只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

年の瀬ですね〜寒いですね〜
連日雪で大変ですが、雪景色大好きだからなんかうれしい〜♪なこの頃。
さてこれを書かなきゃ年は越せねえぜ!ってことで、
今年も少ない手持ちCDから無理矢理のベスト10を選んでみました。
今回は10位からいってみようかな。


c0004181_053293.jpg10.The XX  「XX」

シンプルで冷たいようで、どこか温かい浮遊感あるサウンドが、見事に雪景色にはまって、じわじわしみ込んでくる。
最近購入したばかりだけど、天候のおかげの?急遽のベスト10入り。


c0004181_0544320.jpg9.PHOENIX   「WOLFGANG AMADEUS PHOENIX」

おフランス発のお洒落なポップソング、柔らかなエレクトロに軽快なギターの音がキマってる。緩いボーカルも聴いてて楽しい。



c0004181_055304.jpg8.BAD LIEUTENANT  「Never Cry Another Tear」

フックオヤジが抜けても、あまり大きな変化は感じられない?と思ったけど、相変わらず瑞々しいサウンドを聴かせてくれて嬉しい。心地よい音ながらバーニーの意欲が感じられる、やっぱり好きなものは好き!


c0004181_056366.jpg7.THE HORRORS  「primarycolours 」

ファーストには興味をそそられないけど、これはおススメされて聴いたらば好感触。
シンセが彩るノイジーでいてサイケデリックな世界は美しく浸ってしまう。
しかし、これ各誌絶賛なのにはびっくり。


c0004181_0564045.jpg6.Bombay Bicycle Club   「 I had the blues but i shpck them loose」 

シューゲイザー的なオープニングからしてワクワク。
青臭いギターポップをクセのあるグルーブ感とクセのあるボーカルで聴かせてくれる点がまさに自分のツボ!
アートセンスが光るジャケも好き。
昨年ベストに入れたケイジャンと同期らしいけど、今では断然こっちが楽しみ。


c0004181_0571987.jpg5.THE TEMPER TRAP  「CONDITIONS」

新人らしからぬスケール感。哀愁を帯びたメロディ、どこまでも伸びゆく幻想的なギターサウンドは一聴してすぐ気に入ったけど、なにより独特の高音ボーカルがソウルフルで個性的。
なんとプロデューサーは↑のBBCと同じ ジム・アビスだとか。
タイプは全然違えど、そういやどことなく似てるわ。


c0004181_0575596.jpg4.DOVES  「KINGDOM OF RUST」

メランコリックでいて骨太なロック、男臭いんだけど洗練された都会的な音。
もうオヤジ萌えっす〜(笑)。過去の作品もいいけど、あらためてDoves大好き!って再認識したアルバム。今年は初めてライブも観られて感激。



c0004181_0585995.jpg3.FRANZ FERDINAND  「TONIGHT:」

どこを切ってもフランツ節ではあるけれど、3枚目でまた意外な音を聴かせてくれたのが嬉しい。グッとアダルトに、そして益々妖しさを増して行くフランツが今後も楽しみ。
今年はライブを2回も見る事が出来てラッキーだった。
どこまでも付いて行きまっせー(笑)


c0004181_0582868.jpg2.PASSION PIT  「MANNERS」

ハイトーンボイスにピコピコな音。初めて聴いたときは正直こんなにはまると思わず。
しかししかし、結局年間通して最も聴き続けたアルバムとなった。
切なくもキラキラしたキャッチーなメロディーが、曲が進むにつれ絡み合うアレンジでどんどん高揚感を増して行く魔法。飽きないのは多幸感あふれる世界がそこにあるから。


c0004181_0593148.jpg1.U2 「No Line on the Horizon」

2000年代3部作と言われてるけど、前2作とはかなり作風が違って、それまでの暑苦しいメロディー(いい意味で)、同じく熱いボノの歌い方やエッジ泣き所ギターよりも、とことん空間的なサウンドにこだわった感じが、聴きやすく洗練された印象。
でも音の広がりスケール感は圧倒的という。
エッジのギターは物語を奏でてるようでほんと素晴らしい、、、益々感動的であります。

まあ、どうしてもU2は自分の中では別格な存在なので、一位という結果になっちゃうんですけどね、はい(笑)。


こう見ると、今年はUS勢をよく聴いたなあとおもいきや、お気に入りはやっぱりUK勢でした。
あと相変わらず自分ファーストアルバムって奴が好きなようで。。。
相変わらず感想も上手く書けないし、ほんとリスナーとして成長してませんね;(笑)

今年も後少し。毎日バタバタしてるけど、
時間あれば映画のベストと、2000年代ってのも考えてみたいなあと思っとりやす。
[PR]
by la-panda | 2009-12-21 01:28 | 音楽 | Comments(16)