只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タワレコのポイントカードで、3000円割引〜♪というわけで買ったCD

THE ARCADE FIRE 「funeral」
一昨年からかなり高評価されていた、カナダ出身大所帯バンドARCADE FIRE のデビューアルバム。
「葬式」というタイトルにも感じる、コンセプトアルバムっぽさが取っつきにくいなあなんて思ったし、
アコーディオンやバイオリンなどを携えたサマソニのライブ映像を観てもいまいちピントこなかったこともあり、今まであまり興味を持てずにいました。

でも先月、MTVで「rebellion」という曲のPVが流れたとき、
その懐かしい感じと楽曲の響きの心地よさにすぐに釘付けになり、気になって購入してみたんです。
うわ〜、いいじゃないですか。あらゆる楽器を使った繊細かつ重厚なアレンジの中にも、随所に感じるニューウェーブっぽいギターの響きがすごく自分にヒット!
クセのあるボーカルも美しいメロディを情熱的に感じさせてくれて、
楽団というイメージと違って、なかなかのロックアルバムで新鮮でした。これは長く聴いていけそうです。




we are scientists 「with LOVE and SQUALOR」

どうしてもビジュアルから入りがちなんですが;
これもPVをみてから気になったNYの3人組バンドwe are scientists
それが全然イケテナイ(笑)。
それも狙ってイケテナイ(笑)。
三身一体の「the great escape」、ひたすら着ぐるみ熊に追いかけられる「nobody move,nobody get hurt 」、そのアホさ加減は意味無く笑えます。
ええ、だからこそ惹れてしまったのですが;

曲はUKっぽくて、巷によく溢れてるニューウェイブリバイバルバンドとか言われちゃいそうだけど、パンキッシュで切れの良い音は単純にかっこいい!
キャッチーなメロディも一度聴いたら頭をはなれませんです。全曲そんな感じで、いずれは聴き飽きるのかな…と思いつつ、やっぱりこういう音はやめられませんね〜。
妙なアートワークのセンス、こだわりにも一票(笑)。
彼らが残っていくバンドかどうかは今後のお楽しみだな〜。


しかし、今年に入ってからゲットしたCDは、アークティック・モンキーズ以外はみなUS勢ばかりなんですよね〜
(ストロークス、ホワイト・ストライプス、クラップ・ユア・ハンズ〜)
UK好きの私にはちょっと珍しい事かも。
来月はグラスゴー代表ベルセバをぜひゲットしたいです。
[PR]
by la-panda | 2006-02-23 13:52 | 音楽