只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏休みも後少し。わかっちゃあいましたが、例年のごとく子供達の夏休みの宿題が進まず、日々鬼母と化しております。
まあ、自分もどうだったかというと、31日に絵、感想文、工作と一気にやってた口なので、偉そうには言えないんですけどね;

c0004181_18334330.jpg
そんな中子供達と映画へ行ってきました。ポケモンを断念させ(笑)選んだのは
サマーウォーズ

お気に入りだったアニメ「時をかける少女」の監督さんと、
電脳コイルの絵の人のコンビということで、見てみたかったのです。
←なんといってもこのチラシのインパクト大ですよね。
もう今回時間ないのであらすじはこちらで。
レビューも省いちゃおう(笑)。


バーチャルな世界と、田舎の旧家(といっても戦国武将の末裔!)での親戚一同が集まる様子という、相反する世界をうまく絡ませて、人と人のつながりを大事にしたいと思える、
とっても暖かいお話となってました。
主人公のヘタレぶりとか、親戚の強烈なキャラクター達には笑ったなあ。
あとozというバーチャル世界がpopで楽しい絵だったのがよかった。あまりマニアックに描かれてもとわかんないしねえ。
なんといっても私自身も旧家の生まれなんで懐かしいなと思う事が多く、
ラストでは死んだおばあちゃんを思い出してもう号泣号泣。。。
私の祖母もとても凛とした人だったので。。。
そうそう皆さんこれ見るときっと花札やりたくなるはず。
子供に教えて久々にやってみようかなあ。

というわけでそんな実家にこの夏やっとの帰省。
明日850キロ運転で行ってきまーす(ブログ書いてる場合じゃないね)
12時間の長旅でも音楽があれば楽しく感じることのできる私。
フジロックという大イベントがあったので、新譜をまともに聴いてなかったのですが、
この機会に運転しながらしっかり聴いとこうかなあと。

最近ゲットした新譜達(借り物もあり〜)
c0004181_18304455.jpg


では行ってきまーす。
[PR]
by la-panda | 2009-08-22 18:56 | Comments(10)
フジからすでに2週間経ってしまった;
ただいま子供達は主人の実家で預かってもらって、猛烈仕事中の私ですが、
とにかく書き上げないと、、、というわけでもう一気にレポかいちゃいます。c0004181_211779.jpg

フジの二日目はゆっくりと起床し11時頃入場。
この日は快晴♪地盤はどろどろだったけど、
長靴だから平気です。
この日の娘のロック魂溢れる勝負服→
なかなか好評でした〜。

まずは子連れフジロッカーの大先輩!
sprewellさんとお会いするためにキッズランドへ。
感じのいいオシャレなお母さんと、可愛らしくもしっかりしてそうな娘さん♪
ここで子供達を遊ばせながら.音楽やママ友らしい会話(笑)なんかを。
うちの子はリサイクルゴミ箱に貼ってもらえる絵を描き、
sprewellさんの娘さんはペットボトルの工作を。
のんびりと楽しい時間をすごしました。
c0004181_159433.jpg

ハンモックや楽器や遊具等々、遊び足りないくらいだったけど、
一旦お別れし、フィールドオブへブンへ。

ところ天国を経由すると昨日の増水がどした?ってな感じで泳ぐつわもの多数。
意外に濁ってないのですね。あっすけきよ発見↓(笑)。
c0004181_2526100.jpg


ボードウォークを歩き、へブンに到着。
ライブはやってない時間帯だったけど、シートを広げてランチタイム。
入り口にあったお店swinka shankaのインディアンドッグ、サルサソースが辛くて上手かった〜。
ナンを揚げたようなもの?で包んでるのが美味。

子供達が持って行ったシャボン玉で遊び始めると、シャボン玉大量製造機!?を持った大人も参戦(笑)子供達も負けずと一本のストローで勝負です。
居心地いいからここでもしばらくのんびりとしました。

奥のオレンジコートへいくと、ちょうどthe inspecter cluzoで盛り上がり中。
終盤でしたが、最後にはお客さんをステージにあげて皆で飛び跳ね〜っ!
胸にズコズコくる音は迫力ありました。
ライブ終了後の大移動をまって、再びグリーンへ。

途中の物販売り場が混んでなかったので、ちょっくら寄ってみたらば、
あ〜あ結局買っちゃった;パンフとフランツのTシャツ。

グリーンへ戻ってJET以降を観る場所決め。
中央モニター前はステージも見えないし下がドロドロだしで空いてます。
この右側のギリギリステージが見えるところを確保したらこれが大正解!
子供達と一緒に観るに、スペースに余裕もありながら、ステージの様子もわかるという好位置。目の前のモニターも迫力!

