只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:FRANZ FERDINAND ( 4 ) タグの人気記事

Franz Ferdinand zepp nagoya 2009

c0004181_2491234.jpg
久々に古巣名古屋へとライブにいってきました。
今年はフジでヘッドライナーのフランツを観てたので、
まあはずれたら止めとこうくらいのテンションで、先行に応募してみたなら当選。
300番あたりだから特別いい番号でもなかったけど、
ライブハウスで前方狙えるチャンスでもあるし、
せっかくだから思いっきりかぶりつきで堪能しようと(笑)出陣してきました。

今回同じくフランツに参戦する、CARRIONさんPGさんと、開演前にお会いする事ができました。
初対面とは思えないほど気さくに接してくださり、
音楽愛にあふれたお二人とのおしゃべりは、とても楽しい時間でした。
そのまま一緒に観る事も出来たのですが、
皆さんはボ部なので(笑)、ひとりニック側へ。
いや〜やっぱニックのせわしない動きをしっかり見届けたいじゃないですか。
早めに並んだおかげでなんとかニック前の2列目につく事が!

まわりはFRANZ Tシャツを着た人と女子率高し!
一人で来てる女子も結構いましたね(自分もだけど)。

10分おしでフランツ登場。c0004181_2513677.jpg
おおっ、ニックが目の前で感激〜〜ちょっと髪長めだけどかっこいいじゃん。
スレンダーアレックスの横にいるとどうしても小柄に見えちゃうニックだけど、
目の前ではやはりでかいね(当たり前です)
赤Tシャツもすごく可愛いし♪
でもこれ後方から見ると、赤い部分しか見えなくて、
変なノースリーブ?着てるとおもわれてたらしい(ニック残念!)。
アレックスは赤黒チェックのシャツにジーンズ。赤でお揃いですな。
最近花柄シャツって着てないんですかね、観たかったな。
ポールのドラミングを観察するのも楽しみだったけど、
なんとキーボードで隠れてほとんど観られず(涙)
ポールもっと高い位置でドラムやってよ〜(無理言うな)。

マチネからまずはしっかり盛り上げ。
ハンドマイクのcant stop〜からTell her tonightとなかなかいい流れです。
目の前で観るパフォーマンスはやっぱり迫力あるわ〜
アレックスはやっぱりキメックスだし、
ニックの動きは、面白過ぎで観てて飽きない、終始ニコニコしてくれてるのも嬉しい。

その後しっとり聞かせたWalk away Live Alone
とくにLive Aloneのシブいアレンジにはしびれた〜このバージョンの方がいいね。
再びMichelで踊らせましたが、この時点でもうまわりはもみくちゃ状態。
怒濤のダンスチューン続きで、あれよあれよと押され、
気がついたら私かなり左側に押し出されてしまってました。
昔は意地でもいい場所をキープしてたものですが、私も歳ですな(笑)。
ポールもなんとか見えるようになったし、踊りやすくなったのでよしとしよう。
結局フランツは盛り上げるっていうより、自分が気持ちよく踊れてなんぼだと、
今更再確認(笑)。
c0004181_2504540.jpg

This fire はライブやるごとにカッコ良く激しくなってますね。
鉄板Take me out にもまけて無いかと。
アレックス、アンプ上の背面弾きパフォーマンスまたやってくれてニヤリ。

Ulysees では会場皆でワイパー、大好きなナンバーだけど私はこれがどうも違和感で(苦笑)、正直手拍子とかもあまり好きじゃないのですが、
盛り上げようとするアレックスに答えなくちゃで、はい。ちゃんとやりましたよ〜。

そしてラストのOutsiders
恒例の太鼓乱れうちは、ボブ側に4人が整列して和太鼓風に。
遠くて見えにくかったけど、狂ったように叩きまくる3人が熱い!3人?はい、ボブはあくまで冷静に控えめに軽めに(笑)、
いやでもこれで4人のバランスとれてるんですよね〜。

アンコールではイントロでもったいつける40°からこれまた盛り上がるFallenへ。
なつかしのshopping for blood も聴けた!
とうとうオーラスのLucid dreams が。
フジの時これが凄くよくって、ライブハウスでトランス感を体験したかったのも今回の目的の一つでもありました。
シンセループが長いって意見もあるけど、私はあの締め大好きです。
ポールのドラミングも圧巻。
ひとりひとりがフェードアウトしたあと、4人再び揃って出てきてご挨拶。
やっぱこれが無いとね。

ライブ行くというのに、実はほとんどフランツを聴いてなかったここ何ヶ月でしたが(爆)
体にしみこんでたので心配無し。しっかり楽しめました。
全体の感想として、アレックスの声が聞こえないなあってのがあったのですが、
てっきり音響のせいかと思ってたら、ほんとに声出てなかったんですね。
喉の調子悪かったらしい(喘息?)
そういやアクションもフジに比べたら少なめだったかも。。。
でもそれであのレベルのパフォーマンスならたいしたもんだなと思いました。
名古屋ほんと盛り上がってたし。
お笑い度はフジより低めだったけど、ライブ構成とか演奏とか完成度は確実に高くなってますね。
アレックス休む間もないツアースケジュール、大丈夫かな。
フランツさんファイトー!

