只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年もあと一日。皆様今年一年お疲れ様でした~。
只今旦那の実家にて餅つきやおせち準備で、嫁らしいことをやっております(笑)。
今年最後の記事はやはり2008ベストで締めたいなあと、自分の過去記事を見てみたのですが、、、今年もろくに記事かいてね~じゃん!
来年こそは記録でもいいからもうすこし書いていこうと心に誓ったのでした(←多分ムリ!)
というわけでなんとか思い出しながら、ここは悩まずチャッチャッチャーッと更新していきたいと思います。
少ない手持ちCDからの無理やりの2008ベスト10です。

1.R.E.M.「ACCELERATE」
2.COLDPLAY 「美しき生命」
3.BECK 「MODERN GUILT」
4.The Killers 「DAY & AGE」
5.FRIENDLYFIRES 「FRIENDLYFIRES」
6.CAJUN DANCE PARTY 「THE COLOURFUL LIFE」
7.Death Cab For Cutie 「Narrow Stairs」
8.British Sea Power 「DO YOU LIKE ROCK MUSIC?」
9.GLASVEGAS 「GLASVEGAS」
10.OASIS 「Dig out your soul」






今年は10月のレディオヘッドライブ後に、レディオヘッド以外ほとんど聴けないという状態が続いたこともあったのですが(笑)、いい音楽にはいっぱい出会えたと思います。

R.E.M.は今度こそ来日してくれーという願いをこめて一位にさせていただきました。
まさか今頃になってこんなアグレッシブな曲が聴けるとは思わなかったので、
これファンにとってとってもうれしい一枚でもあるんですよね。

よく聴いたという意味ではコープレが一番かも。サマソニ楽しかったですもん。
miniアルバムのプロスペクツマーチもお気に入りの一枚。

結局上位は好きなアーティストが占めてますが、
FRIENDLYFIRESやケイジャン、グラスベガス等の新人さん達は、
顔となるシングル曲が絶品でした。
(順位には入れてないですが、最近買ったKEITHの新作も
すっごくいいです、只今ヘビロテ中~)

来年はいよいよフランツの新作だあ♪楽しみだなあ。
雑誌のフォトでの相変わらずのキメキメっぷりに笑いながらもにやけてる自分がいます(笑)。

一緒に映画のベストも書こうかと思ってましたが、時間がなさそう、、、
また来年にでもぼちぼちと書きたいと思います。

今日は家族にお付き合いの紅白鑑賞になりそうですが、実はパフュームが楽しみだったりします(笑)。
そして元旦深夜はNHKでケータイ大喜利&サラリーマンNEOスペシャル!
皆様お見逃しのないように~。


では来年もどうぞ宜しくお願いいたします。皆様良いお年を~。
[PR]
by la-panda | 2008-12-31 05:56 | 音楽 | Comments(19)

サンタ追跡中

メリークリスマスです♪

二年生になる息子が今年「サンタは本当にいるのか?」と疑問を持ち始めたのですが、
ここで信じ込ませる事に成功!
二人の子供達は興奮して、慌てて布団にはいりました。しめしめ(笑)。
息子がサンタを信じるのも今年が最後かなあ。

サンタそろそろ日本に到着でしょうか。
いいな、サンタさん私にiPhone持ってきて〜。
[PR]
by la-panda | 2008-12-24 22:54 | Comments(2)

ダークナイト

c0004181_11111492.jpgなかなかちゃんと映画感想を書く時間がとれないのですが、
ちょっとでも書き留めておかねばと思った映画です。
ノーラン監督のリアル路線バットマン、ダークナイト
152分の長さながら、もう最初から最後まで釘付けでした。
これ劇場でみたかったあ
(レンタル鑑賞で御免)

正義とは?と問いかけた前作ビギンズから、
さらに深く人間の心の中にある光と闇を描き出す今作は、
ヒーローものの悲哀をこえて、
観てる私たちにもテーマを突きつけてくる。
そしてラストのバットマンの選択、、、
それでいいのか?ってな所もありますが、
こんな無慈悲で爽快感のないヒーローもの(良い意味でね/笑)
を演じられるのはバットマンだけかも。
彼ほど闇に消えていく姿がピッタリなヒーローは他にないでしょう。

