只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:AXN ミステリー ( 2 ) タグの人気記事

MAD DOG/マジョルカの罠

久々に視聴を復活させたAXNミステリーにて、『MAD DOG マジョルカの罠』全4話観終わりました♪
c0004181_11223358.jpg

『Life on mars 1973』コンビのジョン・シムフィリップ・グレ二スター
『華麗なるペテン師たち』マーク・ウォーレン
『生存者たち』マックス・ビースレイというAXNミステリーではおなじみの
豪華共演ということで、
私的には久々にテンションあげて観たドラマ。
オススメするほどの作品じゃあないけど、観てるうちに段々キャラに愛着湧いてきて、
4話で終わりなんてもったいないよ〜と思ってたら、すでに続編撮影中だったんですね!

内容は旧友が集まった美しいマジョルカ島の豪華別荘で、楽しいはずの休暇が一転、悪夢へと変わるというサスペンススリラーもの。(AXNミステリーより)

1話目では、なかなか事件に至らず、
最後にやっときたー!な展開だったので、
これマジつまんなかったらどうしよう;;;という不安もややありましたが(笑)、
2話3話とミステリー要素も高まり、
4人の微妙な関係性が徐々に浮かび上がってきて段々惹き付けられていきました。
というか、ぐだぐだペースに慣れてきたというか(笑)

この作品はミステリーを楽しむというよりは、
人生も半ばを過ぎ、それぞれのいろいろな事情でちょっとくたびれかかった(笑)
おっさんたちの悲哀を楽しむコメディでもあるんですよね。

だからこそブラックジョークもハマルし、
あたふたした4人の滑稽な姿や、
過去を引きずったり、へんなプライドが邪魔したりの会話が、
なんとも可笑しい〜。
ん?私が同年代だからこそ湧く愛着なのかしらん(笑)

なんにせ↓こんなカッコいいメンツを集めて、
c0004181_11212213.jpg

でも、誰ももカッコ良く描かれてないってのがいいじゃないか(笑)

マーク・ウォーレンのキャラは期待どおり笑わせてくれるし、
ジョン・シム演じるバッカスなんて、実は一番痛々しいキャラだし(色々と/笑)
c0004181_11254630.jpg


で、問題のラストなんですが。。。(注:ネタバレです〜)
続編があるとはいえ、
一応完結はしてるものだとは思ってたので、
え!?これで終わり???ってな感じでちょっと消化不良。
事件の背景を推測させるものもあまりなかったと思うし。気がついてないだけ?
とにかく続編あるなら早く観たーい!
きっとそれですっきりするわけでは無いのだろうけど。

まあそうはいっても、
クインの選んだラストは、彼のキャラ的にも納得できるし、
ちょっとジーンとさせられたんだよなあ。
しかもラストに大好きなスノパトのrunがかかっちゃうんですから!(←ってそれかいっ!)
最初観たときは、もしかしてジョーク的オチもあるのかなと思ってたくらいなので(笑)、
ものすごい哀愁を帯びたラストには、ある意味ビックリさせられたかな。

で、とりあえず黒幕は警察内部というバックスの見解でいいのかしら???
トニーブレア男も結局何者かよくわかんなかったしなあ。。。

あのままいけば、クインはドミニクに消されて終わり〜なんでしょうが、
続編があるという事なら、当然4人はそのまま残るはずなので、
それはそれでどう展開していくのかが楽しみでもあります。
あのあと3人が帰宅してからの展開なのか、
それとももう一度別荘に戻っての展開なのか。

そのままにならぬよう、続きもおねがいしますよ〜AXNミステリーさん!


そういえば、このドラマの前に『ステート・オブ・プレイ』も観てたのだけど、
あの新聞社のメンバーはなかなか良かったと思うので、
同じメンツで新聞社を舞台にしたもっと気楽な連ドラってのやってくれないかな〜。
c0004181_11323436.jpg

もちろんマーク・ウォーレンもあのお得意軽薄キャラでの登場で希望(笑)
[PR]
by la-panda | 2011-07-17 11:52 | 海外ドラマ

AXNミステリーあれこれ

c0004181_3525188.jpg

正直者をだましてはいけない
ロンドンを舞台に、
欲深〜い金持ちたちをギャフンといわす詐欺師たちの活躍を描いた
華麗なるペテン師たちシーズン1を観終わりました。

独特のカメラアングルや空想世界等、スタイリッシュな映像がニクいっ!
間違いなくスティング意識してますね。

マーク・ウォーレン演じる生意気ルーキー、
ダニーの成長ぶりが見所だったと思うのですが、
ロバート・グレニスター(ジーン・ハント役の兄だって!)
や大御所ロバート・ヴォーンのオヤジ組がいい味出してて、
いいチームワークだったなあと。
美しきステイシーのコスプレにもうっとり。
BSでは3が放送中らしい。ああBSみたいな〜。

c0004181_3562953.jpg

華麗なる〜のあとに始まった「ニューヨーク1973/LIFE ON MARS」
私が惚れた時空刑事のリメイク版ということで、
突っ込む気満々で(笑)一話目を鑑賞。
第一の印象としては
ニューヨークの70年代ってなんだか活気あって、
マンチェのすさんだ雰囲気とはかなり違うなあと。
サムタイラー役のジェイソン・オマラは体格もよくて、
ジョン・シムとはまるで違うタイプなんだけど、
オリジナルに忠実にしようとしているのか、
仕草とか演技とか似せていてなんだか逆に違和感。
ってか、あまり浮いてないというか、職場にすぐ馴染みそうなんですけど〜(笑)。
そして一番楽しみなジーンハント役のハーヴェイ・カイテル
俺様な感じがあまりしないというか、荒っぽくてもいい上司に見えるぞ〜。
彼のキレっぷりが出るのははこれからなのかなあ。
あっ選曲はなかなかグッド。
オリジナルにはかなわんでしょといいながら、
なんだかんだいって楽しむ気満々!?(笑)。

c0004181_3564610.jpg

もう一つAXNで毎週楽しみに観ているドラマが
「名探偵モンク」
連続放送でいっきに追いかけ、今シーズン4。

潔癖症と数々の恐怖症を持つモンクさんをコミカルに描きながら、
その天才的な事件解決能力を終盤にいっきにみせる
このバランスが面白い〜。
名台詞の「経緯はこうです」を聴くとスカッとします。
ゆる〜いコメディにいつも笑わせてもらいながらも、
モンクさんにどことなく流れてる哀愁感、これがいいんですよね〜。
ストットルマイヤー警部と超天然(笑)ディッシャー警部補のコンビは最高です。

あとはしばらく深夜でチャッチアップやってたバーナビー等をチラ見してたんだけど、
あれ一話2時間なんですよね〜。
ジュリーレスコーとかフロストも観たいんだけど同じく2時間。
時間的になかなか全部まともに観られなくって。
あのイギリスの田舎風景をみるだけでウキウキするので、
ちゃんと観てみたいのだけどなあ。


c0004181_357129.jpg
最後にまた時空刑事ネタに戻るのですが、
車好きの旦那が先日ジーンハントの乗っていたコルティナのミニカーを
ゲットいたしました!



ナンバーも同じでまさにジーンハント仕様なんですよ〜。
限定1500台の1300番台だったとか。よかったね〜まにあって。
フフッ、これにジーンハントのフィギュア付いてたら笑えるな。

c0004181_4884.jpg


あっ、劇中にでてきたこんなのでもいいけど。
これ超欲しい〜。
c0004181_482096.jpg
[PR]
by la-panda | 2010-02-13 04:34 | 海外ドラマ