只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:海外ドラマ ( 9 ) タグの人気記事

c0004181_2244546.jpgついに、ついに!買っちまったあ
『SHERLOCK』シーズン1&2の
ブルーレイ&公式カレンダー!

1&2で、6話しか無い割に高いけども
フォトブックなんか付いてないけども

でもでも
やっぱブルーレイはキレイやわあ
本人の声かっこええわあ
これでいつでも観られるなんて
まさに「fantastic!」(by ジョン)
ですわw

もう財布はすっからかんだけど、
悔いは無いのだ。
ふははははははははっ;;;(大汗)


『SHERLOCK』とは
「もしも21世紀にシャーロックホームズがいたら?」
という設定で作られたBBC製作ドラマ。


NHKBS放送で観たときは、
こりゃ傑作ドラマに出会った!と興奮したものです。

ガイ・リッチーの映画版の
ロバート・ダウニー・Jr.&ジュード・ロウのコンビも好きだったけど、
現代のロンドンを疾走するベネディクト&マーティンを観てからは、
すっかりこのコンビの虜。

シャーロキアンでもない自分が、
正直こんなにもこのドラマにハマるとはビックリ!
私のこの熱の入れようは、
同じくBBCドラマの『時空刑事1973』以来だろうか。
考えたらあれもイギリスのバディものだったな。
バディものというよりブロマンスじゃないかって?
ええそうですとも。大好物ですが何か?(笑)

というわけでこのブログで何も書いてなかったので。
今さらだけど、ちょっとだけ感想書き残しておこうかな
(ネタバレは無しです)

なんといってもテレビドラマとは思えない
映像クオリティの高さに惚れます!!!
シャーロックの頭の中に浮かぶキーワードや、
スマートフォンの文字等をポップアップさせる映像は斬新!

シャーロックの推理速度って、あまりに速過ぎて、
観てる方は当然ついていけないのだけど、
こういう文字の演出や、彼の目線や反応を、
いちいちかっこいいカメラアングルで、スピーディにみせてくれる等で、
観てる方もあっという間にパズルを解いたみたいに爽快な気分に!
c0004181_1562530.jpg

このシャーロック、
自ら「高機能社会不適合者」というだけあり、
天才さながら変人っぶりも半端無くて笑えるのだけど、
人を小馬鹿にした毒舌ぶりや、わがままぶりに、嫌みを感じないんだよなあ。
一目で人を見抜く割に、自分の事には鈍感だったり、
ジョンに対する態度がツンデレな所とか、
ジョンに対してツンデレな所とか(二回目w)
冷淡なようで実は、、、みたいな所が見え隠れするところも魅力なのだ。

ベネディクトさんは見た目も立ち振る舞いも本当にはまり役ですね。
(ちなみに最初から候補はこの人一人だったそう)
あと字幕で観ると、ベネディクトさんの弾丸早口トークが
さらに凄いのに圧倒されました。
古美門弁護士も真っ青だ(笑)

まあシャーロックとジョンのどっちが好きか?と聞かれたら
私は迷わずジョンなんですけどね。
(ずばりマーティンが好み顔/笑)
シャーロックに降りまわされ困惑する表情がいちいち可愛いんだよなあ。
でも彼は誠実で優しい大人の男。
シャーロックを思いやる言動にはいちいち胸を打たれます。
c0004181_1352928.jpg

シャーロックはジョンがいるから人間らしくいられるし、
ジョンはシャーロックがいるから、生きる喜びを味わえてる。
普段はドライに接してても、お互いに支え合ってるのが、
自然なやりとりで伝わってくるのが微笑ましくてたまらないのです。

実際にベネディクトとマーティンは相性がいいようだし、
そういうのも空気感で伝わってくるんだろうな。

もうね、シャーロック!ジョン!と呼び合う度に
なんだかキュンキュンしちゃうんですよ。
(重ねて言いますが、この二人はゲイではありません&
私はBL好きでもありません/笑)
c0004181_152529.jpg


すみません、簡単に書くつもりがすでにくどい;;;
このドラマに関しては、原作との比較で詳しく解説しているサイトが
溢れかえっていますし、
私なんぞが書くのはお恥ずかしいのでもうこのへんでやめておきます。

さて続いてDVD特典映像の感想をば。

まずコメンタリーの内容が濃い!
撮影方法や共演者の演技に対するコメントが聞けるのはもちろん、
作り手が相当なシャーロキアン達で、過去の作品や原作をリスペクトして
作ってるのがわかるエピソードが楽しい。

