只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
契約期間:3年
勤務地:月
労働人数:一人
このミッションは、なにかおかしい。

c0004181_18482881.jpgまた愛おしいSF映画に出会えました♪
今年話題だったSF映画『第9地区』の新鮮な切り口もとても面白かったけど、
それと同時期に上映されていたこの映画は、
逆に古風でレトロなSF映画で、しかも制作費は500万ドル、
製作日数33日という超低予算ぶり。

だけどそのチープ感&レトロ感漂う船内や月面、
コンピュータがむしろカッコ良く感じられ、
『2001年宇宙の旅』『ブレード・ランナー』等、
もちろんそれらのオマージュなんだろうけど、
シンプルな音楽も含め
昔のSF好きな私にはたまらない要素がいっぱい。

c0004181_18522765.jpgc0004181_18531980.jpg

なにより密室劇な脚本と、
ほぼ独り舞台のサム・ロックウェルの演技がすばらしく、
映画全体は孤独、悲しみ、切なさ、儚さで溢れていますが、
不思議と良い余韻を残すという、
私にとっては心に残る傑作となりました。

ちなみに監督脚本はデヴィット・ボーイの息子さんで
ダンカン・ジョーンズ
これがデヴュー作なんですって!
公式サイトはこちら

宇宙飛行士のサムは、クリーンエネルギーの資源となるヘリウム3を採掘し地球に送る為、月へと派遣されていた。
しかしあと二週間で契約期間が終了するという頃、
幻覚を観るようになったサムは作業中に事故を起こしてしまう。
基地内のベッドで目を覚ましたサムが観たものは、、、。


SFミステリーとしては定番の○○○○ネタではあるのですが、
この謎解きは早くも前半に訪れ、
むしろその後の心理ドラマに面白さがありました。

あと相棒コンピュータのガーティが、c0004181_1901553.jpg
敵か見方か?のミステリアスな部分も最後まで惹き付けてくれました。
まさに2001年〜でのHAL9000のような存在のガーティですが、
なんと声がケビン・スペーシー
シブくてキレイな声は聞いていてうっとり。
しかもこのガーティにはニコちゃんマークの顔が着いていて、
何パターンかの表情をみせてくれるのです。これがまたなんとも愛らしいのだ。
しばらくはニコちゃんマークを観るとガーティと言ってしまいそう(笑)。


以下ネタバレですので閉じます〜

More
[PR]
by la-panda | 2010-10-24 20:05 | 映画 | Comments(6)

インセプション

「メメント」「ダークナイト」と大好物のクリストファー・ノーラン監督作品なので、期待大に、前情報をシャットアウトして映画館に向かいました。
c0004181_091098.jpg

「どうせ夢だ派手にやろう」
ってな劇中に笑える台詞がありましたが、
ええ、派手にやってくれました〜ノーラン監督!
夢の中という設定だからこその新しいアイデアと
その迫力の映像世界&音楽に酔いしれる、
長くも短く感じられた145分でした。

コブ(レオ様)はターゲットの夢の中に侵入し、アイデアを盗むという産業スパイ。
それゆえ国際指名手配中の身でもあり家族の元に帰る事ができない。
そんな彼に、家族のもとへ帰すことと引き換えにあるミッションが与えられた。
それはターゲットにあるアイデアを植え付ける(インセプション)という難度の高いものだった。。。


夢の中の夢、またその夢の中、、、
と次々に新たな世界が展開され途中混乱しかけましたが、
ストーリー自体はシンプルでわかりやすいので、ちゃんと付いていけました。

なんでもありの夢世界といえども、
それらはすべて潜在意識の情報ゆえ、
現実の世界のパーツで構築されているという徹底ぶり。
そして何層にも重なる夢はそれぞれ時間の流れ方が異なる点や、
起こった出来事は上層に影響があるなどのルール作りの徹底ぶり。
はちゃめちゃやってるようで、すごーく真面目な創りなのがノーランらしい(笑)。
それゆえ、何かとシンクロしあったり、タイムリミットがあったりの
アクションシーンにはハラハラドキドキさせられました。

このミッションを遂行するに選ばれたスペシャリスト達が
あっぱれな仕事っぷりで気持ちいいです。
大活躍のジョセフ・ゴードン=レヴィットの超coolな事!
カッコ良かった〜ええ、益々惚れましたとも!!!
JUNOのエレン・ペイジちゃん、きれいになりましたね〜。
彼女が設計する街並みは男っぽくてかっこいいな。
依頼者サイトー役の渡辺謙
現場では役にはたってないが(笑)なかなかの存在感。
聴き取りやすいジャパニーズイングリッシュでしたが、
低音が妙にカッコよく響きますねえ。
しかし彼のミッションって、凄く巧妙なんだけど、
案外目的はちっちゃいところが笑える。