写真はこちらから

終演後はまたcarrionさん率いる(笑)シーパワ−愛する葉っぱ隊の皆さんと合流させていただきました。
いや〜葉っぱ隊のみなさん熱いな〜いい刺激をうけましたよ。

帰りは高速バスで、富山に朝帰り。子供達が起きる時間には間に合いました。
慌ただしく学校へ送り出し、私もすぐに仕事へ。我ながらハードだな〜。
でもライブは体力消耗しても、その何倍もの元気がもらえるから最高なのですよね。

そうそう、今回娘には内緒で行きました。
なんで母さんだけ〜ってうるさいですから。
まったく、小一の分際でね〜(笑)。

[PR]
by la-panda | 2009-11-15 03:16 | ライブレポ
フジからすでに2週間経ってしまった;
ただいま子供達は主人の実家で預かってもらって、猛烈仕事中の私ですが、
とにかく書き上げないと、、、というわけでもう一気にレポかいちゃいます。c0004181_211779.jpg

フジの二日目はゆっくりと起床し11時頃入場。
この日は快晴♪地盤はどろどろだったけど、
長靴だから平気です。
この日の娘のロック魂溢れる勝負服→
なかなか好評でした〜。

まずは子連れフジロッカーの大先輩!
sprewellさんとお会いするためにキッズランドへ。
感じのいいオシャレなお母さんと、可愛らしくもしっかりしてそうな娘さん♪
ここで子供達を遊ばせながら.音楽やママ友らしい会話(笑)なんかを。
うちの子はリサイクルゴミ箱に貼ってもらえる絵を描き、
sprewellさんの娘さんはペットボトルの工作を。
のんびりと楽しい時間をすごしました。
c0004181_159433.jpg

ハンモックや楽器や遊具等々、遊び足りないくらいだったけど、
一旦お別れし、フィールドオブへブンへ。

ところ天国を経由すると昨日の増水がどした?ってな感じで泳ぐつわもの多数。
意外に濁ってないのですね。あっすけきよ発見↓(笑)。
c0004181_2526100.jpg


ボードウォークを歩き、へブンに到着。
ライブはやってない時間帯だったけど、シートを広げてランチタイム。
入り口にあったお店swinka shankaのインディアンドッグ、サルサソースが辛くて上手かった〜。
ナンを揚げたようなもの?で包んでるのが美味。

子供達が持って行ったシャボン玉で遊び始めると、シャボン玉大量製造機!?を持った大人も参戦(笑)子供達も負けずと一本のストローで勝負です。
居心地いいからここでもしばらくのんびりとしました。

奥のオレンジコートへいくと、ちょうどthe inspecter cluzoで盛り上がり中。
終盤でしたが、最後にはお客さんをステージにあげて皆で飛び跳ね〜っ!
胸にズコズコくる音は迫力ありました。
ライブ終了後の大移動をまって、再びグリーンへ。

途中の物販売り場が混んでなかったので、ちょっくら寄ってみたらば、
あ〜あ結局買っちゃった;パンフとフランツのTシャツ。

グリーンへ戻ってJET以降を観る場所決め。
中央モニター前はステージも見えないし下がドロドロだしで空いてます。
この右側のギリギリステージが見えるところを確保したらこれが大正解!
子供達と一緒に観るに、スペースに余裕もありながら、ステージの様子もわかるという好位置。目の前のモニターも迫力!

