものでした。
長くなるけど、全コントの感想かいちゃいます!

1.「モーフィング」
別れの挨拶を交わす男二人という場面からはじまりますが、いつのまにか次々場面展開していく言葉遊びのようなコント。
予期せぬ方向に展開していくスピード感とゆるめ方、そしてと二人の息のぴったりさに感心。

2.「後藤をまちながら」
矢印良品のバイト、ゴトーくんの誕生日を祝おうと集まった店長?ハセガワさんとオカダ君のコント。
空回りにばかり終わるハセガワを演じる片桐さん、ほんとはまり役です。ハセガワ、いい奴なんだけどなあ(笑)。

3.「風と桶に関するいくつかの考察」
私的一番のお気に入りコント。題名通り、風が吹くとなぜ桶屋が儲かるのか?を検証します。
一人がナレーション、一人がパントマイムで進行するのですが、その進行のスマートさと内容のばかばかしさ、
そしてくるかな?くるかな♪と観てるうちに突然訪れる結(オチ)が最高!
アドリブ色は少ないですが、ほんと完璧な脚本です。

4.「バニー部」
恒例ネタというのかな?小林さんのアドリブ連発って感じの壊れたキャラクターに爆笑。
めっちゃキモイのに、色っぽかったり男っぽかったり時には妙に可愛かったりする不思議(笑)。

6.「イモムシ」
イモムシと男のペアで何らかの競技!?をしているらしい。
とにかく芋虫レイコがキュート♪照れて体をくねらせたり、乙女心をかわいくいじらしく?演じる小林さん、ほんと芸達者だわ〜。
そしてその乙女心に気がつかない片桐さん、なんだか男っぽいし。
最後に二人が挑む難度の技「メタモルフォーゼ」もちゃんと披露してくれましたが、それがどんなのか想像してるまでの方が楽しかったかな(笑)。
でも競技の演技にはいろんな小ネタもぎっしり詰まってて美味しかったです。
アクションの激しさに目がいって、聞き流したネタもいっぱいあったかも〜。

5.「甲殻類のワルツ」
ロマンティックなタイトル?からは想像できない甲殻類系のかぶり物を用いたコント。
ちょいわる風のサソリに扮した片桐さんが「働かせてください」と小林さんにお願いするも断られ、それでもめげずにロボスター、伊勢エビ、、、と次々七変化を見せていくというネタ。
「土日全然OKっすよ〜」の安うり全開なザリガニ君、かわいかったなあ。
芋虫レイコにしてもこの甲殻類にしても、どうも人間外のネタはツボ直撃だわ。
ひっぱってひっぱってラストがハサミーマンというのが、ちょっとずっこけましたけどね(笑)。

7.「不思議の国ニホン」
キター!「オヒサシブリデス」の登場に思わずガッツポーズしちゃいましたよ(笑)。
どこ出身?ってな怪しい外国人講師が、47都道府県を解説する「日本語学校」、20分近くもあるコントなのに、全然飽きさせないのはさすが。
いくつかの県はスルーされてましたが(笑)、そのときの片桐さんの顔芸のおかげで、一県に2笑いはありましたね。
私の爆笑ポイントは、名古屋県、横浜県、きりたんぽ&ほうとう←何それ?実態、桃太郎の鬼退治、ドイツ村、日本3大名字っぽい県名、宮沢和史、くまぽーん!等々。。。
あっ、そうそう富山県のキャッチフレーズをこれで初めて知りました。
「いきいき富山」だったのね;突っ込まれて当然だわ。
「住人の半分おじいちゃん、もう半分はおばあちゃん!」(笑)


全体的にシュールな笑いと言うより、独特なキャラクター達によるわかりやすい笑いが多かったような気がします。
舞台ではラストにALICEの作文をやったんだそうで、これDVDでも観たかったなあ。
どんなのだったか観た方、いらっしゃったらまた教えてくださ〜い。
[PR]
by la-panda | 2006-07-17 01:25 | アート

カーズ(吹き替え版)を観に行ってきました!
(以下久々の映画感想故、長文です;)
大好きなピクサー作品というだけで物凄い期待をしてしまう私。
本屋さんにもカーズ関連の本が数多く置かれていますが一切開かず、
内容もチェックしないまま映画館に挑みました。
なので監督が「トイ・ストーリー2」ジョン・ラセター監督ということさえ後で知りました(笑)。

車の擬人化というアニメはよくあるし、絵から想像するにかなり子供向きな作品かなと思っていたんですが、
ふたを開けてみたら、最新のかっこ良さノスタルジックな世界が共存した、むしろ大人が喜ぶ映画だったと言えるかもしれません。
車に関する小ネタも満載だし、もう申し訳ないけど子供以上に大笑いさせて貰いましたよ。
いやもう、やっぱりピクサー最高!