JET登場。
ファーストと新譜中心の構成(セカンドあまりやらなくて残念)
新曲達は先に皆にフレーズを覚えさせてから曲に入るというパターンでしっかりアピール!
ちゃっかりしてるなあ〜でもなかなかよかったです。
そしてやっぱり盛り上がちゃうAre you gonna be my girl!
ためてためてためて、、、Are you gonna be my girl〜(叫)子供達もはじけまくってました。
しかし前半で盛り上がった子供達は後半のバラードで速攻爆睡(笑)、
なんとお休みタイムに突入しちゃいました。
c0004181_29839.jpg

そういや、ベースの方変わった?と思ったら、
なんと17キロも痩せたんだそうです(songbirdさん情報)

そのまま爆睡中の子供をダンナに託し、
今度はHIDEさんとワールドレストランでお会いすることができました。
目印をつけてくれたのですぐに発見!そのお気遣いがとても嬉しかったです。
再びsprewellさん親子とも合流して一緒に乾杯。
今まで観たアクトの話なんかで談笑し、短かったけどこれまた楽しいひとときをすごしました。皆さんありがとう〜。

今度は昨日会えなかったUKさんと連絡がとれ急遽マーキー前で再会することに。
TRASHCAN SINATRAS をBGMにしながらの喋りまくりでした。
ああ。なんという贅沢(笑)

グリーンへ戻ると清志郎スペシャルメッセージオーケストラの準備が。
豪華メンバーだけに早くも前方がどんどん埋まって行くのが見えます。

キッズランドで遊んでいた家族と合流し、オアシスへ腹ごしらえすることに。
sprewellさんに大プッシュされた釜焼きピザのサラミがにんにく効いててめちゃうま!
ほかに讃岐うどんやらタイラーメンやらおにぎりやらを皆とつつきました。

この後ダイナソーJRを一人で観に行く予定だったのですが、
グリーンがすっごい人人人で、清志郎で盛り上がってる!
これは元の場所に戻るのも大変そうだあ;
ここは家族と行動一緒にしたほうがいいかもとグリーンで一緒に観る事にしました。
なんとか基地に戻れたときはちょうどヒロト&マーシーがステージに。

ラストでは過去の清志郎さんのフジでのライブ映像が流れ、
皆がその言葉に歌に歓声を送ります。
本当に清志郎さんがそこにいるかのようで、凄く不思議な気持ちに。。。
最後に「雨上がりの空に」で会場大合唱!
清志郎さんとってもとっても皆に愛されてた人なんだなあと感じました。
ほんとに残念ですね。
でもこの感動的なシーンに少しでも参加できてよかった〜。

しかしあまりに感動的なフィナーレだったので、こんなに盛り上がった後でフランツって、、、だ、大丈夫?とちょい心配に(←ファンゆえの心理/笑)

この後これまたなかなか連絡とれなかったkさんとやっとやっとの(笑)再会。
フランツまでの待ち時間楽しくおしゃべりしました。
ライブもだけど、こうしていろんな方とお会いできるのも、フジならではですね。
このときのBGM がU2だったんですが、前回のフランツ前もU2だったような。
とにかくこれテンションあがるったらない(笑)。

Franz Ferdinand登場。
娘のレポにも描いてありましたが、c0004181_218755.jpgブルーグリーンに光るバックにメンバーのシルエットが浮かぶ様子がスタイリッシュ!