あと1話のパイロット版がついていたのは買い!(シーズン1の方)

台詞が全く同じシーンでも、
演出や演技の違いでこんなに違うものになるんだなあと。
まあ普通のミステリドラマ風ではあるけども、それでも十分におもしろくて、
このちょっと安い感じの(良い意味で)60分の枠で、
長期TVシリーズとして、何話も製作してもらったら、
いろんな話が楽しめたのかなあと思ったりも。
↓(パイロット版のベネディクトくん、なんか、若いぞw)
c0004181_1585014.jpg

だけど、やはり本編の映像美や目に飛び込んでくる情報量の数は圧倒的!
本編にしか無い、
タクシー追跡シーンやその後のアパートでの会話シーンは大好きだし、
マイクロフトの登場は絶対はずせないし、
部屋やファッションはオサレだし、
シャーロックのエキセントリック度?は大きくアップしてるし!(笑)
結果この付け足された部分は全部私が惚れ込んだシーンなわけで。

一から完全に撮り直した事で、
熱狂的なファンを作るまでのドラマへとレベルアップしたのが、
本当によくわかりました。
時間かけても良いものを作ろうという
スタッフさんの熱意には本当に拍手をおくりたいと思います。

しかしやっとやっとのシーズン3撮影は来年2月だとか。
ということは日本で観られるのはいつになる事か。。。
あんな状態で終わらせといて、
いくら何でも待たせすぎでしょうよ!
でもそれだけじっくり作ってくれるって事ですよね。
ああ、早くみたい!

おねがい!はやくジョンをシャーロックに会わせてあげて(願)
c0004181_1404976.jpg

[PR]
by la-panda | 2012-11-01 02:44 | 海外ドラマ | Comments(6)

MAD DOG/マジョルカの罠

久々に視聴を復活させたAXNミステリーにて、『MAD DOG マジョルカの罠』全4話観終わりました♪
c0004181_11223358.jpg

『Life on mars 1973』コンビのジョン・シムフィリップ・グレ二スター
『華麗なるペテン師たち』マーク・ウォーレン
『生存者たち』マックス・ビースレイというAXNミステリーではおなじみの
豪華共演ということで、
私的には久々にテンションあげて観たドラマ。
オススメするほどの作品じゃあないけど、観てるうちに段々キャラに愛着湧いてきて、
4話で終わりなんてもったいないよ〜と思ってたら、すでに続編撮影中だったんですね!

内容は旧友が集まった美しいマジョルカ島の豪華別荘で、楽しいはずの休暇が一転、悪夢へと変わるというサスペンススリラーもの。(AXNミステリーより)

1話目では、なかなか事件に至らず、
最後にやっときたー!な展開だったので、
これマジつまんなかったらどうしよう;;;という不安もややありましたが(笑)、
2話3話とミステリー要素も高まり、
4人の微妙な関係性が徐々に浮かび上がってきて段々惹き付けられていきました。
というか、ぐだぐだペースに慣れてきたというか(笑)

この作品はミステリーを楽しむというよりは、
人生も半ばを過ぎ、それぞれのいろいろな事情でちょっとくたびれかかった(笑)
おっさんたちの悲哀を楽しむコメディでもあるんですよね。

だからこそブラックジョークもハマルし、
あたふたした4人の滑稽な姿や、
過去を引きずったり、へんなプライドが邪魔したりの会話が、
なんとも可笑しい〜。
ん?私が同年代だからこそ湧く愛着なのかしらん(笑)

なんにせ↓こんなカッコいいメンツを集めて、
c0004181_11212213.jpg

でも、誰ももカッコ良く描かれてないってのがいいじゃないか(笑)

マーク・ウォーレンのキャラは期待どおり笑わせてくれるし、
ジョン・シム演じるバッカスなんて、実は一番痛々しいキャラだし(色々と/笑)
c0004181_11254630.jpg


で、問題のラストなんですが。。。(注:ネタバレです〜)
続編があるとはいえ、
一応完結はしてるものだとは思ってたので、
え!?これで終わり???ってな感じでちょっと消化不良。
事件の背景を推測させるものもあまりなかったと思うし。気がついてないだけ?
とにかく続編あるなら早く観たーい!
きっとそれですっきりするわけでは無いのだろうけど。

