只今pandaに乗れない生活中


by la-panda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「Cut」&「CROSSBEAT」の特集記事


c0004181_174891.jpg「Cut」は15周年特集(先月号)
「CROSSBEAT」は200号特集

似てますねえ、両表紙&タイトル。
Cutはバックナンバーの表紙だけど、CROSSBEATは表紙の別カットのよう。時代の顔がいっぱい並んでますぞ。
まっ結局過去の記事がメインなんですけど(笑)、こういう特集に弱い私は早速両方購入しました〜。

「Cut」
はじめに全バックナンバーの写真がずらり。
あれ?これ面白そうなのに読んでないぞってのが結構あるもんです。
アーティスト名そのものが一つのジャンルとなっている人達ばかり15人を特集。
ジョニー・デップ、カート・コバーン、ビョ—ク、タランティーノ…etc.
彼等の過去のインタビューですが(最新のも少々)、チョイスしている年代が興味深いです。あとやっぱり写真がとっても素敵〜。
もう一つの特集「我が心の映画」では、映画の作り手が自分の好きな映画をコメント付きで幾つか挙げています。なんらかの影響を与えているんだろうな、と同時にそれに近付きたいのかなとも思わせるセレクトでした。

「CROSSBEAT」
創刊以降(1988年)のベストアルバム200枚と、当時のそのご本人によるインタビュー&コメントつき。まだ評価されてない時のインタビューってのが、後に読むと結構おもしろい。やっぱロッカーは強気じゃなきゃね(笑)。
しかし、さすがに持ってるCDいっぱいだ。
こういうの読むと、やっぱ売らずに持っとこうって思っちゃて、なかなかCD整理できないんだよなあ。
で、特集と関係ないけど、Beckの新作がディスクレビューでえらい褒められてます。
うーん、はやく聴きたいぞ!楽しみだ。
[PR]
by la-panda | 2005-02-25 01:57 |