オープニングのno you girls から早くもdo you want to→マチネで踊る踊るのお祭り騒ぎ。
横の正面モニター前はぬかるみ地帯だったので、空間があったのですが、
そこで派手に踊りまくる集団がいて、それもまた場を盛り上げてました。
do you〜だけ踊りにきたような人もいっぱいいましたが(笑)

メンバーの格好は比較的シンプルか?と思ったらニックが半パン&ハイソックス!もうインパクトあり過ぎ。
この日は格好だけじゃなくアンプの上に乗ってのダンスも目立ってましたね。
アレックスはいつもの感じだけどチェックパンツは当日自分で調達してきたばかりのものなんだどか(ukさん情報)。
「アメヤンダ」やら「シーっ」やらのリップサービスがうける〜。
(娘はオアシスは雨男でフランツは晴男だと思ったそう/笑)。
ポールはお髭がダンディ〜途中スティックおとして、ソーリー;ってかわいい。

この日は鉄板take me out以外にも
this fire  outsiders 等今までのハイライト的な曲が次から次へときて飽きさせない。しかもちゃんとベタに格好付けるパフォーマンスが楽しい〜。
3rdからのナンバーもすごく良かったのですが、
特にアンコールのulysses→まいくう→40→lucid dreamsの流れが最高!
ulyssesカッコいいわ〜。
lucid〜で延々続くシンセループでメンバーが去って行ったのですが、
このしめが新鮮でした。

前回のフジのトリの時はドラマー達をたくさんステージにあげて盛り上げてたけど、そんな演出なくとも、今回はその時の何倍もよかった。
演奏が上手くなったとかじゃなんだけど、曲の層も厚くなってるし、貫禄ついたなあって。
とにかく家族でたくさん踊ってたのしかったっす。
子供達昼間寝てくれたおかげで、しっかりラストまで踊り続けてました。
君たち夜更かしも今日までだぞー(笑)

この日はスムーズにバス乗り場までいけて、すんなりと帰途につくことができ、
朝方自宅に到着しました。
というわけで私たちのフジはこれまで。
大変だったけど、ほんとに楽しかった〜また是非参加したいです。

この夏もまた実家へ片道850キロ運転でがんばります。
もちろんフジ行き資金のために!(笑)。
[PR]
by la-panda | 2009-08-12 03:15 | Fujirock | Comments(10)
レッドマーキーにて右側4列目あたりでpeachesを観ました。
c0004181_3503117.jpg

仮面をかぶりピンクカボチャみたいな格好で堂々と登場したメリルさん、
数曲ごとに一枚一枚はぎ取って衣装替えし、
迫力のパフォーマンスを展開していきます。
そうとうエロヤバい事?を歌っているらしいのですが、
この興奮で(いや彼女の命令で)前方男子はみんな上半身裸だったよう(笑)。
私のいたところは比較的安全地帯でしたが。

セクシーだのエロいだのと耳にしていたわりには、
彼女の過激パフォーマンスは逆に男性っぽい!
そう言う意味ではマドンナに近いのかな。
あと声が太くていいですね。音圧もすごい。
エレクトロだけど凄くロックしてる音でした。
写真はこちら。

残念だけど家族がそろそろ到着か?という時間になったので、
後方に下がって、スペースある位置で踊りながら見ました。
前方密度すごかったので、快適に踊れてそれも好し。

そうこうしてると家族が到着。
おいっ、君たちカッパ着てないじゃないか!
ちょうど小降りだったし、遅くなったのでとにかく走ってきたそうです。
やっとついたーってな娘の嬉しそうな顔!よっぽど楽しみにしてたのね〜。
すぐにカッパを着せながら話を聞くと、
どうやらみつまた駐車場にバスが全然こなかった(ってか通過)らしく、40分くらい待ったそう。
もうヒッチハイクしようかと思ったそう(笑)

皆お腹もすいてるし、とにかく晩ご飯を食べる事に。
しかし実はもう間もなくpaul wellerが始まる時間!
手早く食べなきゃっと、グリーンカレーとオムソバをささっと食します。
この時ダンナがジャスミンタイに並んだのですが、
マーキーのステージ脇が見えたらしく、
「すっぽんぽんのお姉ちゃんが踊っててびっくりした」とかなんとか言ってる!?
どうやらpeaches、ラストあたりで肌色レオタードになってたそうなので、
勘違いしたらしい。アハハ;疲れてたのね。
いや、私も彼女脱ぎかねんと思ってしまったが(大汗)。

急いでグリーンに向かい、左側の中あたりでイスの置けそうな場所を確保。
c0004181_4204751.jpg

残念ながらオープニング22Dream→changingman 間に合わずでしたが(涙)、
念願のポールウェラーは少しでも前で見たかったので、
子供達をダンナに託し前方へダッシュしました。