まあそうはいっても、
クインの選んだラストは、彼のキャラ的にも納得できるし、
ちょっとジーンとさせられたんだよなあ。
しかもラストに大好きなスノパトのrunがかかっちゃうんですから!(←ってそれかいっ!)
最初観たときは、もしかしてジョーク的オチもあるのかなと思ってたくらいなので(笑)、
ものすごい哀愁を帯びたラストには、ある意味ビックリさせられたかな。

で、とりあえず黒幕は警察内部というバックスの見解でいいのかしら???
トニーブレア男も結局何者かよくわかんなかったしなあ。。。

あのままいけば、クインはドミニクに消されて終わり〜なんでしょうが、
続編があるという事なら、当然4人はそのまま残るはずなので、
それはそれでどう展開していくのかが楽しみでもあります。
あのあと3人が帰宅してからの展開なのか、
それとももう一度別荘に戻っての展開なのか。

そのままにならぬよう、続きもおねがいしますよ〜AXNミステリーさん!


そういえば、このドラマの前に『ステート・オブ・プレイ』も観てたのだけど、
あの新聞社のメンバーはなかなか良かったと思うので、
同じメンツで新聞社を舞台にしたもっと気楽な連ドラってのやってくれないかな〜。
c0004181_11323436.jpg

もちろんマーク・ウォーレンもあのお得意軽薄キャラでの登場で希望(笑)
[PR]
by la-panda | 2011-07-17 11:52 | 海外ドラマ | Comments(4)
6年間続いたLOSTがとうとう終わってしまいました。
このドラマの感想をどう書こうかなあと思っていたところ、
amiel2さんがトラックバック企画を立ち上げてくださいましたので、
それの乗ってみようと思います。
って、トラックバックって、懐かしい〜(笑)
c0004181_1921232.jpg

というわけで以下の10の質問に答えます。

1.このドラマを最後まで見た率直な感想を語ってください
2.ラストの結末についての自分なりの解釈を教えてください
3.結局、「島」とは何だったと思いますか?
4.一番好きだった登場人物は? その理由は?
5.一番嫌いだった登場人物は? その理由は?
6.一番好きだったエピソードは? その理由は?
7.一番泣いたエピソードは? その理由は?
8.このドラマの不満点があれば教えてください
9.このドラマが言いたかった事は何だと思いますか?
10.最後に「これだけは言っておきたい」という事は?


一応ネタバレになる2番以降は閉じますので、
観た方のみ入ってくださいませ。
ではいってみよう!
(以下上手く考えがまとまってはいないので、かなりの長文です。
すみません;)

1.このドラマを最後まで見た率直な感想を語ってください

最後まで謎を残して終わってしまいましたが、
この謎について、あれこれといつまでも考えてしまう罠にかけられてしまいました(笑)。
さすが、最後までlostでした。

この謎が謎を呼ぶストーリー展開は、いつも私の想像を越えていて、
次回が気になって仕方ないというテンションをずっと維持させてくれました。
なにより、このドラマの一番の魅力は、
フラッシュバック、フラッシュフォワード、さらにはサイドウェイズまで使って
キャラクターの人間性を掘り下げてみせてくれた事!
過去と現在、現在と未来のストーリーをリンクさせながら、
丁寧に一人一人を描いていった脚本はすばらしく、
またそういう点では一応1話完結物だったというのも、
最後まで飽きず観られた理由だったと思います。

2.ラストの結末についての自分なりの解釈を教えてください
[PR]
by la-panda | 2010-11-27 20:39 | 海外ドラマ | Comments(7)

AXNミステリーあれこれ

c0004181_3525188.jpg

正直者をだましてはいけない
ロンドンを舞台に、
欲深〜い金持ちたちをギャフンといわす詐欺師たちの活躍を描いた
華麗なるペテン師たちシーズン1を観終わりました。

独特のカメラアングルや空想世界等、スタイリッシュな映像がニクいっ!
間違いなくスティング意識してますね。

マーク・ウォーレン演じる生意気ルーキー、
ダニーの成長ぶりが見所だったと思うのですが、
ロバート・グレニスター(ジーン・ハント役の兄だって!)
や大御所ロバート・ヴォーンのオヤジ組がいい味出してて、
いいチームワークだったなあと。
美しきステイシーのコスプレにもうっとり。
BSでは3が放送中らしい。ああBSみたいな〜。

