只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:スパイク・ジョーンズ ( 1 ) タグの人気記事

c0004181_1131497.jpg

以前も記事にしたかいじゅうたちに会いに行ってきました。

スパイク・ジョーンズは子供向けの映画でなく、
子供時代を描いた映画をつくったとのコメントがありましたが、
これは純粋に子供目線を貫いた映画だったなあと思う。

原作絵本の変に教訓めいてない所が好きでした。
このかいじゅう!っとママにしかられ部屋に閉じ込められたマックス。
するとにょきりにょきりと木が生えだして、ふねが運び込まれて、

1しゅうかんすぎ 2しゅうかんすぎ ひとつき ふたつき ひがたって
1ねんと1にちこうかいすると かいじゅうたちのいるところ


かいじゅうたちの王様となりかいじゅう踊りを楽しむマックス。
かいじゅうたちを眠らせたら寂しくなり、
いいにおいがしてきたので、あたたかいご飯のもとへ帰って行きましたとさ。


っとまあ、これだけの話なんで、これを映画にしたらどうなるんだろう?
と不思議に思ってたのですが、
ほんとに絵本そのままだった(笑)。
映画で膨らませていたのは、マックスくんの家庭環境と、
かいじゅうたちに名前があり個性があり、社会があるところ。

ビジュアル面は期待どおり素晴らしかった!
どこまでも続く砂漠、荒れた海、鬱蒼とした森はダークでいてうっとりする美しさ。
マックスくんは絵本からそのまま飛び出したかのようだし、
怪獣7匹も素晴らしい出来で、
それぞれの個性もわかりやすく愛すべきキャラクター達。
もさもさあるく姿、ダイブする姿のキモ可愛さったら♪
着ぐるみといってもCGで表情を作っている所はやけにリアルで、
ほんとにこんな生き物がいそうに見えたし。
c0004181_1133074.jpg
そう、このかいじゅうたち、中身は人間とかわらず、感情をもっているのです。
仲間との関係に悩んだりと、楽しくもなんだか切なく映るかいじゅう世界。

以下ネタバレになるので閉じまーす。

More
[PR]
by la-panda | 2010-01-25 01:33 | 映画 | Comments(8)