只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:コールド・ケース ( 1 ) タグの人気記事


CSIの視聴ペースも落ち着いてきたところで、
只今はまっているのが、コールドケースというドラマ。
コールドケースとは未解決殺人事件のことで、
時効の無いアメリカ、フィラデルフィアを舞台に、
未解決事件ばかりを捜査、解決していく刑事ドラマなんですが、
とにかくこのドラマ、挿入歌がすごいのだ〜。

オープニングは決まって、過去の事件が起きるところから。
当時の時代背景を忠実に再現したノスタルジックな映像に、
早速当時のヒット曲が流れてきます。
捜査が進む過程で、何度も過去のシーンがフラッシュバックされますが、
惜しげも無く流れるヒット曲の数々。
この選曲や使いどころが絶妙なんです〜。
扱う事件も1930年代〜2000年代と幅広いので、
今日は何がかかるのか?がとにかく楽しみで♪

こちらに曲のリストが。
このAXNのページには放送中のシーズン2までのデータしか載ってませんが、
シーズン4では全てU2がかかるお話もあるんだとか!キャー!(嬉)

現在アメリカではシーズン6まで続いている人気ドラマなのですが、
未だDVD販売がないのは、この著作権の問題がクリアできないということらしい。

さて肝心のストーリーですが、これがまた毎回感動させてくれるんですよね〜。
現代の最新技術により明かされる新事実ももちろんあるのですが、
CSIのような証拠重視の捜査と違って、
捜査のメインは関係者への聞き込み調査
当時では証言されなかった事が、
時間を経た今だからこそ明かされるという点が興味深く、
それだけに事件の背景にある人間ドラマが見所なのです。

このお見事な聴き込みテクニックを披露してくれるのが、
男臭〜い殺人課のなかで、紅一点でがんばる
リリー・ラッシュ刑事。(キャスリン・モリス)
もう見てるだけでうっとりするお美しさなのですが、中身は男らしく情熱的。
時にはドキッ!とするような言葉で容疑者に真実を吐かせるところ、
マイアミのホレイショ・ケインにも負けてません(笑)。

同僚にもズバズバ言いたい事言ったりと、
いろいろ楽しませてくれる彼女ですが、
チームワークはすごく良いし、
ラストでの被害者やその関係者を思いやるシーンに、
毎度泣かされちゃってます(またここのBGMがたまらんのだ)

ちなみに吹き替え版の声は田中敦子さん。
攻殻機動隊の少佐、、、ですね、なるほどキャラもかぶってます(笑)。


そういえば私は昔、中谷美紀主演の「ケイゾク」というドラマにもはまったし、
最近ではオダジョーの「時効警察」にもはまったし、
未解決事件ものが好きなのかな。
まあケイゾクと時効警察は9割はくだらないギャクというノリが好きだったわけですが(笑)。
[PR]
by la-panda | 2009-04-26 03:44 | 海外ドラマ