c0004181_3562953.jpg

華麗なる〜のあとに始まった「ニューヨーク1973/LIFE ON MARS」
私が惚れた時空刑事のリメイク版ということで、
突っ込む気満々で(笑)一話目を鑑賞。
第一の印象としては
ニューヨークの70年代ってなんだか活気あって、
マンチェのすさんだ雰囲気とはかなり違うなあと。
サムタイラー役のジェイソン・オマラは体格もよくて、
ジョン・シムとはまるで違うタイプなんだけど、
オリジナルに忠実にしようとしているのか、
仕草とか演技とか似せていてなんだか逆に違和感。
ってか、あまり浮いてないというか、職場にすぐ馴染みそうなんですけど〜(笑)。
そして一番楽しみなジーンハント役のハーヴェイ・カイテル
俺様な感じがあまりしないというか、荒っぽくてもいい上司に見えるぞ〜。
彼のキレっぷりが出るのははこれからなのかなあ。
あっ選曲はなかなかグッド。
オリジナルにはかなわんでしょといいながら、
なんだかんだいって楽しむ気満々!?(笑)。

c0004181_3564610.jpg

もう一つAXNで毎週楽しみに観ているドラマが
「名探偵モンク」
連続放送でいっきに追いかけ、今シーズン4。

潔癖症と数々の恐怖症を持つモンクさんをコミカルに描きながら、
その天才的な事件解決能力を終盤にいっきにみせる
このバランスが面白い〜。
名台詞の「経緯はこうです」を聴くとスカッとします。
ゆる〜いコメディにいつも笑わせてもらいながらも、
モンクさんにどことなく流れてる哀愁感、これがいいんですよね〜。
ストットルマイヤー警部と超天然(笑)ディッシャー警部補のコンビは最高です。

あとはしばらく深夜でチャッチアップやってたバーナビー等をチラ見してたんだけど、
あれ一話2時間なんですよね〜。
ジュリーレスコーとかフロストも観たいんだけど同じく2時間。
時間的になかなか全部まともに観られなくって。
あのイギリスの田舎風景をみるだけでウキウキするので、
ちゃんと観てみたいのだけどなあ。


c0004181_357129.jpg
最後にまた時空刑事ネタに戻るのですが、
車好きの旦那が先日ジーンハントの乗っていたコルティナのミニカーを
ゲットいたしました!



ナンバーも同じでまさにジーンハント仕様なんですよ〜。
限定1500台の1300番台だったとか。よかったね〜まにあって。
フフッ、これにジーンハントのフィギュア付いてたら笑えるな。

c0004181_4884.jpg


あっ、劇中にでてきたこんなのでもいいけど。
これ超欲しい〜。
c0004181_482096.jpg
[PR]
by la-panda | 2010-02-13 04:34 | 海外ドラマ | Comments(4)

時空刑事1973 Life on mars

c0004181_1314138.jpg最近AXNミステリーを観始めたところなんですが、
そこで新たなドラマとの出会いが♪
BBC制作の「時空刑事1973Life on mars」(2006英)です。

邦題がダサイなと思いつつ観てみたらこれが面白い!
しかも70年代のマンチェスターが舞台なもんだから、
全てが私のツボつきまくり。
しかし観始めよう思った時に放送は終了(苦笑)

というわけでちょうど100円レンタルだったし、一気に借りて数日で全て観ちゃいました。
ああ眠い〜でも満足〜(笑)。

2006年マンチェスターで警部を勤めるサム・テイラーは捜査中に事故に会い、目覚めると同じ場所の1973年にいた。
わけわからぬまま署に戻ると、他の部署から転任してきた警部補という肩書きに。
いつか元に戻る事を信じて、日々起こる事件の捜査をしていくのだが、、、


まずはオープニングクレジットをば

ね、この雰囲気、かっこいいでしょ〜〜〜
この監督さん70年代の刑事ドラマが好きなんでしょうね、
まんま当時の作品観てるみたいです。
ファッション、車(カーチェイスシーンがしびれる〜)、
そして70年代ブリティッシュロックのオンパレードに酔いしれちゃいます。

初回からして音楽のセレクトが絶妙なんですが、
この Life On Marsというタイトルは当時のデヴィット・ボウイの曲。
サムが事故にあうときにiPodから流れてた音楽なんですね。
このタイムスリップ?する重要なシーンに大胆に丸ごと一曲使うセンスが好き。
こんな感じです↓(これでも曲の途中までですが)


