只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

漬け物石でフタをしていた炊飯器がとうとう限界に達したので、ついに新しい炊飯器を買いました!(パチパチ〜)
普通の主婦ならどれにしようかあれこれ悩むところでしょうが、私の場合炊ければいい!
これだけなもんで、とにかく店頭に並んでる中で一番安いのをゲット!(といっても7000円くらいしましたが)

いや実はですね〜これを浮かせて他にどうしても買いたいものがあったんです。
密かに大ブームを巻き起こしている(なのか?)キューブワールドです!
箱の中に住んでいる人を観察して楽しむという、
とてもシュールでナンセンスで、実にくだらな〜いおもちゃなんですけどね;
なかなか楽しいんですよ〜♪

住人観察という点では昔はまったTOWER(高層ビル建設シュミレーションゲーム)を思い出すのですが、
モノとしては明和電機が販売しているビットマンのほうが近いです。
でもこのキューブワールドの面白いところは、それぞれの住人が他の箱の住人と行ったりきたりして交流するところにあります。一緒にダンスしたりとか、殴り合いのけんかしたりとか(笑)

で、私がゲットしたのはこの4つ
c0004181_312277.jpgミュージシャン君
楽器ならなんでもやります
熱狂するとギターも破壊します
c0004181_3124264.jpg
毎日トレーニングに励む人
OK GOのダンス練習中かしら(笑)
c0004181_312582.jpg
←ひたすら掃除してる人
掃除機に吸い込まれちゃったりします
c0004181_3132475.jpg
今日もひたすら大工仕事さん
どうも下手らしい→

↓そしてこうやってくっつけると行き来しはじめます。3人集まってダンス中
c0004181_3224854.jpg
こちらの二人は殴り合い中
c0004181_3553768.jpg


そうそうたまごっちみたいな育てゲーではないので、ほったらかしでいいのもGOODです。(たまごっちっていちいちめんどくさそうだし、キャラも好きじゃないのよね;)

というわけで、くだらないくせにちょっとお高いのが手を出しにくいところですが、私は半額にてゲットできましたよ。
さあ、皆さんもどうです?
しかし、こんなのに癒される私、ちょっとお疲れモードかしら(笑)。
[PR]
by la-panda | 2006-09-25 04:28 | Comments(12)

枠外勝負つながり

先週観た「ホテル・ルワンダ」、確実に今年のベストに入る凄い映画だったけど、感想をうまく言葉に出来ず書きそびれております。
なんでとりあえず今日はお気楽記事でも(笑)。

月1ではありますが、私今バイト先の本屋で絵本の読み聞かせなるものをやっています。
読み方なんかはまだまだ修行が足らない私ですが、なかなかやりがいのある仕事です。


先日は2冊読ませて貰ったのですが、
季節感あるものがいいかなあとセレクトしてみたのは、
いもとようこさんの絵の「おいもをどうぞ」エリック・カール「パパ、お月さまとって」
特にエリック・カールは個人的趣味のセレクトでしたが(笑)、なかなかリアクションがあって正解でした。c0004181_3333050.jpg

月が欲しいという娘のために、パパははしごでおつきさまにのぼり、小さい三日月になったときにその月をもって帰ってくるというお話。
見た目じゃ解りませんが、これはちょっとした仕掛け絵本でして、
本という枠を飛び出して月を表現しているのがなかなか感動的なんです。
その仕掛けを広げたときに「おーっ!」と皆の声がきけたときは嬉しかったなあ。
まさに予期せぬ展開だったんでしょうね。
(どんな月か観たい方は本屋へゴー!)



予期せぬ展開といえば、私も最近同じような仕掛けに「おーっ!」と声をあげました。
今週のサラリーマンNEO、皆様御覧になったでしょうか?
この中の「社内竜王」というコントで、使用された将棋盤がまさにそれ!
秘技 盤石のばし〜!って奴です。

会社の将棋部に廃部の宣告に来た総務部の社員の前に、伝説の竜王が現れるというお話で、仰々しい演出と生瀬さん演じるあやしい竜王のキャラが最高なコントでしたが、
なんといっても窮地に追い込まれたときに使う秘法の技、碁盤がのびる展開にびっくり!
しかもこの将棋盤ものすごいよくできてる!特注品なんでしょうね。

まあかなりせこい手であるうんぬんは抜きにして(笑)、
規格外のところで勝負するという点で似てませんかね?
エリックカールとNEOのネタ(強引?・笑)


サラリーマンNEOシーズン1あと一回で終わっちゃいますね〜って明日じゃん。
何回か見逃しはしたものの毎週楽しみに観ていた唯一のテレビ番組だっただけに寂しいな〜。
NHKさん、シーズン2の放送早くお願いします、待ってますよ〜。
[PR]
by la-panda | 2006-09-18 04:10 | | Comments(8)

「クラッシュ」

今年のアカデミー賞作品賞を受賞した映画です。
だからという訳でもないんだけど、もともと群像劇大好きな私がこれを見逃すわけにはいきませんっ。
交通事故から始まる、LAに住む人々の数々のエピソード、それが次第に絡み合っていくというストーリー。
少々強引なようだけど、ロスでは車移動がほとんどなので、人との関わりはじめとしては象徴的な形なのかもしれないですね。
様々なエピソードが混乱することなく、そしてそのどれもが強く心に残るという印象的な映画でした。