おおっ生ウェラーだあ、感激〜〜〜。
声といい、顔といい、音といい、もうかっこいいという形容しかでてこない。
お腹とイメージのギャップも凄かったが(笑)。
写真はこちら

ウェラーのライブは初めてだったので、どういう曲構成で来るかなあと思ったけど、名曲ぞろいのアグレッシブな展開。フェス仕様なのか?
スタカン&ジャムの曲やってくれましたね。
shout to the top→the eton riflesで会場の盛り上がりも最高潮。
もう雨なんかへっちゃらだーい!な気分♪
、、、とはいっても雨はどんどん強くなりなかり過酷な状況。
後ろの子供達大丈夫かなあ、、、と気にかかって正直100%楽しめないところもありました。ああ、ライブは素晴らしいのに。

後半はタバコ吹かしながらじっくり聴かせる曲多し、
煙と灰が常にモニターの中で舞う舞う。
wild woodのシブいアレンジが素敵でした♪
ラストにジャムのナンバーtown called maliceもってきて、
雨のポールウェラーは終了。

子供達のところに戻ると、もうすでにびっしょりで、椅子に座って少々寒がってる様子。
大丈夫?ときくとオアシスまであと何分?って;我が子ながらすごい気迫だ。
オアシスは一緒に観て歌う事にしていたのです。
しかし大変だったのは雨だけじゃなく、
開始前になって凄い人が押し寄せてきた事。
完全に場所とりが失敗でした。
一気に周りは埋まり、もう子供達の目線は暗闇状態。
私でさえモニター観るのに必死な状態に。
でもなんとかモニターだけでも見せてあげたいなと、携帯いすに立たせて見せる事に。
やっぱすごいわ、オアシスの集客は。

お約束のFuckin in the bushesでoasis開演。
いきなりRock'n' roll starであがるあがる。
というわけでこの日のセットリスト最強でした。
live forever、 wonderwall、 super sonic、 roll with it、、、、
the masterplanにhalf the world awayまで!
ドンルクは皆に歌わせたし、最後はchanpange supernpvaからI am the walrusという流れも感涙もの。
オアシスはずっと応援しているし、今の試みも好きだけど、
やっぱりファーストとセカンドの曲ってキラキラしてて圧倒的です。
彼らのライブはいつも同じだけど(笑)、
今日は何をやってくれたか?が毎度のお楽しみになるバンドもある意味すごいね。
リアムのもみあげは無くなってて、こざっぱりした感じ。
ルパンなリアム笑えたもんなあ。
写真はこちら

ちょっと残念だったのが、音が小さめに感じた事。場所のせいか?
リアムの声も聴きにくかった。
あとまわりがギュウギュウなわりには皆の歌声が響いてなかったなあ。
でもあの雨だったし。みんな体力消耗していっぱいいっぱいだったと思う。
息子はさすがに後半目がしょぼしょぼしてたみたいだけど、
娘は最後まで椅子に立って楽しんでいた模様。あうあう歌ってました(笑)
考えたら携帯椅子に90分立ってるってしんどいよね。
ほんとよくがんばった〜。

さあて、そのあと終わってバス乗り場までいくのが過酷でした。
oasis組の人の多さと、悪天候でオールナイトフジが中止になったので帰る人と、
とにかく人が多すぎて前に進まな〜い。
地盤はぬかるんでて歩きにくいし、あまりの渋滞に柵ごえするしかない状況もあって;すみません;

なんとかシャトルバスに乗れ、宿についたのはもう2時。
子供達を急いであったかいお風呂へ放り込みます。
でも宿に足洗い場や乾燥室まであったのがほんと助かった〜。
何もかもが泥まみれで次の日着れたもんじゃなかったから。
片付けして、お風呂にはいって就寝するころにはすでに4時近くでした。

子供達の為にも、明日は無理して早くいかず、
ゆっくり寝かせてからいこうと決めた明け方なのでした。
25日のレポに続く。
[PR]
by la-panda | 2009-08-03 04:38 | Fujirock | Comments(6)
とにかく雨雨雨の一日。
カッパと長靴装備でしても中までしみ込んで来るほどのしつこさ。
まあぬれるのも慣れて来ると平気になってくるのですが、
携帯を取り出しにくいのが一番困った。iPhoneだからなおさらひやひやもの。