エンドクレジットの音楽も1話事に違っていて、それも毎回楽しみでもあるのです。まるで「コールドケース」みたいですね(笑)。

ストーリーですが、SFミステリーという本筋は貫きながらも、
実はその中身は戦う男達を描いた人間臭〜い刑事ドラマ。
自分が73年にいる理由がわからず、苦悩しながらも、
必死にその世界での任務を全うするサムの姿を描きます。

30年以上も昔なら、捜査方法もまるで違うわけで、
科学捜査(DNAって何?の世界だしね)だとか、犯人の人権を尊重だとかは重要でなく、
暴力で犯人をでっち上げるずさんな捜査と汚職まみれの現場。

c0004181_242672.jpgc0004181_2144419.jpgジーン・ハント警部(左)はまさにその典型で、とにかく直感で動く荒っぽい上司。
当然、証拠重視で論理的に捜査を進めようとするサムとはことあるごとに対立します。
だけど彼のキャラはこのドラマの最大の魅力。
彼の俺様な態度が笑えて、サムとのコンビが毎度楽しみになってきます。

サムとはやり方は違えど、刑事としての信念は同じなんですよね〜。
毎回、実はいい奴じゃーんって思わせる終わり方が憎いんだなあ。
だみ声も素敵だし♪(←断然字幕がオススメ!)


そして衝撃の最終回のオチ、、、私的にはどうなんだろ?と思う所もありましたが、上手くつくられてるなあと感心。
決して派手なドラマじゃないし、今時のスピーディーなドラマでもないけど、
UK好きな方には是非観ていただきたいな。
一話完結だし、全16話だし。

ちなみにこのドラマ国際エミー賞とかでベストドラマ賞とかを受賞してて、
アメリカではリメイクも!ジーン役がハーヴェイ・カイテルですって。
カイテルは単細胞っていうより、思慮深いイメージなんでどうなんやろ。
でもちょっと気になる〜。

c0004181_2472117.jpgそうそう、主人公のサムですが、
演じるジョン・シムさんがもろ私好みで、もうかっこいいのなんのって!
役柄的にしかめっ面が多いですが、寂しげな表情もあわせて、
彼の笑った顔もたまりましぇ〜ん。
どことなくトム・ヨークに似てませんかね?
完全に惚れてまったので、過去の作品追っかけるつもり。
ひかりのまちに出てたんですね〜
あとDr.フー(シーズン3)での怪演もみてみたい。
NHKさん続きの放送待ってますよ〜。
エヘヘ、久々に味わった乙女心なのでした(笑)。
[PR]
by la-panda | 2009-10-24 02:50 | 海外ドラマ | Comments(19)

CSIの視聴ペースも落ち着いてきたところで、
只今はまっているのが、コールドケースというドラマ。
コールドケースとは未解決殺人事件のことで、
時効の無いアメリカ、フィラデルフィアを舞台に、
未解決事件ばかりを捜査、解決していく刑事ドラマなんですが、
とにかくこのドラマ、挿入歌がすごいのだ〜。

オープニングは決まって、過去の事件が起きるところから。
当時の時代背景を忠実に再現したノスタルジックな映像に、
早速当時のヒット曲が流れてきます。
捜査が進む過程で、何度も過去のシーンがフラッシュバックされますが、
惜しげも無く流れるヒット曲の数々。
この選曲や使いどころが絶妙なんです〜。
扱う事件も1930年代〜2000年代と幅広いので、
今日は何がかかるのか?がとにかく楽しみで♪

こちらに曲のリストが。
このAXNのページには放送中のシーズン2までのデータしか載ってませんが、
シーズン4では全てU2がかかるお話もあるんだとか!キャー!(嬉)

現在アメリカではシーズン6まで続いている人気ドラマなのですが、
未だDVD販売がないのは、この著作権の問題がクリアできないということらしい。

さて肝心のストーリーですが、これがまた毎回感動させてくれるんですよね〜。
現代の最新技術により明かされる新事実ももちろんあるのですが、
CSIのような証拠重視の捜査と違って、
捜査のメインは関係者への聞き込み調査
当時では証言されなかった事が、
時間を経た今だからこそ明かされるという点が興味深く、
それだけに事件の背景にある人間ドラマが見所なのです。