さて主人公コブのレオ様は、
あるトラウマでこのミッションの足を引っ張ることになってしまい、
得意の眉間にしわ寄せ表情多発(笑)、
でもそのあたりがこのストーリーの中心となって、深みをもたせてくれてました。

複雑なSFものなど、ラストが夢オチだけはやめて〜と思いますが、
この映画は、ちゃんと納得させる作りになってる所が素晴らしいのです。


<以下ネタバレに触れているので閉じます〜>
[PR]
by la-panda | 2010-08-20 00:57 | 映画 | Comments(6)

アイアンマン

c0004181_14435131.jpgかっこええわあ、ロバートダウニーJr.
もうおじさん萌えですよ〜。
アメコミヒーローにイケメン兄ちゃんじゃなく、
このおっさんを起用した人偉いぞ!
いまいち地味な感じのヒーローアイアンマン
(なんてったって顔が地味・笑)
ロバート・ダウニー・Jr.のおかげで、すごく粋な映画になったんじゃないでしょうか。

大量破壊兵器を造りだす軍事会社の二代目社長&発明家でもあるトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)は、
新型ミサイルの実験先アフガニスタンにて、テロ集団に拉致され、
ミサイル製造を強要される事に。
同じく監禁されていた医師とともに、こっそりとパワードスーツを造り脱出を試みるのだが。。。



スーツ身につけ系ヒーロー?として共通するバットマンロボコップは、c0004181_1445656.jpg
悲哀ものストーリーが魅力でもあり、そこが好きでもあるんですが、
ヘビーな設定ながらも、陽なヒーローキャラってのが新鮮で観てて爽快でした。

自社の製品がとんでもない悲劇を生んでいると、身を以て体験した主人公が、
帰国後すぐに、「もう製造やめる!」と、後先考えずに宣言するとことか、
なんといってもラストの一言はヒーローものの掟破り!?いや〜痛快だわ。


このひたすらミサイル開発と女遊びに勤しんでいた軍事会社社長が、
正義に目覚めちゃうって役に、ロバート・ダウニー・Jr.はお似合い過ぎです。
セクシーさと渋さとコミカルさと、多少のオタク感!がね(笑)。

結局新技術によりアイアンマンを生み出した事は、
また新たな悲劇を生むきっかけを造ったわけだし、
ターミネーター2みたく、部品一つ何も残さないことが一番なのでしょうが、
アイアンマンは兵器じゃなく心あるヒーローなんだからいいのです(笑)。

パワードスーツを徐々につくりあげて行くシーンは、メカ好きにはたまらない所ですね。c0004181_14455842.jpg
なんでも希望の形にしてくれる相棒のメカハンドくん?の存在もかわいいじゃないですか。
拉致られた先の洞窟で造った無骨でかっこわるいスーツも凄い迫力だったけど(ってか見た目は断然強そうだし)、
スリムになって、自由に飛べるようになって、色もオシャレになって、
でも相変わらずお面だけは地味な(笑)改良アイアンマン最高です。

しかし、飛ぶシーンってなんでこんなに観ていて楽しいんだろう。
なにげに飛び方や顔が似てる?アイアンジャイアント(大好き!)つい思い出しました。
c0004181_14461493.jpg


c0004181_14534587.jpg
クリス・マーティンの奥さん
(あえてこの言い方で・笑)
この人の映画あまり数を観てないんだけど、
年齢的にもちょっと落ち着いた感のあるクールさが好印象。
個人的には恋愛関係になりそうでならない、
あくまで秘書というポジションでいて欲しいんだけどなあ。


c0004181_15372516.jpg
というわけで2にも期待。
そうだ、社長!
スーツ開発で飛ぶ練習するときは、
おねがいだからヘルメットぐらい被ろう!
あれじゃ、命いくらあっても足りないぞ〜(笑)。



監督:ジョン・ファヴロー
主演:ロバート・ダウニーJR.、テレンス・ハワード、ジェフ・ブリッジス、グウィネス・パルトロー
製作年:2008年(米)
[PR]
by la-panda | 2009-09-11 20:20 | 映画 | Comments(4)