この日はまずa26oppさんとマーキー前で待ち合わせ。
a26oppさんとはこれが初対面♪するとシンドーさん(with 師匠さん)も登場!
ひゃっほーい!4人での乾杯となりました。
ナイスガイ達に囲まれ(笑)まずは最初の一杯で
雨でもテンションあげる事が出来ました。皆さんありがとう。
(ukさんは、バス待ち2時間!にてお会いできずで次の日に)

このあとWhite liesを聴きにグリーンへ。写真はこちら
もう終盤近くでしたが、結構前方で観れました。
だけど惚れるほどの何かが無かったなあ。マーキーで観た方が萌えたかも。

c0004181_5495033.jpg

この日のランチは楽しみにしていた、ジャスミンタイのタイラーメン!↑
うめ〜。麺が超好み♪
香辛料かけるほど旨いっすね。

二時からのDovesを前方でみるべくささっと食べて再びグリーンへ。
スルスルと前へ抜けてなんとか4列目真正面をキープ。
c0004181_6111865.jpg

フジオヒサシブリデス!のジミのmcが!おっさんかわいい〜。
雨も小雨になってきていい感じ。こういう天候のほうが彼らに似合うか(笑)
オープニングのjetstreamでゾクゾクさせると、
新作を中心にスケールのある演奏を聴かせてくれます。
途中リズム隊が不安定で笑えたけど、
彼らの美しく力強いグルーヴ感に浸って幸せ気分に♪
大好きなpoundingでもうはじけまくっちゃいました!
ラストはお約束の?there goes the fear、
ジェズのパーカッションで盛り上げ終了。
もっともっといっぱい聴きたかったけど、初doves大満足です!
終始ご機嫌な様子で結構喋ってくれてましたが、
彼らはマンチェのなまりがひどいらしい。
まあどっちにしろわからないのですが(笑)。写真はこちら

ライブ終了後、もしや?と033さんをきょろきょろと探してみたら、いたーっ!
以前beckの時に一緒に乾杯した皆さんもご一緒ではないですか。
というわけでそのままバーおみさへご招待していただき乾杯〜!
居心地もよく皆さんと写真撮ったりして、結構ゆっくりさせてもらいました。
皆さんありがとう!

c0004181_6175888.jpgリリーアレンはdovesのサイン会と重なった時点で諦めてたので、
サイン会参加組の033さん、おぐっちゃん、gunちゃんとそのまま一緒に岩盤ブースへ。
朝入場するなり真っ先にゲットしていた整理番号は22番。
ん?あまり人は集まらないのか?(苦笑)


それでもアコースティックライブが始まる頃には結構な人が集まってました。
c0004181_6284114.jpg
c0004181_6251679.jpg

おなじみBooさんの司会で楽しくトークショー&サイン会が進行。
ジェズとジミのみでしたが、もういい人オーラでてますね〜
結局サイン会では緊張しちゃてお話しも握手も出来ず、ああ自分のバカ!(笑)
でもCDにサインいただき感激です。c0004181_6324067.jpg

一緒にとかでなければ、後方からの写真はOKだったようなので
とにかく撮ってみました。
ああ、まともにとれず、、、と思ってたら、

こっ、これは→
間違いなくカメラ目線!!!
ありがとうジミ!





そのあとマーキーではViegins が始まってたので、皆さんと別れマーキーへ。
おお、盛り上がってるなあ。ボーカル君のTシャツに一番って、、、(笑)。
写真はこちら
まあそんなノリでやんちゃな楽しいライブ。
後半にヒット曲連発だったのはラっキーでした。
そしてラスト曲には聞き覚えある曲が、、、
INXSのDevil Insideじゃあありませんか!キャー!うれしい!
結局この曲に一番はじけた私です(笑)

さてその頃グリーンではパティ姉さんが。
見に行きたかったけど、どうも携帯が繋がりにくいので、家族と合流できるか不安に。
雨も降り続けてるし、このまま連絡とりやすいマーキーにいる事を選択。
次のPEACHESをみることにしました。

どうせならと前方に。
しかしこれがラッキーだった。衝撃的なライブ(笑)を目にする事が出来ました。
長くなったので、次回に続く、、、
[PR]
by la-panda | 2009-08-01 06:45 | Fujirock | Comments(8)