このお見事な聴き込みテクニックを披露してくれるのが、
男臭〜い殺人課のなかで、紅一点でがんばる
リリー・ラッシュ刑事。(キャスリン・モリス)
もう見てるだけでうっとりするお美しさなのですが、中身は男らしく情熱的。
時にはドキッ!とするような言葉で容疑者に真実を吐かせるところ、
マイアミのホレイショ・ケインにも負けてません(笑)。

同僚にもズバズバ言いたい事言ったりと、
いろいろ楽しませてくれる彼女ですが、
チームワークはすごく良いし、
ラストでの被害者やその関係者を思いやるシーンに、
毎度泣かされちゃってます(またここのBGMがたまらんのだ)

ちなみに吹き替え版の声は田中敦子さん。
攻殻機動隊の少佐、、、ですね、なるほどキャラもかぶってます(笑)。


そういえば私は昔、中谷美紀主演の「ケイゾク」というドラマにもはまったし、
最近ではオダジョーの「時効警察」にもはまったし、
未解決事件ものが好きなのかな。
まあケイゾクと時効警察は9割はくだらないギャクというノリが好きだったわけですが(笑)。
[PR]
by la-panda | 2009-04-26 03:44 | 海外ドラマ | Comments(8)
c0004181_14142848.jpg
2/2 第1位を追記
またまたCSIの話題で申し訳ないのですが、
なんとなんと、デアゴスティーニより、
週刊CSIDVDコレクションが創刊されます!
(パチパチ〜)
毎週2話すつ入っていて、科学捜査ファイルとか、マニアックそうな記事満載で面白そう。
でもこれ、とてもじゃないけど揃える事は金銭的に無理!
(全91冊ですもん/涙)
とりあえず創刊号だけは安いのでゲットしますが、
それ以降毎週陳列する度に、購入したい気持ちを押さえるのが大変そう。
(まあでも昼休みに記事は読めますね、うしし、書店員バンザーイ)

さてAXNでは2月のシーズン6放送前に、
視聴者から募集したベストエピソードを放送中。残るはベスト3となりました。
10位から3位までの結果は以下の通りです。

1 非情の街ラスベガス (シーズン1 1話)2/2 追記
2 べガスーマイアミ合同捜査 (シーズン2 22話)1/26 追記
3 CSIチーム解散 (シーズン5 9話)1/19 追記
4 犯罪の真実 (シーズン1 6話)
5 科学捜査班の失敗 (シーズン3 48話)
6 CSI12時間の死闘 前編/後編(シーズン5 116・117話)
7 不倫の果て DNAの証言 (シーズン1 4話)
8 惨劇の家 (シーズン1 7話)
9 キメラの遺伝子 (シーズン4 92話)
10 誘拐の罠 (シーズン1 3話)

シーズン1からなんと4つもエントリー!c0004181_14123118.jpg
皆さん、若き日のクルー達が見たかったのでしょうか  (皆若っ/笑→)
でもさすが、事件そのものに見応えのある作品ばかり入っているなあと思います。
タランティーノ監督の「12時間の死闘」はもっと上位かと思ってましたが、
いつものCSIとは明らかに違うので、お祭り扱いで6位入賞って感じでしょうか。
ちなみに私が投票したのは5位の「科学捜査班の失敗」
ラストがスカッとして気持ちよかったなあ。

さて残りのベスト3は何か?なんですが、
入ってるんじゃないかな〜と想像されるのは、
やはり記念すべき第1話「非常の街 ラスベガス」と、
シーズン2 第22話の「べガスーマイアミ合同捜査」←やっぱり!1&2位で発表されました
ホレイショとグリッソムの捜査のしかたの違いが明らかで面白かった〜。
キャサリンはマイアミバックが似合う。

グリッソムの宿敵だったポール・ミランダが出てくる3部作?(1話、22話、シーズン2 13話)も印象的なので、エントリーが想像されますが、ベスト3を占めることはないかな。

というわけでここからは上記以外で個人的に印象深いエピソードをあげてみたいと思います。(多分ベストには入らない)

シーズン1
17話「心の闇 多重人格」ラストのゾゾゾってなシーンと、自然発火を検証するサラとウォリックが面白かった。Xファイル的なお話はCSIには通用しないのだ(笑)。
19話「殺意なき殺人」子供がからむとやはり印象強いな〜二転三転してなかなか読めなかったラスト。