JET登場。
ファーストと新譜中心の構成(セカンドあまりやらなくて残念)
新曲達は先に皆にフレーズを覚えさせてから曲に入るというパターンでしっかりアピール!
ちゃっかりしてるなあ〜でもなかなかよかったです。
そしてやっぱり盛り上がちゃうAre you gonna be my girl!
ためてためてためて、、、Are you gonna be my girl〜(叫)子供達もはじけまくってました。
しかし前半で盛り上がった子供達は後半のバラードで速攻爆睡(笑)、
なんとお休みタイムに突入しちゃいました。
c0004181_29839.jpg

そういや、ベースの方変わった?と思ったら、
なんと17キロも痩せたんだそうです(songbirdさん情報)

そのまま爆睡中の子供をダンナに託し、
今度はHIDEさんとワールドレストランでお会いすることができました。
目印をつけてくれたのですぐに発見!そのお気遣いがとても嬉しかったです。
再びsprewellさん親子とも合流して一緒に乾杯。
今まで観たアクトの話なんかで談笑し、短かったけどこれまた楽しいひとときをすごしました。皆さんありがとう〜。

今度は昨日会えなかったUKさんと連絡がとれ急遽マーキー前で再会することに。
TRASHCAN SINATRAS をBGMにしながらの喋りまくりでした。
ああ。なんという贅沢(笑)

グリーンへ戻ると清志郎スペシャルメッセージオーケストラの準備が。
豪華メンバーだけに早くも前方がどんどん埋まって行くのが見えます。

キッズランドで遊んでいた家族と合流し、オアシスへ腹ごしらえすることに。
sprewellさんに大プッシュされた釜焼きピザのサラミがにんにく効いててめちゃうま!
ほかに讃岐うどんやらタイラーメンやらおにぎりやらを皆とつつきました。

この後ダイナソーJRを一人で観に行く予定だったのですが、
グリーンがすっごい人人人で、清志郎で盛り上がってる!
これは元の場所に戻るのも大変そうだあ;
ここは家族と行動一緒にしたほうがいいかもとグリーンで一緒に観る事にしました。
なんとか基地に戻れたときはちょうどヒロト&マーシーがステージに。

ラストでは過去の清志郎さんのフジでのライブ映像が流れ、
皆がその言葉に歌に歓声を送ります。
本当に清志郎さんがそこにいるかのようで、凄く不思議な気持ちに。。。
最後に「雨上がりの空に」で会場大合唱!
清志郎さんとってもとっても皆に愛されてた人なんだなあと感じました。
ほんとに残念ですね。
でもこの感動的なシーンに少しでも参加できてよかった〜。

しかしあまりに感動的なフィナーレだったので、こんなに盛り上がった後でフランツって、、、だ、大丈夫?とちょい心配に(←ファンゆえの心理/笑)

この後これまたなかなか連絡とれなかったkさんとやっとやっとの(笑)再会。
フランツまでの待ち時間楽しくおしゃべりしました。
ライブもだけど、こうしていろんな方とお会いできるのも、フジならではですね。
このときのBGM がU2だったんですが、前回のフランツ前もU2だったような。
とにかくこれテンションあがるったらない(笑)。

Franz Ferdinand登場。
娘のレポにも描いてありましたが、c0004181_218755.jpgブルーグリーンに光るバックにメンバーのシルエットが浮かぶ様子がスタイリッシュ!

オープニングのno you girls から早くもdo you want to→マチネで踊る踊るのお祭り騒ぎ。
横の正面モニター前はぬかるみ地帯だったので、空間があったのですが、
そこで派手に踊りまくる集団がいて、それもまた場を盛り上げてました。
do you〜だけ踊りにきたような人もいっぱいいましたが(笑)

メンバーの格好は比較的シンプルか?と思ったらニックが半パン&ハイソックス!もうインパクトあり過ぎ。
この日は格好だけじゃなくアンプの上に乗ってのダンスも目立ってましたね。
アレックスはいつもの感じだけどチェックパンツは当日自分で調達してきたばかりのものなんだどか(ukさん情報)。
「アメヤンダ」やら「シーっ」やらのリップサービスがうける〜。
(娘はオアシスは雨男でフランツは晴男だと思ったそう/笑)。
ポールはお髭がダンディ〜途中スティックおとして、ソーリー;ってかわいい。

この日は鉄板take me out以外にも
this fire  outsiders 等今までのハイライト的な曲が次から次へときて飽きさせない。しかもちゃんとベタに格好付けるパフォーマンスが楽しい〜。
3rdからのナンバーもすごく良かったのですが、
特にアンコールのulysses→まいくう→40→lucid dreamsの流れが最高!
ulyssesカッコいいわ〜。
lucid〜で延々続くシンセループでメンバーが去って行ったのですが、
このしめが新鮮でした。

前回のフジのトリの時はドラマー達をたくさんステージにあげて盛り上げてたけど、そんな演出なくとも、今回はその時の何倍もよかった。
演奏が上手くなったとかじゃなんだけど、曲の層も厚くなってるし、貫禄ついたなあって。
とにかく家族でたくさん踊ってたのしかったっす。
子供達昼間寝てくれたおかげで、しっかりラストまで踊り続けてました。
君たち夜更かしも今日までだぞー(笑)

