只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「365日空の旅」

本日はお休み〜今日こそ歯医者に行くチャンス!だったのに雪だし道は凍ってるしで行く気が無くなってしまった;(ただの言い訳ですが)
う〜そろそろいかんとやばいっやばいぞ。

c0004181_1371188.jpgさてヴィレヴァンに良く行かれる方ならこの写真集の山積みを目にしたことがあるのではないかと思います。
「365日空の旅」


世界中あらゆる場所を空から撮影した写真が365日分載っている写真集です。
解説がそれぞれ付いているので、これが広辞苑にも負けないくらいの分厚さ!ちなみに計ったら6㎝ありました(笑)。

とにかくその写真が凄いんです。
空から切り取られた写真は美しい風景というだけでなく、その地形があり得ない形をしていて驚かされたり、こんな場所が地球にあるのかという驚きの連続。
他に様々な住宅事情が写し出されていたり、
遺棄された船、廃墟、F-1の観戦風景から、よく見ると人だったり動物だったりビンだったり木材だったりして、、、最初見たら何かわからないんですが、
解説読んでよく見るとおおっ!そうだ〜と感動させられる写真ばかりです。
基本的に環境問題がテーマになっているので、地球がヤバイ!と考えさせられ反省させられることもいっぱいなんですが、
この写真集を見てると日常大変だと思っていることもちっちゃいちっちゃいって思えてくるんですよねえ。
c0004181_1221827.jpg


そうそう旦那の解説によれば、この写真の多くが遠くから望遠レンズで撮影されているので、遠近感が無くなり?とても絵画的に見えるんだそうです(望遠レンズの圧縮効果というらしい)。
なるほど面白い風景に見えるのはこういうマジックがあったんですねえ。

まだまだ1/3しか読めていないので、ぼちぼち読んでいこうと思います。
余談ですが、この本改訂前は「366日空の旅」だったそうで、
2月29日のが無くなっているらしい。なんの写真だったか気になる〜。
[PR]
by la-panda | 2008-01-25 13:14 |

キサラギ

c0004181_16564743.jpg密室劇好きなので公開時から気になっていた映画、ついにレンタルにて観賞できました。

自殺したアイドル如月ミキの一周忌にファンサイトで知り合った5人の男が集まった。
思い出話で盛り上がるうちに誰かが
「彼女は自殺じゃない」と切り出して、、、


出演者全員が喪服で一室に集合してるってのが怪しくていいですよね。
ハンドルネームで呼び合ってそれぞれの正体は解らない。
比べるものでもないけど、大好きな「レザボア・ドッグス」思い浮かべちゃいましたよ(意識してる?)。
でもこれサスペンスでありながらお馬鹿映画でもあるところがgoodなんです。

今をときめく小栗旬(←オタクにしてはやっぱりさわやかに見えてしまうが・笑)、
ハンドルネームがオダユウジ(笑)のユースケサンタマリア
「のだめ」でチャーミングだった小出くんに、ドランクドラゴンの塚地くん
そして怪しさと存在感がずば抜けててさすがだった香川照之さんの5人による、
会話のみでラストまで持って行くのですが、
とにかく真相については次々と意外な方向へ展開していくのであっという間の2時間。
多少強引な展開もコメディー要素が強いから気にならず。
逆に気持ちが良かったくらいでしたね。

ファンとして情報を多く持ってたり、アイドルとの接点がすこしでもあったりすることに優越感をもったりとか、そういう会話のやりとりも滑稽ながらもわかるわかるな〜って感じで微笑ましくて笑わせてくれました。

c0004181_16571570.jpg
なんといってもこの映画の魅力はただの推理ものに終わらず、最後には如月ミキとファンのつながりに愛を感じされてくれた事が大きいと思います。
オタクって気持ち悪がられるけど、やっぱそこには愛があるんだよなあとなんだかいい後味をのこしてくれたんですよね〜
あんまりいうとネタバレになっちゃうのでここまでで!

あっでも一つだけ。宍戸錠がくどかった、、、(笑)。

監督:佐藤祐市
脚本:古沢良太
キャスト:小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之
製作年:2007年(日)
[PR]
by la-panda | 2008-01-14 17:39 | 映画

2007 MY BEST CD

2008年あけましたね!
投稿どころか皆様の所にもなかなかコメントできずですみません〜
忙しさもありますが、なんといってもマイIBookの動きが鈍く自分のページもなかなか開いてくれない今日この頃、、、(涙)
というわけで相変わらずぼちぼち更新になるかもしれません;c0004181_1743523.jpg
でも今年こそはいっぱいの映画や音楽に出会っていきたいと思っとります。
こんな私ですがどうぞ今年もよろしくおねがいいたします!

さて久々の音楽記事は昨年のマイベストCDで行こうと思います。
といってもそんなに聴けてない(&聴き込んでない:)のですが、
少ない中からよく聴いたなあというCDをあげてみました。

№1 IN/RAINBOWS / RADIO HEAD
№2 TWILIGHT OF THE INNOCENTS / ASH
№3 ONCE UPON A TIME IN THE WEST / HARD-FI
№4 MAKE ANOTHER WORLD / IDLEWILD
№5 A WEEKEND IN THE CITY / BLOC PARTY
№6 ICKY THUMP / THE WHITE STRIPES
№7 THE BLACK AND WHITE ALBUM / THE HIVES
№8 STRANGEFOLK / KULA SHAKER
№9 AN END HAS A START / EDITORS
№10 MUTEMATH / MUTEMATH

一位はやっぱりこれ!何度も聴きたくなるんですよね〜。
結局ダウンロード→国内盤入手なんで評判の2枚目が聴けてないのが悔しい〜っっ。
意外にも今更はまったのがASH、IDLEWILD、THE HIVES。
新人さんはMUTEMATHしか入れてないけど、HARD-FI 、BLOC PARTY EDITORS等若手の二枚目に良いのが多かったなと(クラップやアーケイドもよかった)。
そんな感じでしょうか。
c0004181_16121533.jpg



c0004181_18302619.jpg
さて年末年始ですが、昨年末はまた子供だけ旦那の実家に預けて仕事し、
年始は遠い両実家へ慌ただしく帰省してまいりました。
あまり日もなかったので今回初めて行き帰り寝台特急を利用したんです。
まるで昭和にタイムスリップしたかのような古い車両にある意味感激(トイレのドアちゃんと締まらんし・笑)。
狭い二階ベッドに子供と二人ずつで寝たのですが、落ちなくてよかった〜。

移動時間が有効に使えるのでまた利用したい所ですが、東海道山陽の寝台特急は次々と廃止されるんだそうです、う〜ん残念。
そうそう廃止間近というだけあって、各駅には撮影隊がいっぱいでしたね。
彼らは鉄道趣味のなかでも、撮り鉄と呼ばれているそうですが、実は旦那もりっぱな撮り鉄の一人なんです。
今回の帰省はそれはそれは忙しそうでしたよ(笑)。
[PR]
by la-panda | 2008-01-12 18:55 | 音楽