シーズン2
18話「暴走バス24人の運命」、お話自体は地味だけど、チーム全員の地道な捜査で導きだした結果は見事だった、これぞCSIと思った。
19話「覗き穴の殺人者」ニックって結構危険な目にあってるよなあ;
23話「哀しい宿命」、ホームレスを演じたゲスト女優さんの演技力が見事だった。

シーズン3
20話「残酷な笑い」ではブラスの刑事の勘に感心。どんなに調査しても時間が経たないと出てこない証拠っていっぱいあるんだろうなあ。
22話「傷だらけのCSI」でのラボの事故は怖かった。自分も分析の仕事をしていて危険だったと感じた過去を思いだしてしまった。
23話「封印された過去」、同僚が射殺されるという衝撃と、グリッソム、キャサリンそれぞれの秘密が明らかになる印象的な話。ニックの操作方法も見応えあり。

シーズン4
6話「埋められた秘密」グリッソムの単独捜査がお見事。捜査キッドを盗まれてもなんのその、さすが。
7話「猶予24時間」捜査はじっくり派のグリッソムでも今回はとにかく時間がなーい!なエピ。証拠能力というものについて考えさせられるお話。
20話「警官たちの響宴」でのマラソン大会。どう見ても遅そうなCSIメンバーが可笑しい。グリッソムのBGM選曲に笑った。

シーズン5c0004181_18202023.jpg
11話「ホームズ最後の夜」全体的に楽しい演出(このホームズの事件は実際にマネをされたらしい)
なんといってもグレッグが最終テストに合格♪チームは分かれてしまった後だったけど、それを祝うクルー達が微笑ましかった。
19話「冷たい雨」時間軸をずらして4つの事件を交差させる手法で何度も見たくなる。日常のCSIの風景を見ているようだった。
23話の「死体たちの運命」現場のエクリー貫禄無し(笑)、密かにエイリアンを疑ってたデビット検死官が可笑しい。

見応えのある捜査というより、ちょっと違った角度で見せられたエピを選んでみました。とにかくテレビドラマとはいえ、どれもよくできてるわ〜。

いよいよのシーズン6はチーム復活!全員並んで歩くシーンがいまから楽しみ〜(Gメンかっ!)

ここまで読んでくださった方ありがとうございます。
ベストエピソードの一位は何か?とか私的ベストエピソードとか、
語りたい方いらっしゃったらコメントお待ちしておりまーす。(←誰かいらっしゃるかしら;)

最後にCSI: ニューヨークについて
c0004181_17204310.jpg
CSI: ニューヨーク シーズン2をやっとちらほら見ております。マックはさすが貫禄。今のところ人間的に落ち度が感じられない?ですがどんな人かまだつかめず。ベース演奏姿が渋い。個人的にはダニーが好き。
NYの街並も魅力ですが、ラボがあまりに近未来的すぎやしませんか?
さすがNYって感じなんでしょうか。今ってほんとにあんなことができるのかなあ。。。
[PR]
by la-panda | 2009-01-16 19:35 | 海外ドラマ | Comments(14)
c0004181_436592.jpg

AXNでの連続放送を毎日見続け、
ただいまシーズン5鑑賞中のCSI:科学捜査班
すでに100話近く観ている事になりますが、ますますはまっております。
数々の名言を含めたイキな台詞、分析シーン等の斬新な映像、二転三転する脚本、、、
さすが全米のトップ視聴率を守り続けるだけの事はあるなあと思う。
これ地上波大丈夫?ってなグロシーンもありますが、
ああこれも仕事なんだよなあと思うと、見方がかわっちゃうから不思議。

c0004181_5214511.jpg
しかしなんといっても一番の魅力は捜査官達のキャラクター!
主任のグリッソムなんて仕事は出来るし、
うんちくもすごいけど(彼が発する名言はためになる)、
そのおたくぶりや、かなりの変人さ〜ん(笑)。

他のメンバーもそれぞれ人間的には完璧でないところが愛おしいんですよねえ。

c0004181_5123384.jpg
私のお気に入りキャストはグレッグ
DNA分析官として軽口や明るいキャラでラボを楽しませてくれたけど、
いよいよ5からは志願してのCSI現場デビュー!
新米捜査官としてグリッソムにいじられながらの(笑)活躍に期待です。