自己中で自信過剰なルーキーのライトニングマックイーンは、ピストンカップ初の新人王者を期待されていたが、タイヤトラブルでライバルと同着一位という結果に終わる。
改めて一週間後カリフォルニアで決着をつけることになったマックイーンは、トレーラーにのりこみカリフォルニアへ向かったが、
途中のアクシデントにより、高速から離れたルート66沿いのラジエータースプリングスという街に迷い込んでしまう。。。


この映画には人は全く出てきません。そこらに飛んでる虫さえ車という徹底した世界観(笑)。
車と人間との関わり合いでなく、キャラを人間に置き換えても立派に成立する、友情を通した若者の成長物語なんですね。
でもそこをただの友情物語には終わらせないところが、さすが「トイ・ストーリー2」の監督さんであります。(以下はネタバレ感想にて)

意外にも車のデザインは本物にかなり忠実でした。
愛らしい顔は描いてあるけど、そのキャラの性格や感情はあくまでも車の動きで表現してある所にこだわりが感じられます。
車愛に溢れているというか、相当な車好き集団が作ったんだろうなあ。
そしてそのキャラクター作りも、「ああ、この車に乗ってる人ってこんなだよなあ」って想像できるとおりで、また笑えるんですよねえ。

ただマニアックというわけでもないですが、車に思い入れがあるかないかでは満足度に少々差があるかもしれないです。
私と旦那を比較しても、車好きの旦那は私の5倍は笑ってて、
帰ってから説明されて解ったニヤリシーンもいっぱいありましたから。
(ああ、くやし〜っ)
とはいってもうちの子供達は2時間という上映時間、ずっと釘づけで楽しんでくれました。
子供から大人まで楽しめる作品作りを!ということにはほんと毎度手を抜いていないですね。
そうそうサントラもよかったですよ〜。
オープニングからしてシェリル・クロウなんて、これ以上ぴったりな曲は無いんじゃないでしょうか。


私的お気に入りのキャラはフェラーリ命の(笑)タイヤ売りルイジ(右)。
PANDA乗りとしてはやはりチンクへの思い入れは強くなるってなもんです。
たまにイタリア語でしゃべってましたが、この吹き替えはNHKでもおなじみジローラモなんですよ。う〜んベストチョイス!
ちなみに字幕版主人公の声は、ウェス・アンダーソン映画でおなじみオーウェン・ウィルソンなんだそうで。
あとポール・ニューマン演じるドック(左)はもう似合いすぎのキャラ!
これらはDVDが出るまでのお楽しみにしたいと思います(あとゲストのシューマッハも!笑)。


ここからネタバレ感想です
[PR]
by la-panda | 2006-07-10 00:29 | 映画

最近のあれやこれや

またまたご無沙汰しております。とうとう先月は2回しか更新できませんでした;
のぞきに来てくださってた方、ほんとすみません〜。

《音楽話》とっ、とりあえず最近聴いてるCDなんかを。
(でもレビューはすっ飛ばしで;)


(左から順に)仕事行くときはプライマルでテンション上げ、夜はスノー・パトロールキーンでリラックスモードな今日この頃です。
スノパトは新作が感動的で気に入って、↑前作も聴いてみたんですがこちらの方がな〜んか好きだな。
そして待ってましたのトム・ヨークのソロは、期待以上♪
 神秘的なエレクトロサウンド+暖かいヴォーカル、聴く度知らない世界へつれていかれるようです(どこへだ?笑)。
THE FEELINGのは試聴できますか?とタワレコで店員さんにきいたらば、オススメなんで是非!!と店内スピーカーでかけてくれて、気に入ってそのまま購入。
まんまとのせられたな(笑);でも買って正解でした。

《映画話???》
最近の仕事疲れで、帰ってから映画を観る気力が全然なかったのですが(子供達も放置気味;)、壊れてたDVDレコーダーも治ってきたことだし、これを機にレビューも復活したいと思っとります、、、多分(笑)。

で、この修理に出していたDVDレコーダーというのが、約3年前に59,800円で購入したもんなんですけどね(HDDは無し)、
修理代が、な、な、なんと36,720円ですと!(爆)
どうやら丸ごとドライブ交換したらしい。
ご安心を〜幸い5年保証に入っていたので、無料で済みました。ふう〜。
だけどこの金額って、もう最新のHDD/DVDレコーダーが買えちゃいますよね?
ううむ、なんだかむなしいぞ。
ちなみにメーカーはソ◯ーだったんですが、ここの製品が保証期間切れ直後に壊れることを、業界ではソ◯ータイマーと呼ぶんだそうです(笑)。
なんだかんだ文句いいながら、ソ◯ー製品が多い我が家(ビジュアル重視なもので;)。
まだまだ多くのタイマーがあちこちでかかっているのかしら;
ソ◯ーさん頼むよ〜。

《本屋話》
私はどうやら雑誌&児童書が担当になりそうです。これはちょっとうれしいジャンル♪
まあ私の知識では文芸とか、専門書分野では無理がありますからね(笑)。
今は商品を並べるのがメインの作業ですが、この入れ替えにはかなり時間をとられるんです。
毎日送られてくる本の量も凄いのですが、うちの店は全て場所検索できるように棚番管理しているので、
それを入力したり抜いたりするというおまけ作業付きで、あっという間に時間が経ってしまいます。
昨日は大量の女性誌を総入れ替えしたんですが、もうかなりの肉体労働でした。
女性誌って量多すぎ!しかも分厚すぎ!やっぱ私は男性誌の方が好きだわ〜(全然関係ない・笑)

児童書分野では図鑑とか課題図書とか自由研究だとか、夏休み特集コーナーを作ってて、そういうのはやっぱり楽しいですね。
絵本は一冊でも多く並べたいと思ってたんですが、実際は新刊の置き場を作るために何かを返品しなくてはいけないという状況。
売るためにはそのさじ加減と思い切りが大事なんだけど、売れないからと商品を返品するってのはなかなか寂しいものあります。
ああ、はやく慣れて、仕事にも育児にももう少し余裕がもてるようになりたいわ〜。
そして趣味の面も充実させたいっ!

そして、気がついたらフジまであと20日じゃないですか!
疲れてなんかいられないっ!


[PR]
by la-panda | 2006-07-08 07:37 | 音楽