この日はスムーズにバス乗り場までいけて、すんなりと帰途につくことができ、
朝方自宅に到着しました。
というわけで私たちのフジはこれまで。
大変だったけど、ほんとに楽しかった〜また是非参加したいです。

この夏もまた実家へ片道850キロ運転でがんばります。
もちろんフジ行き資金のために!(笑)。
[PR]
by la-panda | 2009-08-12 03:15 | Fujirock
c0004181_0112721.jpg
フジから無事戻ってまいりました!
一日中雨の初日!おかげで二日目も地盤はどろどろ〜とかなりコンディション悪かったのですが、
終わってみればどれも楽しい想い出ばかり!!!悪天候でもテンションあげるフジマジックですね。
観たアクトもどれも良かったし、おいしい物いっぱい食べたし、
なんといっても今回たくさんのブログ仲間さんとお会いして乾杯することができたのがほんと〜にうれしかった♪
(皆様iPhoneの受信悪くてすみませんでした〜)
とりあえず先に仕上がった小一の娘のレポでものせておきます。
ってこれ夏休みの宿題の絵日記なんですけど、まさかこんなシーンを描くとは。
ちょっと笑えたもので。。。
c0004181_2353478.jpg

<笑えるポイント>
アレックスの流し目
後ろの小ちゃいニックのダンス(半パン!)
Michaelを まいくう と書いてある
[PR]
by la-panda | 2009-07-28 00:21 | Fujirock

FRANZ FERDINAND 「 TONIGHT:」

c0004181_51422.jpg
フランツ新作ヘビロテ続行中でございます。
いやいいですよ〜
ム〜ディ〜&グル〜ヴィ〜!
テンポ落としたといっても
踊れるフランツ健在!
アダルト&セクシーな作品っていわれてるけど、
まあ3枚目といっても彼らそれなりに年いってますからねえ(笑)。
彼らと同年代の私としては、
このゆっくりテンポは心地よく踊れていいわ〜。

メロディラインはシンプルなようで、転調使わずとも意表をつく展開があったりして、なかなかにドラマチック。
実験的だったとされる音づくりも楽しいけど、なんといっても今作の華は、
多様されてるシンセの音だと思う。
今までに無いベースのうねりもかっこいいし、
アレックスの抑えめで深みあるボーカルが曲調にすごくはまってますね。
より増した怪しさでますますロキシーに近くなったかな(笑)。

粒ぞろいな楽曲群ですが、お気に入りは断然10.Lucid Dreams
♫if there is some great truth or notーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーthere is no i'll dream a nation of you〜wowow♫って引っ張る引っ張る(笑)
ライブでここ盛り上がるんだろうなあ。
8分近くあるけど、後半のトランス感最高です。
8..what she came forも好き。ラストがかっこいい。

c0004181_5141512.jpg5.bite hardなんですが、
早速娘が一人♫we ride together〜って歌ってまして(決して洗脳はいたしておりませんのよ;)
アダルトなアルバムといっても、5歳児に歌わせるところ、
やっぱりどこまでもキャッチーなフランツってことですかね。

ULYSSESのPV貼っときます。

初回分特典の携帯待ち受けも早速ダウンロード。
結構見やすいしかわいいので気に入ってます。

話はかわりますが、アレックスが書いたグルメ本「サウンド・バイツ」に、c0004181_5181350.jpg
私の愛ぼろ車FIAT PANDAの事が載ってるってUKさんが教えてくれたので、
探したらありましたありました!しかもイラスト付き。
アレックスが料理を運ぶ仕事をしていたときに使っていた車とかで、
雨漏りがしてたとか、最期は黒い煙がモクモクとか、、、(苦笑)でも素晴らしい車とほめてくれてたわ〜。
それ以外でもグルメなアレックスのエッセイはなかなか面白かったです。



最近はフランツ以外ではWHITE LIES、KEITH、あとお借りしたSIGUR ROS TAHITI 80なんかを聴いてまーす。
c0004181_583536.jpg



最後に。
北陸でも今年はあまり雪は降らなくて寂しいんですが(子供かっ)、
先日まとまって降ったときに、ふとこれ雪景色に似合うわ〜って思ったお気に入り曲を2曲ほど貼っておきまーす。

Friendly Fires 「skelton boy」
アルバムと別バージョンですがこっちのほうがいい!parisより好きかも



Sigur Ros 「spilum endalaust」
やっぱり寒い空気とあうのよね〜

[PR]
by la-panda | 2009-01-31 06:16 | 音楽