でも親父組もいいんだよなあ、
ブラス警部ロビンス検死官の渋さといったら。
あとはイケメンウォリックよりはニック、カッコいい女キャサリンよりサラが好きですねえ、もちろんみんな好きなわけだが。


そんな感じですっかりCSIファンのわたくし、買っちゃいました〜
2009年カレンダー!
c0004181_4341874.jpg

日本版無いので、実はイギリス版なのですが;
いいんです、日付と曜日さえわかればいいんです。

中身みてわかったんだけど、ウォリックがいなーい!
ホッジスだっているのに笑)
そうか、シーズン8で降板したんだから当然か、、、
サラはグリッソムとの2ショットがありましたけどね。
まあとにかく8でウォリックとサラ、9でグリッソムが降板、、、
寂しい〜〜けど私にはまだ当分先のお話なのでした。

べガスのシーズン5の放送が終わるとしばらく放送ないので、
次はマイアミNYもじっくりみていくつもり。

c0004181_5202586.jpgあっ、でもマイアミは結構観てるな、
だってホレイショケインからも目が離せないんだもの。
彼の立ち振る舞いとか悪に対するキメ台詞とか、
もうキャラが立ちすぎてて可笑しい〜。
でも彼こそ真にかっこいい男なのかもねえ。
部下や被害者(特に女子供)に対する気遣いぶりには惚れます。
グリッソム見習うべきかも(笑)。


c0004181_4525553.jpg
昨年のですが、このオフィシャルガイドブックかなり詳しい♪
ファン必須の一冊ですぞ。
[PR]
by la-panda | 2008-12-05 05:43 | 海外ドラマ | Comments(6)

LOST からCSIへ

c0004181_4313658.jpg4月からAXNで連続放送していた海外ドラマ「LOST」
ご存じ、とある島に墜落した飛行機の生存者達によるサバイバルサスペンスドラマ。
一日一話見続けやっとこさシーズン3まで(計72話)を見終わりました〜。

3でははかなりいろんなことが見えてきましたね。
そしてラストはまだまだこのままでは終わらないのよ〜って感じで、
先の展開にかなり期待を持たせてくれました。

というわけで最終的にシーズン6(2010年!)まで放送することが決まってるので、ここまできてもまだ折り返し地点なんですが、
視聴率低迷を避けるために6で決着つけるという言葉を信じて、
ええ、最後までついていきますとも!(笑)。

もともと一話完結ものが好きな私が、連続ドラマにこんなにはまったのはほんとに久しぶり。
以前少し観てたときは、島にまつわる謎解きがあまりにひっぱられることに少々ついて行けなかったんですが、
再度見始めると、細かい発見がいっぱいあることに気づいて。
伏線はちゃんと後に登場してくるし(遅いけど)、こんなところにそんなつながりが!みたいな。これが面白くてやめられないんですよね〜。
なにより人間ドラマを描く点において脚本が秀逸だと思う。
登場人物たちの過去と現在とのリンクの仕方は絶妙で、そのストーリーには感動さえします。

私的お好みキャストはロック。c0004181_4314949.jpg
吹替は麦人さんがやってるんだけど、これスタートレックのピカード艦長と同じ声なんですよね〜はげ頭も共通点(笑)。
島の力を信じて行動する重要人物だけど、
結構いらんこともいっぱいしでかしてくれるおっさんってなところが魅力かしら(笑)。
あと過去があまりに惨めすぎるんでつい応援したくなるという。

c0004181_432498.jpg
あとソーヤーはほんと憎みきれないろくでなしって感じで、魅力的キャラですね。
リーダージャックより断然女子には人気あるのでは?
ジャックはちょっと頑固すぎですからね(笑)。

c0004181_5121686.jpg→ついでにデズモンドはダスティンホフマンに似て蝶です。



楽しみなシーズン4は9月から放送開始だそうなので、しばらく私の無人島旅行はお休み。


今はCSI:科学捜査班1〜5の連続放送やってまして、
ちゃんと1から全部観たかったのでこちらもがんばります。
オープニングのWHOがセンス良すぎ。

全然レベル違うけど、一応もと分析の仕事をしていた身としては、科学捜査班ってすごく惹かれるんですよね~CSIカッコイイです。c0004181_584713.jpg
ああ、もう私は白衣の仕事にはもどれないんだろうなあ。。。


[PR]
by la-panda | 2008-07-28 05:18 | 海外ドラマ | Comments(13)