LAの高速道路で刑事のグラハムとその相棒のリアは交通事故に巻き込まれてしまう。
その事故現場の近くで、グラハムは偶然黒人男性の遺体を発見。
しかしその遺体は、、、映画はその一日前にさかのぼる。


この映画を観て、ふとボーリング・フォー・コロンバインのことを思い出しました。
何故銃がなくならないのか?を真剣に考えながら観たムーアのドキュメンタリー、
アメリカの現状を観ながらも、やはり銃社会を理解できないところがありました。
でもこの映画は理屈じゃなく、人と人が衝突するときに起こる感情の面で、
銃に頼らざるを得なくなる気持ちが少しわかる気がしたんです。
前半に断片的に描かれたそれぞれのエピソードは、とにかく見ていて痛々しい。
その衝突も、差別偏見から来ているだけに根が深いわけだけど、
それぞれの人が抱える日々の苛達、それがたやすく人に向けられてしまうという恐怖を、常に抱えながら生活しているのが感じられて、
これでは銃が無くなることはあり得ないかもとさえ思いましたね。

だたこの映画ではさらにもっと身近な家族や夫婦関係での衝突も描かれいます。
ほんのささいな一言と思われるような言葉が、人を大きく傷つけたり。。。

銃の問題はさておき、結局人は日々のストレスのはけ口を、他人にぶつけ合わずには生きていけないというのは、自分の日常でも反省させられることで、
他人事ではなくとても考えされられました。


そんな中、いくつかのエピソードは奇跡的な展開を見せます。
そのエピソードの見せ方がこの映画のすごいところ。
前半を観ていて感じていたことが、後半覆えされるのです。
断片的だったエピソードが収束していくうちに見せる、美しいシーンと残酷なシーン(ここの音楽の使い方も印象的!)
一方的にもつ偏見の怖さというのを自分の中にも見た気がして、見事にやられました。
特に警官二人の対照的な描き方がまさがあんなことになろうとは、、、
マット・ディロン熱演の、手に汗握るシーンには、観ていてマジ動けなくなりましたよ。

素敵なエピソードとして忘れられないのが二組の父娘を描いた話。
このエピソードの交わり方、伏線の張り方等、見事な脚本でした。
負の感情の連鎖がストップする奇跡の瞬間、、、
この話があってほんと救われました〜。

テーマが重いだけに、決して後味が良いわけではないし、観た後複雑な感情も残りましたが、
それぞれの人物を平等に多面的に描いていたのは、
登場人物それぞれを愛おしいと思わせてくれたし、
人を傷つけ傷つけられても、それでも人のふれあいにはいろんな可能性や希望もあるんだよなあと感じることが出来てよかったなあと。

観て一週間経った今も深い余韻を残す、なかなか良い映画でありました。

監督・脚本:ポールハギス
キャスト: マット・ディロン、ドン・チードル、サンドラ・ブロック、ブレンダンフレイザー、ウィリアム・フィクトナー
製作年:2004年(米)
[PR]
by la-panda | 2006-09-03 23:53 | 映画 | Comments(20)

エルマーのタイマー

c0004181_222760.jpg
最近眠くて仕方がなかったのですが、久しぶりに夜更かししております。
やっと更新だ〜。

さてさて、またまたヴィレッジ・ヴァンガードで一目惚れしてしまいました。
「ぞうのエルマー」という絵本ご存じでしょうか?
そのエルマー君の形をしたタイマーを発見したのです。
かっ、かわいい〜〜〜!
早速連れて帰り、冷蔵庫にピタッ!とくっつけちゃいました。
他に量りとかもあったのですが、
エルマー君のつぎはぎ柄を利用して電卓みたいに数字をはめ込んだという、
そのナイスアイデアにやられたんですよね〜。

今までうちにはタイマーというものがなくて、お風呂の水が溢れてしまうこともしばしばあったのですが;これでもう大丈夫だぞ。
あとなにか落ち込むことがあっても、エルマー君をみれば元気もでるということで、
一石二鳥です♪

c0004181_224274.jpg
この絵本、カラフルな色遣いとひたすらポジティブなストーリーが楽しいんですが、
絵と文章のレイアウトもとっても素敵なんですよね〜。
読んだこと無い方は一度立ち読みしてみてくださいませ。
ちなみに子供達が読んでて盛り上がるのがこのページ↓
c0004181_248492.jpg
特別おかしいわけじゃないんだけど、
このインパクトになんだか爆笑してしまうんですよね〜。





ヴィレヴァンって、他にも様々の絵本グッズがいっぱい置いてあって、
とにかくその仕入れに感心させられるのですが、
今はうちの本屋でも、エリックカール「はらぺこあおむし」関係のグッズを、
絵本と一緒に売ってるんですよ。
文具やぬいぐるみ、いろいろありますが、
特に私のお気に入りはこれ。
c0004181_30939.jpg
c0004181_2581359.jpg
よく似てるでしょ〜はっぱに穴が空いてるのがポイントです。
キャラ的にエルマーほど惚れ込んではないのですが、癒されますよ〜。
絵本についてはもう説明不要かな。
語り継がれる絵本ってのは、やっぱりいいもんですね〜。

[PR]
by la-panda | 2006-09-02 03:21 | | Comments(8)