そしてなんといってもジョーカーが強烈です!
ジャック・ニコルソン演じたバートン版のジョーカーを越えるのはc0004181_1123813.jpg難しいだろうと想像してましたが、
これがこれがヒース・レジャーが素晴らしいっ!
遺作だと知っていて観るからなのか、
乗移ってるかのような演技は見ていて辛かったほど。
崩れたようなメイクも、ジョーカーは人間のなかに潜む狂気なんだって思えるから、
なお怖かったですねえ。
ナース姿、ああ、忘れられない名珍場面(笑)。

c0004181_1121429.jpg
重いテーマというだけでなく、アクションもたっぷりたのしませてくれて、
バッドポッドが飛び出してくるとことか、思わず拍手しちゃいそうでした。
しかしハイテク技術駆使してるわ〜
スーツ来てても一応生身の人間なんですから、
あまり無茶しちゃいけませんぜ(笑)。


さてダークナイトではトゥーフェイスも重要なキャラでしたが、
c0004181_11391757.jpg彼のコインの裏表の選択場面。

これ見てコーエン兄弟監督ノーカントリーを思い出さずに入られませんでした。

殺し屋アントン・シガー、彼もコイン使ってましたからね〜
←おかっぱな見た目も相当インパクト大なキャラでしたが、
不気味でクレイジーなのはジョーカー以上だったかも(笑)。

(そういやCSI:@タランティーノでもコインでニックが、、、ってこの話はまた別の機会に〜)


話はそれましたが、個人的趣味としては
完璧な映像美でファンタジックに見せてくれた
バートン版のバットマンがやっぱり好きなんですね。
(PRINCEの音楽で踊るジョーカーが素敵)
だけど、これだけ重厚な人間ドラマを描いたノーラン監督のバッドマンは、
映画としてお見事だったと思います。
また続編の話があるようですが、期待して待ちたいと思います。

監督・脚本:クリストファー・ノーラン
キャスト:クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、
マイケル・ケイン、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン
製作年:2008年(米)
[PR]
by la-panda | 2008-12-21 12:48 | 映画 | Comments(10)
c0004181_436592.jpg

AXNでの連続放送を毎日見続け、
ただいまシーズン5鑑賞中のCSI:科学捜査班
すでに100話近く観ている事になりますが、ますますはまっております。
数々の名言を含めたイキな台詞、分析シーン等の斬新な映像、二転三転する脚本、、、
さすが全米のトップ視聴率を守り続けるだけの事はあるなあと思う。
これ地上波大丈夫?ってなグロシーンもありますが、
ああこれも仕事なんだよなあと思うと、見方がかわっちゃうから不思議。

c0004181_5214511.jpg
しかしなんといっても一番の魅力は捜査官達のキャラクター!
主任のグリッソムなんて仕事は出来るし、
うんちくもすごいけど(彼が発する名言はためになる)、
そのおたくぶりや、かなりの変人さ〜ん(笑)。

他のメンバーもそれぞれ人間的には完璧でないところが愛おしいんですよねえ。

c0004181_5123384.jpg
私のお気に入りキャストはグレッグ
DNA分析官として軽口や明るいキャラでラボを楽しませてくれたけど、
いよいよ5からは志願してのCSI現場デビュー!
新米捜査官としてグリッソムにいじられながらの(笑)活躍に期待です。


でも親父組もいいんだよなあ、
ブラス警部ロビンス検死官の渋さといったら。
あとはイケメンウォリックよりはニック、カッコいい女キャサリンよりサラが好きですねえ、もちろんみんな好きなわけだが。


そんな感じですっかりCSIファンのわたくし、買っちゃいました〜
2009年カレンダー!
c0004181_4341874.jpg

日本版無いので、実はイギリス版なのですが;
いいんです、日付と曜日さえわかればいいんです。

中身みてわかったんだけど、ウォリックがいなーい!
ホッジスだっているのに笑)
そうか、シーズン8で降板したんだから当然か、、、
サラはグリッソムとの2ショットがありましたけどね。
まあとにかく8でウォリックとサラ、9でグリッソムが降板、、、
寂しい〜〜けど私にはまだ当分先のお話なのでした。

べガスのシーズン5の放送が終わるとしばらく放送ないので、
次はマイアミNYもじっくりみていくつもり。

c0004181_5202586.jpgあっ、でもマイアミは結構観てるな、
だってホレイショケインからも目が離せないんだもの。
彼の立ち振る舞いとか悪に対するキメ台詞とか、
もうキャラが立ちすぎてて可笑しい〜。
でも彼こそ真にかっこいい男なのかもねえ。
部下や被害者(特に女子供)に対する気遣いぶりには惚れます。
グリッソム見習うべきかも(笑)。


c0004181_4525553.jpg
昨年のですが、このオフィシャルガイドブックかなり詳しい♪
ファン必須の一冊ですぞ。
[PR]
by la-panda | 2008-12-05 05:43 | 海外ドラマ | Comments(6)