只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

6年間続いたLOSTがとうとう終わってしまいました。
このドラマの感想をどう書こうかなあと思っていたところ、
amiel2さんがトラックバック企画を立ち上げてくださいましたので、
それの乗ってみようと思います。
って、トラックバックって、懐かしい〜(笑)
c0004181_1921232.jpg

というわけで以下の10の質問に答えます。

1.このドラマを最後まで見た率直な感想を語ってください
2.ラストの結末についての自分なりの解釈を教えてください
3.結局、「島」とは何だったと思いますか?
4.一番好きだった登場人物は? その理由は?
5.一番嫌いだった登場人物は? その理由は?
6.一番好きだったエピソードは? その理由は?
7.一番泣いたエピソードは? その理由は?
8.このドラマの不満点があれば教えてください
9.このドラマが言いたかった事は何だと思いますか?
10.最後に「これだけは言っておきたい」という事は?


一応ネタバレになる2番以降は閉じますので、
観た方のみ入ってくださいませ。
ではいってみよう!
(以下上手く考えがまとまってはいないので、かなりの長文です。
すみません;)

1.このドラマを最後まで見た率直な感想を語ってください

最後まで謎を残して終わってしまいましたが、
この謎について、あれこれといつまでも考えてしまう罠にかけられてしまいました(笑)。
さすが、最後までlostでした。

この謎が謎を呼ぶストーリー展開は、いつも私の想像を越えていて、
次回が気になって仕方ないというテンションをずっと維持させてくれました。
なにより、このドラマの一番の魅力は、
フラッシュバック、フラッシュフォワード、さらにはサイドウェイズまで使って
キャラクターの人間性を掘り下げてみせてくれた事!
過去と現在、現在と未来のストーリーをリンクさせながら、
丁寧に一人一人を描いていった脚本はすばらしく、
またそういう点では一応1話完結物だったというのも、
最後まで飽きず観られた理由だったと思います。

2.ラストの結末についての自分なりの解釈を教えてください
[PR]
by la-panda | 2010-11-27 20:39 | 海外ドラマ
開催期間終了間近の10月末、日帰り強行スケジュールにて愛知トリエンナーレに行ってきました。
今更ではありますが、写真を少々アップしておこうかなと。

栄エリア 芸術文化センターにて
トリエンナーレのポスターにもなっていた作品<草間彌生>
c0004181_1725829.jpg

館内と外をぐねぐねとバルーンが <松井紫朗>
c0004181_17245481.jpg

残念ながら時間無く、キッズトリエンナーレには参加できず。

一番楽しみにしていた長者町エリアへ。
歴史ある繊維問屋街での空きビルや空き店舗等を利用しての展示のため、
とにかく狭〜いビルの中に作品を沢山つめこんでて、
ちょっと秘密の場所にはいってアートを見つけたような感覚でした。これがたのしかった〜。

長者町繊維卸会館にて
タイムスリップしたかのような建物の中での展示がいいじゃないの〜。
c0004181_17313075.jpg


活気あった頃を描いたカッコイイ看板<ナウィン・ラワンチャクイン>
c0004181_17243175.jpg


美しく幻想的な壁画<浅井祐介>
c0004181_17233774.jpg


これは展示だけど、これをイメージした映像作品が面白かった<ジュー・チュンリン>
c0004181_17231022.jpg


旧玉屋ビルにて 小学生がイメージする地獄の数々、そして映像での説明付き
c0004181_17392085.jpg

こういう素人作品が混在してるのも特徴。
写真はないけど、個人的ベストはこのビル二階の映像作品
「どうぶつたちの一週間」<山本高之>
すごーく地味な作品ではあるけど、シュールすぎて爆笑でした。
観た方いらっしゃいます?ここで様子が観られます(他の会場の様子もわかっていいですよ)

万勝S館にて グルグルと吸い込まれるよう <市川武史>
c0004181_17214314.jpg


吉田商事にて デカうさぎ!街に飛び出してる所みたかったなあ<ナタリヤ・リボヴィッチ&藤田央>
c0004181_17314839.jpg


う〜んと、どのビルの階段だったっけな〜(笑)
c0004181_17224593.jpg

c0004181_1720308.jpg
長者町エリアは結構あちらこちらに作品が点在してたのだけど→、
ほぼ観る事ができました。結構ハードでしたが、地図を片手にがんばりました〜。

そしてこのあと撮影できなかった納屋橋エリアにもいき、すでに暗くなったので市美術館は断念。

というわけで写真は一部ですが、丸一日ほぼ徒歩だったわりには、沢山の作品を堪能できました♪

愛知トリエンナーレは都市型ゆえ、全体的にパフォーマンスや映像作品の方が多かったようです。
映像やパフォーマンスが時間かけてみる物だし、じっくり観られなかったのはほんと残念;
正直新潟の越後妻有トリエンナーレで出会ったような、スケールの大きい作品には出会えませんでしたが、
これが特徴でもあるし、また3年後を楽しみにしたいと思います。
そうそう観に来ている人の年齢層が広かったのはさすが都会だなあと感心でした。

箱の中ではなく、日常の中にある敷居の高くない芸術祭。
もっとあちらこちらでこういうトリエンナーレが堪能できたらうれしいな。

瀬戸内国際芸術祭はまだ42作品残してあるようなので、観に行ってみたいけど、
これはさすがに遠すぎだよなあ。
[PR]
by la-panda | 2010-11-21 20:39 | アート