只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Warchild:Help「A Day In The Life」


10年前にWAR CHILD の企画による「HELP」というチャリティアルバム(売り上げは戦争孤児救済基金に)が話題になりましたが、その第二弾となるCDがこれです。
UK豪華メンツによる、未発表曲ばかりという美味しい内容につられ、前回に引き続きゲットいたしました〜。参加アーティストはこちらにて。

9月8日に一斉にレコーディングを開始、その翌日の9日にはWAR CHILDのサイトでダウンロード販売されたんだそうです。早っ!
まさに録りたてほやほやって奴ですね。早々にすごいダウンロード数だったそうで、そういう時代なんだなあ。

このアルバムの目玉はやはりRadiohead久々の新曲でしょうか。
インパクトはないけどトム・ヨークのVo.がグッと来るいい曲です。
Coldplayは「X&Y」のシークレットトラックに入ってた奴の別バージョンでしたが、ほぼ同じ感じでした。

インパクト度でいくとGorillaz
タイトルそのまんまに、香港映画がイメージされるようなオリエンタルムードなイントロ。
最初はこれに違和感ありありだったのですが、切ないメロディとデーモンのしっとりとした歌い方が心にしみいってきて、聴いているうちにとても好きな曲となってました。

でじんわりしてるところに次のマニックスの熱いヴォーカルが!
Gorillazの曲とのギャップか、一段と爽快さがUPして聴こえます。

中でも一番好きなのはMaximo ParkBloc Partyの曲。二つとも耳に残る美メロなんですよ〜。今年のお気に入り新人バンドというだけあって、思い入れも大きいんですけどね。

あとHard-Fiが意外な感じでよかった。
実はこのアルバムを買うとき、Hard-Fiの日本盤が安く出てたので、一瞬どっち買おうか迷ったんですよね〜。年内にはHard-Fiゲットしよっと。

そうそう、カバー曲も面白いです。
マービンゲイの曲をやったKaiser Chiefsはノリのいいポップソングで軽快。
名曲「Goodbye Yellow Brick Road」Keane&Faultline)と「Happy Christmas, War Is Over」George and Antony)は突飛なアレンジではないけど、きれいに聴かせてくれて、アルバムに色をそえています。
というわけで、全体的におとなしめではありますが、コンピにありがちなちぐはぐさもなく、いいアルバムだと思います。

c0004181_0451271.jpg最初にも触れましたが、10年前のHELP第一弾は、同じく当時のUK豪華メンバーによるものでした。
今でもたまに聴きたくなるお気に入りアルバムとなっています。(レディへとマニックスはここでも参加)
このアルバムでは、ノエル「FADE AWAY」がとてもお気に入りなんですが、ラストの「COME TOGETHER」がすごい組み合わせなんで貴重かと。
なんてったって、ノエル&ダブルポールですから!(ウェラー&マッカートニー
いや、そんな言い方、誰もしないね、きっと;

ジャケは今回も前回も元ストーン・ローゼスのジョン・スクワイア。いい仕事してますね〜。
ちなみに裏ジャケの絵は、マキシモのポールなんですって!ポールさん、引き出しが多くてらっしゃるのね〜♪
[PR]
by la-panda | 2005-10-31 01:44 | 音楽